厄年、いつからいつまでか、男女による違いとやってはいけないこと

厄年とはなにか

迷信といわれることも

厄年になるとなんだかそわそわしますよね。なにか大変のことが起きるのではないか、とか心配になります。この厄年とは人生一生において何らかの災難に遭遇するおそれがある年齢のことをいいます。

この厄年の年齢は日本の古来からある陰陽道から導かれるもので、厄年は男女で年齢がちがいます。

厄年には本厄の1年前が前厄、本厄、本厄の1年後が後厄といいます。本厄の厄年のときに神社などでお祓い、厄除けを行い神様や仏様の力をかり、災難を回避したほうがよいとされています。

男女の厄年の年齢

数え年で計算する

厄年は男女で年齢がちがいます。厄年がくる年齢は数え年で計算します。女性の厄年は19才、33才、37才、61才ですが、数え年でいうと誕生日の付きで年を1つとるのではなく、お正月がきたら1つ年をとるのです。

誕生日を迎える前であると今の年から2歳多くなるということです。誕生日を迎えたら1歳と年を足します。

男性の場合は25歳、42才、62才です。女性より1つ厄年が少ないのですね。厄年のときにピッタリの贈り物は長いもの、うろこ模様のもの、七色のものとされています。これを身に着けると厄が遠ざかるといわれています。

厄年にやってはいけないこと

新しいことをするのは待ちましょう!

新しいとことというと、新築、引っ越し、旅行、転勤、結婚などです。でも、厄年だからといってやるチャンスを逃してしまうのはよくないですよね。

なので厄年にしてはいけないことは、厄年からといって消極的になること、なにかあったらすぐに厄年のせいにしてしまうことです。きにしてしまうと何もできなくなってしまいますからね。

つまり、厄年だから何もしないのではなく、常に念入りにかんがえてから行動しましょうということなのです。

厄払いを行う時期は

初詣のついでに行う人が多い

厄年のお祓いはいつ行ったほうがいいのか気になりますよね。厄年のひとはほとんど初詣のついでに行うひとが多いみたいです。また、鬼をはらうという意味で節分にもする人が多いです。

しかし、いまでは神社やお寺も都合がいいといつでも厄除け、厄払いをしてくれるところが多いです。都合がいい日で大安だと尚いいですね。

厄年になったら、厄年だと気にせずにいつもの自分の行動から少し慎重になって前厄、本厄、後厄の3年をすごしていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする