体にいいお茶の順番、元は同じ茶の木なのに、違いが生まれる理由とは

茶の木とは?

世界中のお茶は同じ葉から

チャは、ツバキ科の植物です。学名をCamellia sinensis=カメリア シネンシスと言うようで、国際的にはCamellia sinensis (L.) O.Kuntzeと表記されているそうです。

Camelliaは属名、sinensisは種小名にあとり、「O.Kuntze」は1887年に現在の学名Camellia sinensisを命名したドイツの植物学者クンツの名前を指しているそうです。

じつは、クンツが命名するまでは、紅茶をつくる木と緑茶をつくる木は別の種類だと考えられていたそうです。

紅茶をつくる木は樹高が高く、葉が大きいのに比べて、緑茶をつくる木は明らかに小ぶりで葉が小さいといった見た目の違いも大きかったのです。

現在の分類では、紅茶も緑茶も同じcamellia sinensisで、その下位の細分類として分けられています。

中国種(Camellia Sinensis var. sinensis)、アッサム種(Camellia Sinensis var. assamica)、中国大葉種(Camellia Sinensis f.macrophylla)といったぐあいです。

世界で飲まれる茶の種類

世界的には、中国茶と紅茶に大別

チャの葉をどのように加工するかで区分されるのが普通です。茶の葉に付いた酵母による発酵をどこまで進めて酸化させるかの違いで分けられます。

それによって、まず緑茶、ウーロン茶、紅茶に大別されます。

緑茶(不発酵茶)

生産量や消費がもっとも多いお茶です。ほぼすべて釜炒りでつくられます。そのため、発酵が進まず、酸化しないので、茶葉が緑色をしているのが特徴です。

白茶(弱発酵茶)

茶葉が芽吹いて白毛の取れないうちに採取します。発酵度は非常に浅く、自然乾燥させたお茶です。福建省で多く生産されています。

黄茶(弱後発酵茶)

荒茶の製造工程中に軽度の発酵を行ったお茶のことをいいます。

青茶(半発酵茶)

烏龍茶がその代表です。発酵部分の褐色と不発酵部分の緑色が混じり合って、見た目が青っぽく見えます。そこから名がついたそうです。大陸産と台湾産があります。

紅茶(発酵茶)

イギリスの紅茶文化が元になって、中国で独自に発展しました。代表的な「祁門」は世界三大紅茶のひとつで、緑茶に次いで2番目に生産量は多いそうです。

黒茶(後発酵茶)

プーアル茶がその代表で、完成した茶葉に微生物を植え付けて、発酵させます。逆に言えば、これが本物の発酵茶です。

長期保存が可能で、年代物には高い価値が付きます。効果で売買されるのが特徴です。

世界のお茶の名産地

世界中で飲まれる茶

日本は世界でもお茶をよく飲む国として知られています。しかし、世界にはさまざまな国でお茶が栽培されていて、たくさんの人に飲まれています。

元々お茶は中国から日本に伝わったものです。そこから栽培方法や製法に改良を加えたものです。

お茶の原産地ははっきりと解明されていません。一説によれば、中国の内陸部の雲南省近辺だと言われています。

それは、この地方で生産されている茶の木が、茶の原種にとても近いということや、中国の古い書物にもお茶が健康に良いものとして語られているからだそうです。

雲南省から長江沿いにお茶の文化は広がっていき、四川省や江南地域に広がり、西暦600年頃には中国全土にまで広がったといわれています。

西暦700年頃に、朝鮮や日本へもその文化が伝わって、さらに世界へとお茶を飲む風習が広がっていったといわれています。

もともと茶の木は1種類ですが、現在ではその地域に合った栽培ができるように品種改良が進んで、日本だけでも50種類以上の品種が育てられているそうです。

世界でお茶の生産量が多いところ

生産量も飲む量も中国がトップ

日本のお茶もたくさん生産されていますが、世界では大規模な生産が行われていて、世界で最も多くお茶を生産しているのは中国です。

続いて、インド、ケニア、スリランカとなっています。ほとんどアジア地域で生産されていて、世界のお茶のおよそ85%を占めているそうです。

中国は、お茶の文化が根付いていて、今でも雲南省、湖南省、広東省、福建省など中国の各地でお茶が大量に生産されています。

中国ではウーロン茶やプーアル茶、ヨーロッパなどでは紅茶が主流になっています。日本だけでなく、中国でも緑茶を生産しています。

インドやケニアはイギリス植民地支配の影響で、紅茶が主です。特にインドやケニアなどは、自国であまり消費しません。

世界での日本の位置づけ

日本のお茶の生産量は約8万トンで、世界第11位だそうです。緑茶のみに目を向けてみると中国に次いで世界第2位の生産量があります。

また、日本には宇治茶や静岡茶など、ブランドとなるお茶が多くあるので、質の高い商品で世界との競争力をつけることができています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする