プラセンタエキス、原液、注射、使った場合の効果と気になる副作用

プラセンタの成分とは

そもそもプラセンタとは

今話題のプラセンタって聞いたことありますね。ではまず、プラセンタエキスとは何かから説明することにします。

プラセンタとは

プラセンタの意味

プラセンタというのは胎盤のことで。胎盤を英語にしただけのものです。胎盤は、我々を含む哺乳類とサメの一部がつくることが知られており、胎盤そのものを使うことはできません。

そこで、胎盤の成分をエタノールで大ざっぱに抽出したものが、プラセンタエキスというものです。要するに胎盤エキスです。

プラセンタには10数種のアミノ酸をはじめ核酸様物質、各種ビタミン類、ミネラル、アミノ酸、酵素、ムコ多糖類などの栄養素が豊富に含まれます。

プラセンタには「健康」のみならず「美容」にもたいへん有効なことが認められています。
肌を美しくしたり、傷んだ肌を修復したり、体を若々しく保ったりする栄養素や、細胞の分裂・増殖を促進させる効果が期待できます。

プラセンタエキスの使い方

プラセンタエキスを注射するってほんと?

今、女性の間でプラセンタ注射が流行っているそうです。その効果は、シミ、そばかす、アンチエイジングさらには心や体の不調を改善してくれます。

更に、プラセンタ注射の方法には、静脈注射、筋肉注射、皮下注射があります。最も即効性があるのが、静脈注射が一番の効果があると言われています。

静脈注射は血液と共に全身へ巡っていくため、効果の出るのが早くなります。しかし、効果が無くなるのも動脈注射の場合は早いと言われています。

気になるプラセンタ注射の副作用

副作用の症状

プラセンタは肌の若返りができる事で注目を浴びておりますが、そこで気になるのが副作用ではないのでしょうか!!

プラセンタエキスは直接肌に注射をするわけですから体への負担がないわけではありません!!ではどの様な副作用が現れるのでしょうか。

その1 献血ができなくねる

プラセンタ注射の副作用で知られているのは感染症のリスクがになる可能性があることです。そのため、プラセンタエキスを注射した場合は法律では献血が禁止されております。

その2 ヤコブ病の感染の危険性

過去にプラセンタを注射をしヤコブ病に感染した事例があります。まだ、感染の原因はわかっておりませんが、感染する可能性があります。

その3 肝機能障害の可能性

プラセンタの注射は定期的に週に1回は注射をしますのでもちろん体にも負担がかかります。継続して注射をする事で肝機能に負担がかかり今まででも肝機能障害が起きたという事例があります。

最後に

プラセンタにお肌の若返り効果が期待できる一方でそれに伴う副作用もゼロではありません。しかも、プラセンタエキスは継続してやる必要があり、1ヶ月でやく2万円〜7万円程かかります。

必ずしも副作用のリスクがあるわけではありません。これからプラセンタエキスの注射を考えている方は是非、参考にしてみたらいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする