シミが消えない理由、顔や腕、唇にもできやすい原因と正しい予防法

シミが消えないのはなぜ?

間違ったシミケアと老化現象

頬や目元にシミが点々とあり、「消したいけどなかなか消えない」と私のようにお悩みの女性も多いようですね。

実はシミには日光黒子、雀卵斑、炎症後色素沈着、肝斑といった多くの種類があり、それぞれにケアの仕方が違うようです。

まったく知らずにいました。

私のシミが消えにくいのは、この理由かも?

まず自分のシミがどのタイプかを知って、早めに正しいケアをすることが大事ですね。

シミが消えない理由がもう一つ。肌は新陳代謝を繰り返しており、生まれ変わる(ターンオーバー)のにおよそ28日かかるといわれています。

この日数は元気で若い人の肌の場合で、年齢を重ねるごとに皮膚は老化し、ターンオーバーもスムーズに行われなくなるようです。

ターンオーバーで改善しきれなかった「メラニン」がシミとなって定着し続けると、肌にとっては最悪。シミを作らない生活をすることが重要のようですね。

顔や腕、唇にシミができやすい理由とは?

顔にシミの工場「メラニサイト」がたくさん!

皮膚の中にある「メラノサイト」が紫外線などの刺激を受けると、「メラニン」というシミの元を作ります。

「メラニン」は生まれてすぐにシミになるわけではないのですが、大量に生産されたり肌の老化などでターンオーバーができず「メラニン」が残っていくと、肌にシミとなって見える形で現われてきます。

シミが一番出てほしくないところが顔ですが、なぜか顔や唇、腕にシミが出やすいですよね。理由の一つが、紫外線を受けやすいことにあります。

目元だけあけて顔を覆うのは不自然ですし、外出時には日傘やつばの広い帽子、サングラスで応用しましょう。

第二の理由が、シミの工場ともいえる「メラノサイト」が顔に多く存在することが上げられます。

第三の理由が、洗顔などで顔をこする機会が多いということ。シミを刺激するのもよくありません。腕も紫外線や刺激を受けやすいことから、シミが多く発生しやすいと考えられます。

シミの正しい予防法とは?

日焼け止めによる紫外線防止と肌の乾燥防止

シミの正しい予防法を知って、これから生まれるシミを防止しましょう。紫外線防止には日焼け止めは必需品ですね。

曇りの日でも室内でも紫外線は私たちの皮膚に降り注いでいますので、一年中日焼け止めは手放せません。顔だけではなく肌をあらわにしている首や肩にも塗っておきましょう。

塗り方でも紫外線防止の効果は違ってきます。薄く塗るのではなく、使用用量をきちんと守って、しっかりと塗りむらのないように塗るのが大事です。

日焼け止めをどんなに正しく使っても、完全に紫外線を防止することは不可能です。シミの元である「メラニン」の発生を抑制する美白化粧品などを使って、さらなるシミ対策を行ってください。

保湿が十分な肌は、バリア機能が働いて紫外線を受けにくくします。
入浴の後や洗顔の後には、すぐに保湿成分の入ったローションなどをつけて、肌の乾燥を防ぎましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする