熱帯低気圧の発生場所と台風、温帯低気圧の違い、進み方の特徴とは

熱帯低気圧とは

台風との関係性

天気予報でよく熱帯低気圧が~とかよく気象予報士の方がいっていますよね。でも、よく考えるとあまりよくわかっていないですよね。

簡単に説明すると、亜熱帯や熱帯で海から水蒸気が上昇することにより空気が渦をまいてできる低気圧のことです。厳密にいうといろいろな条件付けがあります。

空気が渦をまいてできるといったら台風ですよね。この台風は熱帯低気圧のうちでも北西太平洋や東シナ海にあり、風速が17、2m/秒を超えることをいいます。ただこの台風は上陸してしまうと勢力が弱くなっていきます。

温帯低気圧

暖かい空気と冷たい空気の混ざったもの

両方が混ざったものでこの混ざったものが渦になったものが温帯低気圧といいます。冷たい空気の前線は「寒冷前線」、暖かい空気の前線が「温暖前線」というものになります。

ですが、この低気圧は熱帯地方の空気では作られていません。なので、この低気圧はどんなに規模がおおきくて風が強くても台風にはならないのです。これが温帯低気圧と熱帯低気圧の違いといっても過言ではりません。

熱帯低気圧と台風の関係性

熱帯低気圧の風速がつよくなると台風に

熱帯低気圧が来ると、いくつかの低圧のうちに風速が強くなったものがあります。これが台風になるのです。

熱帯低気圧の勢力が強くなって台風に、また北からの冷たい空気のかたまりと暖かい空気がぶつかり両方の空気がまざっている低気圧になります。

これが熱帯低気圧にもどるということです。まれに勢力が弱まった熱帯低気圧がまた勢力が復活して台風になることもあります。

進み方の特徴とは

なぜ日本に台風がむかってくるのか

夏から秋にかけて日本は台風シーズン真っただ中です。でも、どうしてこんなに毎年台風が日本に向かって進んでくるのか不思議です。そのメカニズムは日本に東から吹く偏西風の影響が大きいです。

偏西風の影響でフィリピンのあたりの南でできた台風が中国の近くの貿易風の威力が弱まり北向きに方向を変えます。そのせいで日本付近に吹く偏西風で日本に進路を切ることになってしまいます。

たまに「なんで急に日本にくるの?」とおもったらこの偏西風が理由なのです。夏場は太平洋高気圧が日本の上空にかかっているので台風は上陸できません。

台風はさまざまな天候の影響で進路をかえていきます。なのでこまめに天気予報をチェックしてその動向を注視していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする