客員教授とは何か、特任教授や教授、非常勤講師と何がどう違うのか

様々な教授職の種類について

教授の種類

教授とは、教育機関や研究機関で教育、研究面で指導的立場にある者を指す言葉です。一般的には、大学にいるというイメージではないでしょうか。

教授には、その役割や雇用形態によって、様々な種類があります。大きく分けると「主任教授」「専任教授」「客員教授」「招請教授」「臨床教授」です。

・「主任教授」は、学部や学科の責任者としての教授を指します。
・「専任教授」は、研究や教育を専門に行う教授を指します。
・「客員教授」は、特別な目的のために外部から登用した教授を指します。
・「招請教授」は、特別な目的のために外部から招請した教授を指します。
・「臨床教授」は、大学以外の病院などに勤務して、非常勤で大学の医学生の教育を行う教授を指します。

この他にも、「名誉教授」や「特任教授」と呼ばれる教授職があります。名称や厳密な定義は、各大学によって異なるようです。

客員教授の基礎知識

客員教授とは

客員教授は、大学や研究機関に、一定期間、非常勤の教員として籍を有する者を指します。招請教授、招聘教授と立場的に似ていますが、招請教授、招聘教授は籍は移さないのが一般的です。

あくまで、外部機関に籍を置きながら、ゲストとして招かれるというイメージです。

客員教授は、一般的に、優れた研究成果が評価されて、招かれることが多いようです。またネームバリューがある有名な人も招かれます。大学の受験生が増えることが期待される人が選ばれることが多いようです。

客員教授に選ばれる可能性

客員教授になるために

普通、大学で教授になるには博士号が必要になります。そのため、大学院に進むことが一般的になります。

一方で、企業の研究機関で優れた研究成果をあげた人や、芸能人、スポーツ選手は、必ずしも博士号を持っている訳ではありません。

しかし、大学から評価されれば、博士号がなくても、客員教授として招かれる場合があるのです。

客員教授として招かれる場合、出身校だったりする場合が多いようです。ですから、大学卒業であれば、その可能性が高まると言えるでしょう。

客員教授は、その大学の宣伝に使われることが多いようです。そのため、ネームバリューの高い人が選ばれやすいと言えそうです。

こんな人も客員教授

芸能人、スポーツ選手の客員教授

・細野晴臣さん…京都精華大学ポピュラーカルチャー学部音楽コース客員教授
・スプツニ子!さん…神戸芸術工科大学大学院客員教授
・菊池桃子さん…戸板女子短期大学客員教授
・松尾貴史さん…京都造形芸術大学芸術学部映画学科客員教授
・谷村新司さん…東京音楽大学音楽学部音楽学科作曲指揮専攻作曲「映画・放送音楽コース」作曲「ポピュラー・インストゥルメンツコース」客員教授
・藤波辰爾さん…拓殖大学客員教授

他にも多くの芸能人の方が、客員教授として活躍されています。客員教授以外にも、教授や副学長という肩書の人もいます。是非、色々探してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする