ボーナスの算定方法と期間、新任、中途採用はいつからもらえるのか

ボーナスがもらえる期間

そもそもボーナスとは

会社に勤めている人は年にほとんどの企業が2回ボーナスがあると思いますが、ボーナスの金額の算定方法や期間は関係あるのでしょうか?

そもそもボーナスとは、「原則として労働者の勤務成績に応じて支給されるもので、その支給額が予め確定されていないもの」と法律で定められています。

つまり、支給の有無や金額、その査定方法については企業の自由裁量に任されており、賞与を支給しなくても違法にはならないのがボーナスになります。

ただし、有給休暇取得や結婚、妊娠、育児を理由としたボーナスカットは労働法違反になる場合があります。

ボーナスの算定方法

公務員と一般企業では算定方法が違う

ボーナスの算定方法は公務員と一般企業では多少違いがあります。

公務員の場合

公務員の賞与は「期末手当」といい、この期末手当は、基礎給与6か月在籍分を100パーセントして「夏は約1.2」 を「冬は約1.4」 をかけたものになります。

一般的には、賞与の計算はこの計算式で行います。役職によってそれぞれ加算が発生する、という形だということです。

一般企業の場合

一般企業におけるボーナス(賞与)は、基本給×2~2.5ヶ月を年2回くらいに分け支給されるのが一般的になっています。

あくまで目安ですので、個々でボーナス査定方法を元に、勤務成績の評価点を算出項目に入れている会社もあります。気になるのかボーナスで税金が引かれるかどうかもきになりますよね!!

もちろんボーナスも給与の一部として含まれます毎月の給与と、年に数回のボーナスを足したものが、いわゆる年収として計算されます。そのため、ボーナスにも税金がかかります。

新卒や中途採用のボーナス

いつからボーナスの支給がはじまるのか

気になるのかボーナスの支給時期があるのかどうかですよね!!新卒や特に中途採用の場合はいつから支給されるのでしょう。

新卒の場合

新卒の場合は入社し3ヶ月は試験期間があり村採用は大体7月くらいになります。そのため、7月のボーナスにはまにあいません。

しかし、企業によっては多少でる場合があり本格的なボーナスは冬のボーナスからとなります。

中途採用の場合

中途採用の場合のボーナスは「いつから在籍しているか」によって金額がかわります。中途採用・中途入社者の場合のボーナスの計算方法としては、日割りもしくは月割りの計算を用います。

これは、中途入社の場合のボーナスの計算方法として一般的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする