最近、人気の鉛筆の芯の濃さが変わって来ている、特殊な用途もある

知っているようで知らなかった!鉛筆の世界

そもそも鉛筆って

実はとても奥深いんですね。見た目はほとんど同じだが要となる中の芯には多様な種類があり、それぞれに適した用途があります。

成長するにつれて必要な人しか使わなくなっていくものかもしれませんが、結局は利便性があり重宝される存在に気づかされます。最後にはきっと鉛筆を使いたくなっているのではないでしょうか。

薄くて硬く濃くて柔らかい

鉛筆には芯が必要

鉛筆の芯の種類について、大手鉛筆メーカー2社を挙げると三菱鉛筆が10B、9B、8B、7B、6B、5B、4B、3B、2B、B、HB、F、H、2H、3H、4H、5H、6H、7H、8H、9H、10Hの22種類、トンボ鉛筆は6Bから9Hの17種類を扱っています。

ここで使われているアルファベット『H、B、F』は芯の濃さと硬さを表す記号です。HはHARD(ハード/かたい)、BはBLACK(ブラック/黒い)、FはFIRM(ファム/しっかりした)の意味でHとHBの中間の濃さと硬さを持った芯のことです。

それぞれの頭文字をとり、Hの数字が多いほど薄く硬い芯となり、Bの数字が多いほど濃く柔らかい芯をあらわしています。

10Hと最高硬度にもなると鉱物に傷をつけてマーキングすることができるほど硬い、ということです。ちなみに日本工業規格(JIS)では、HBなどを硬度記号と言わず濃度記号と言っています。

最初に考えたフランスのコンテ、14種類の濃さの芯を作って呼び方決めました。ヨーロッパやアメリカでは硬度を1、2、3で表していたことがあります。

1がB、2がHB、3がHに相当していましたが、現在はH、HB、Bといった表現方法になっています。

どの濃さがよく使われるのか?

適材適所で

鉛筆(ナマリのふで)と書くように昔はなまりや銀で字や絵を書いていました。鉛筆の芯は黒鉛(こくえん)でできており、黒鉛はなまりではなく炭の仲間です。

黒鉛を粉にして粘土を混ぜて焼き固め、黒鉛と粘土の混ぜ方の割合を変えることによって柔らかくて濃い芯ができたり、硬くて薄い芯になります。

黒鉛のほうが多いと柔らかく、粘土のほうが多いと硬い芯になります。例えばHBでは黒鉛が70%、粘土が約30%という割合になるのです。

低学年児童にはBや2Bが推奨されています。それは自分で筆圧がうまく調節できず折れやすいよりは、少し柔らかい鉛筆のほうが書きやすいのです。

鉛筆を回しながら書くと先が鈍く尖った円錐状になり、はね、とめ、はらいが表現できます。それには芯が柔らかいほうが扱いやすいですよね。

鉛筆に価格差があるのは芯の違いです。芯の違いは主に黒鉛や粘土の粒度、つまり細かさによります。高級な芯ほど原料黒鉛の粉砕、精製、加工に技術と神経が使われているのです。

鉛筆の種類はスタンダードなものから、マークシート用、事務用、硬筆書写用など様々です。マークシートや事務用にはHB、製図用2H~6H、精密製図になるとさらに薄い7H~8Hがよく使われます。

求められるのは薄くて細いラインです。デッサン、絵画用には3B~6B、柔らかい芯で絵に変化をつけやすいです。

鉛筆の芯と向き合って

柔らかい芯が好まれるようになった

1990年代はHBが主流だったが最近では柔らかい芯の鉛筆が好まれるため、Bや2Bといった濃いめが一般的になってきています。

学校や職場などで指定される場合もありますが、最終的には自分に合った濃さ、硬さを見つけてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする