還付金詐欺、なぜ振り込むのか、被害に会ってしまう理由と対策とは

一人暮らしの高齢者が狙われやすい

還付金詐欺の手口

還付金詐欺とは、オレオレ詐欺と同じ振り込め詐欺の一種です。

医療費過払いなどの理由でお金を受け取れると告げて被害者をATMに向かわせ、携帯電話でうその指示をしながらお金を振り込ませる詐欺のことを言います。

ATMの操作に慣れない高齢者がターゲットになることが多く、平成28年で14,151件、被害総額は406.3億円と被害は拡大しているそうです。

公的機関や民間企業を装ってハガキなどを使いコンタクトを取ろうとする場合もありますが、電話をかけてくる場合、「還付金を振り込んだのですが、ご確認いただけたでしょうか」「ATMで還付金を受け取る手続きをしてください」などと被害者がATMに向かいたくなるように仕向けます。

オレオレ詐欺などのように《お金を振り込め》ではなく《お金を受け取れる》と告げるのが還付金詐欺の特徴です。受け取れるお金の名目には医療費過払い、税金過払い、保険料還付、年金未払い分の還付などがあります。

なぜ被害に会ってしまうのか

錯覚させて焦せらせる語り

被害者を焦らせて冷静な判断をできなくさせるのは詐欺の典型的な手段です。「手続きの期限が過ぎている」「今日中に取引しないと還付金を受け取れなくなる」「期限内に取引しないと年金不正受給とみなされ、今後年金を受け取れなくなる」などと期限を提示し被害者を焦らせます。

また、期限を逃せばお金を受け取れなくなるなど恐怖感を同時に植え付け、すぐ行動しないといけない気持ちにさせます。

市区町村や銀行、年金事務所、税務署の職員などを語り被害者を信用させます。このような手口を「かたり商法」といい、期限内であればお金を受け取れると思わせ、人目につきにくいATMへ被害者を誘導します。

高齢者のようなATMの操作に不慣れな人がターゲットになりやすいようです。携帯電話で指示をして、「振り込みのボタンを押してください」とは言わず、右から3番目のボタンを押してくださいと場所を指示することで、振り込みをしているという自覚を奪っていきます。

つまり自分の口座からの振り込みではなく、自分の口座への振り込み手続きをしているかのように錯覚させているのです。

どうしたら防げる?

落ち着いて冷静な判断を

詐欺にあったと自覚のある人は、まず警察に通報したあと、取引銀行に連絡をしてください。詐欺かどうかわからないけど怪しいと思っている人は、国民生活センターに連絡して詐欺かどうかを確認してください。

還付金詐欺を未然に防ぐ一番の方法は、還付金詐欺という手口があるということを知っておくということ。ATMで還付金を受け取れることも、還付金受け取りでATM操作を求められることも絶対にありません。

詐欺師は公的機関になりすまして被害者をことごとく信用させようとしてきます。電話で「お金が返ってくるのでATMに行くように」言われたらそれは還付金詐欺です。

そのまま電話を切るようにしてください。還付金等に心当たりがある場合でも、まず役所の店頭部署に電話をかけて確認してください。

そしてそのまますぐに行動せず、冷静な第3者に相談することで詐欺だと指摘してもらえることもあります。一人で焦って判断してはいけません。

さらに巧妙になる詐欺の手口

周りの人の関わりで防ぐ

また最近ではキャッシュカードそのものを手に入れようとする巧妙な手口も多発しています。市役所等の職員を名乗り「高額医療の還付金があるので銀行へ送金手続きをとります。

どちらの銀行がよろしいですか」と尋ねる電話があり、銀行名を答えると次に金融機関の職員を名乗って電話があります。「キャッシュカードを今の古いものから新しいものに切り替えるため行員をそちらに向かわせます。

古いキャッシュカードを渡し、暗証番号を伝えて下さい」・・・犯人にキャッシュカードと暗証番号が渡ってしまい、すぐさま近くのATMで現金が引き出されるといったものです。

金融機関等が暗証番号を電話で確認することはありません。金融機関の職員や銀行がキャッシュカードを預かることはありません。

冷静に考えると納得することですが、いざ自分が状況に置かれると、電話で話された内容を頭で理解しようにも冷静でいられなくなってしまうのが怖いものです。

電話でお金の話が出たら、必ず家族や知人、警察に相談することを徹底するようにすると被害は防げるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする