平均寿命と健康寿命の差、平均余命の意味、長生きと人生の質が問題に

これって意味があるのか、目標「健康寿命」100歳!

「健康寿命」と「平均寿命」の壁

最近90歳以上のご長寿の方に出会うことは、そう珍しくなくなりましたね。近所でも90歳以上だろうな、と思われる方をたくさん見かけます。

こう考えると、世界の中でも日本が屈指の長寿国であることは、まぎれもない事実のようです。

さて、厚生労働省は2017年3月に、日本人男性の平均寿命は80.75歳、女性の平均寿命は86.99歳と発表しました。

この年齢は元気な高齢者だけでなく寝たきりや認知症などを患って人の介助を必要とする高齢者も含まれており、必ずしも喜んでばかりはいられないようです。

だれでも最後の時を迎えるまで「自分のことは自分でできる」自立した生活を望んでいるはずです。

「平均寿命」は健康であっても病気であっても、体の健康状態に関わらず現在生きている人全員の寿命の平均です。

「平均寿命」に対して介護の必要のない自立した日常生活を送っている人の平均を「健康寿命」といいます。厚生労働省は2016年の「健康寿命」は男性72.14歳、女性は74.79歳と発表しています。

健康寿命の算出方法

算定プログラムとは

実際の「健康寿命」の数値を出すためには、日本国民全員の誕生から死亡までを調査する必要がありますが、とても難しいようです。

そこで、一定の測定方法を定めて年齢や性別、自己申告されたデーターを元に仮説的に数値が算出されているそうです。

「ロコモ」って何?

「健康寿命」との関係

高齢者と若者の違いといえば、一番に考えられるのが筋肉や骨、関節などの衰えによる運動機能の減退でしょう。

中には若者にも負けない強じん的なお年よりもおられますが、何かしらの努力を惜しまない稀な方たちで、多くの高齢者は加齢とともに運動機能が徐々に衰えていきます。

「ロコモ」とは「ロコモティブシンドローム」の通称名で、歩いたり座ったりの当たり前の日常生活ができにくくなる状態のことを指します。

運動機能の衰えが進行すると、最終的には寝たきりになり介護が必要となります。
こうなると「健康寿命」だとはいえません。

つまり「健康寿命」を延ばすということは、まず検診や自己チェックにより自身の運動機能状態を認識し、早めに対策を打って運動機能を改善させることだといえます。

高齢者になると骨粗しょう症や変形性関節症などの症状が現れやすくなります。このことが骨折や痛みまたバランス力の低下を招やすく、そのため体を動かしにくくなることも筋力や骨、関節の衰えに大きく関係しているようです。

「健康寿命」を延ばそう

病気にならない体を作る!

残念なことですが、誰でも加齢を逃れることはできません。高齢者になると免疫力や抵抗力がなくなり、病気になりやすくなるのは事実ですが、生活習慣や食生活の改善などちょっとした心がけで「健康寿命」は大きく違ってくるようです。

「健康寿命」を延ばすためには

・栄養バランスに気をつけ、規則正しい食生活を心がける
・質の良い十分な睡眠をとる
・タバコは一害あって利益なし
・ウオーキングや適度な運動を続ける
・仕事やボランティア、地域の世話など社会に関わっていく

長い間の習慣で知らず知らずのうちに、自覚の無い体調異常も少なくありません。最近では多くの職場や各市町村で健康診断が行われていますので、積極的に参加して病気を早期発見することが重要です。

日本人は長生き

平均寿命は年々伸び続ける

テレビで日本人の平均寿命がまた伸びましたってよく放送されますよね。いまの日本人の平均寿命は男性が81才で女性が87才です。

たしかに街の中を歩いていると元気なおじいちゃんおばあちゃんがたくさんおられます。この平均寿命とはオギャーとあかちゃんが生まれて亡くなるまであと何年生きられるかという指針なんです。

すごい長生きですよね。1990年代は女性は81才、男性は75才で約30年で男女ともに6歳も平均寿命が延びています。

余命の意味とは?

これから何年生きられるか

「余命」とは、よく病気の患者さんに医師が余命〇年ですと話す場面がドラマでありますよね。余命とは生存期間の中央値ということです。

例えば同じ病気の集団がいて50%のひとが亡くなるまでの期間です。つまり100人同じ病気の人がいて、50人目がなくなったときが生存期間の中央値ということです。

その中央値でも全員が当てはまるわけではありません。なので、この余命というのはあくまでもデータや経験値なので言い方をかえればあいまいなものです。

一方寿命とは

生まれてから死ぬまでの期間

寿命とは赤ちゃんが生まれて死ぬまでの期間です。初めに日本は平均寿命が延びているという話をしましたね。

でも、その寿命のなかでも寝たきりにならずに自分でなんでもできる期間「健康寿命」というものがあるんです。

統計では、健康上の問題がなく生活できる健康寿命は男性71才、女性74才です。平均寿命と比べてみると、健康上なんらかの問題がある期間は女性は12年もあるのです。

つまり12年間は家族や行政サービスなどにたよらざるを得ないのです。一概にすべての人に当てはまるわけではありませんが人間生きている間はだれにも迷惑をかけずに健康にいきていたいですよね。

残りの人生どう生きるか

よかったといえる一生に

ひとは必ず最後は死にます。なので、最後はいい一生だったといえるように思って死にたいですよね。そのためには将来どうしたいかと漠然と考えるより、「残りの人生あと何年何をしたいか」とおもいながら生きていくほうが充実した生活になると思います。

また、健康寿命を延ばすために体力づくりをしたり、食生活に気を付けてみたりすることも大事です。なぜ健康食品が売れるのかというと、みんなそれだけ長生きがしたいということなのです。健康に最期をいいものにするためにもいまから考えていきましょう。

同じ寿命というけれど

高齢化にも関係が

最近、メディアなどでも健康志向の話を聞くようになり健康に気をつけている方も多いですよね!!

近年、日本でも高齢化が進み高齢化に伴い平均寿命と健康寿命などいろいろと言われていますがいったい平均寿命と健康寿命の違いやその2つの年齢差に違いがあるのでしょうか。

【平均寿命とは】

平均寿命とは人が生まれてから平均してあと何年生きられるかを示すことを「平均余命」といいます。

その時点での各年代の死亡率で生きたと仮定して算出する。厚労省が5年に1度「都道府県別生命表」が国で公表しています

【健康寿命とは】

平均年齢とは逆に健康寿命とは人間が元気に過ごせ介護などの必要がなく日常生活を支障なく過ごせる期間を示す「健康寿命」という指標もあります。

どの様に決めるのか

それぞれの寿命は年齢に比例

では実際に平均寿命と健康寿命はどのように決めているのでしょう。

平均寿命は『生命表』で計算され決められます。生命表とは年の年齢ごとに生存人数・死亡数・死亡率・定員人数・平均余命などを計算し寿命を出します。

健康寿命の決め方も平均寿命と同じなのです。

ですが、平均寿命は全国民を対象にしていますがそれに比べ健康寿命は健康な国民を対象にしているところに違いがあります。

つまり、平均寿命と健康寿命は比例するのです。

平均寿命は国によってちがう

世界で1番寿命が長い国

では、世界と日本の平均寿命を比べた場合違いがあるのか気になりませんか?

日本の平均寿命は83歳と言われていますが世界の平均寿命ランキングを見たとき、WHO(世界保健機関)が2018年に発表した統計によると、1位はなんと日本なのです!!

男女別平均寿命も84.2歳と、世界一長生きをする国なのです!!

世界から見ても日本は長寿国なのです!

では日本以外での国別ランキングを見てみましょう。

第1位 日本 84.2歳
第2位 スイス 83.3歳
第3位 スペイン 83.1歳
第4位 オーストラリア 82.9歳
第5位 カナダ 82.8歳

この統計は毎年WHO加盟国194の国で調査の対象となっております。

逆に寿命が1番短いくにはシエラレオネという国なのです。

みなさんあまり聞いたことがない国ですよね!!

シエラレオネの平均寿命はなんと46歳です。

寿命が短い原因と言われているのが「エボラ出血熱」が原因の1つと言われており、エボラ出血熱の感染が拡大感染しシエラレオネは世界でも貧困の国の為治療を受けられず無くなる方が多いのです。

最後に

世界から見ても日本は世界1長寿の国なのです。

寿命を更に伸ばす為にも健康に気をつけて生活していきましょう!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする