ヨガとティラピス、どちらがダイエットに効果があるのか、呼吸法の違い

ヨガとティラピスは何が違うの?

あなたは心を鍛えたい?それとも体を鍛えたい?

ヨガとティラピス動きは見た目には同じようなものです。でも、実際は大きな方向性の違いがあるようです。それぞれの成り立ちを見てみると、その方向性が見えてきます。

ヨガは4000年以上前のインドが発祥地で、瞑想などの教義を通して修行しながら自然や自分の心体を知り、コントロールすることを目的として伝承されてきました。

それとは違いティラピスは、戦争で負傷者した患者が狭いベッドの上でインナーマッスルを中心に筋肉を鍛えて、機能を回復させる方法として考案されたトレーニング方法です。

つまり、ヨガは心の平安に重点を置いて体を鍛えていきますが、ティラピスは体を鍛えることを目的としてトレーニングする方法だと言われています。

ヨガの方法と効果について

正しい呼吸法によるリラックス効果

ヨガはお腹を意識して膨らませながら呼吸する腹式呼吸を使って、ポーズをとっていきます。その根底には常に心の安定がありますので、正しい呼吸法と正確なポーズを獲得することが重要となります。

腹式呼吸は副交感神経を活発にしますので、リラックス効果が高く、正しい姿勢と瞑想を組み合わせて心や体の調和やバランスを獲得していきます。

ヨガの効果とは!

・身体のゆがみや癖が改善され、シェイクアップにつながります。
・自然治癒力が高まりますので、風邪など引きにくくなります。
・自律神経が整いますのでホルモンバランスの乱れも改善し、健康的な体へと導いてくれます。
・具体的には肩こりや頭痛、便秘、冷え、血流の滞りなど生活習慣病の改善につながります。
・集中力が高まり精神が安定していきます。

ティラピスの方法と効果について

体幹を鍛えて、体の機能を維持・改善

ティラピスはあくまでも体幹を鍛えて、からだの機能を改善もしくは鍛えることを目的にトレーニングしていきます。

ティラピスはヨガと違い胸を膨らませる胸式呼吸で行いますが、胸式呼吸は交感神経が活発になりますので、頭がすっきりとするとのこと。

ティラピスの効果とは

・インナーマッスルが鍛えられますので姿勢が良くなり、関節を正常な位置に保つことができます。
・五十肩など関節痛の予防に効果的です。
・筋肉の強化は内臓脂肪の燃焼を活発にしますので、生活習慣病の改善に効果的です。
・基礎代謝があがりますので、痩せやすい体を作ります。

ダイエット目的なら、どちらが痩せやすい?

どちらもOK!一度体験してみては!

ティラピスはヨガを参考に考案されたといわれていますので、基本よく似た動作ではありますね。どちらもゆっくりとした動作により筋力が強化されますので、痩せやすい体を作ることができます。

ダイエット目的で選ぶ場合、どちらでも効果は高いと思われますが、それぞれに目指すところが違いますので、一度それぞれの教室で体験してみるのも良いかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする