ホットケーキとパンケーキの違いは何か、フライパンで焼くケーキ?

ホットケーキとパンケーキ

なんとなく、聞いている名前

ホットケーキは、小さい頃から良く食べられている馴染みのある食べ物ですよね。一方で、パンケーキは最近海外からも入ってきたりなど、若い方を中心にとても人気の高い食べ物です。

そのまま食べても、何かをのせて食べても、どうやって食べで美味しいホットケーキやパンケーキですが、その違いは知っていますか?

家で手軽に作れる?フライパンで焼く?と、違うと思われることは思い浮かぶけど、なんで違うのかを知っている方は少ないのではないでしょうか。

ホットケーキ

小麦粉に卵やベーキングパウダー、砂糖や牛乳などを混ぜて、フライパンで焼いたものを指します。小麦粉に水などを混ぜて焼いたものの起源は、古代エジプトまで遡るんですよ。

日本では明治30年代に登場しました。英語圏では、厚みの薄いホットケーキをパンケーキと呼ぶんです。逆に、厚みのあるものは、ホットケーキと呼ばれています。

パンケーキ

取手のついた平たい鍋で焼いたケーキ、つまりパンで焼いたケーキのことを言います。そこが平らになっている鍋、またはフライパンで焼いたケーキの総称として使われています。

ホットケーキとパンケーキの違い

何が違うのか?

・お店で食べるものと、家で食べるもの
・鉄板で焼くものと、フライパンで焼くもの
・添えたり乗せたりするものの違い

思いつくものは様々あるかとは思います。そもそも、ホットケーキも鍋で焼いたケーキ、つまり、パンケーキに含まれます。

そして、ホットケーキと日本人が認識しているものは、外国ではパンケーキと呼ばれています。ホットケーキとは、日本独自の呼び方のようです。

日本では、メーカーやお店によって、ホットケーキとパンケーキの違いを明確にしているところもあります。

最近では、海外から入ってきたものや、フルーツのたくさん乗ったスイーツをパンケーキ、おかずなどと食べる甘くないものをホットケーキと呼ぶこともあるようです。

ものの呼び方は、時代によって徐々に変わっていくものです。少し先の未来では、ホットケーキも、総称のパンケーキと呼ばれているかもしれませんね。

意外にもパンケーキとホットケーキにはあまり違いがありません。ですが、ホットケーキというと昔から馴染みのある味で、ホッコリしますよね。

共通して言えることは、美味しいケーキということですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする