顔にも使える脱毛クリーム、トラブルにならないため注意点とは

後悔する前に気を付けて!

脱毛クリームについて

顔は体の中でも特に皮膚が薄くデリケートな部位なので、顔用の脱毛クリームを使わないと刺激に耐えられません。

全身用と違い、顔用の脱毛クリームの種類は少ないので、使用する脱毛クリームは慎重に選ぶ必要があります。

洗い流すタイプ

時間をおいてから洗い流す、塗ることで毛の成分を溶かして脱毛

はがすタイプ

肌に塗った後に剥がす、毛量が確認できる

抑毛タイプ

有効成分が毛乳頭に働きかけ、毛を溶かすのではなく毛の育毛を抑える

様々な方法でできるようですが、どれもが顔に適しているとは言えません。

誰でも起こりうる危険

なぜトラブルが起きるか

脱毛クリームには「チオグリコール酸カルシウム」や「アルカリ剤」という成分が含まれています。私たちの体に生えている毛はケラチンというタンパク質でできています。

脱毛クリームに含まれている成分がそのタンパク質を溶かすことで除毛します。それにより私たちの皮膚もタンパク質で作られているので一緒に溶かすことになってしまい、ダメージへとつながるのです。

敏感肌の人や肌が弱い人が脱毛クリームを使うと真っ赤になったり、ヒリヒリした痛みがあったり、また日頃から肌が強いと思っている人でも知らないうちに肌へのダメージを受けていることを忘れないでください。

やっぱり気になる顔の産毛

トラブルを起こさないために

それでもやっぱり顔の脱毛をしたい人は、「顔用 脱毛ワックスシート」というものがあります。使い方は手足用と同じですが、敏感肌の人でも安心して使えるシートです。

それでも過信は禁物です。脱毛クリームにもいえることですが、はじめはパッチテストを行ってみてください。

パッチテストとは目立たない箇所(例えば太ももや腕の内側など、今回は顔により近い皮膚が薄い箇所を選ぶとよいでしょう)に試したいものを塗り貼りし、1日~2日様子をみるものです。

その間に赤くなったりかぶれたり、痒くならないかを調べます。同時に数種類試してみることもできます。そうしてクリアできたものを使ったあとは、必ず低刺激性の化粧品でケアをしてください。

慣れないことをすると肌がびっくりして敏感になっていますので、優しくゆっくり丁寧にアフターケアを行うことを忘れずにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする