英語の歌の意味が聞いただけでわかる英語のリスニング力になりたい

英語が苦手だけど

耳で聞いただけで英語は覚えられない

みなさん、英語と聞くだけで特に日本人は一歩後ずさりしてしまうことってありませんか?今や英語は幼稚園や小学校などでは授業の一環として取り入れている学校が多くあります。

そんな今回は英語のリスニングについてコツなどお話ししましょう。リスニングを上達するには音と意味が重要ポイントです。

どうしたら理解ができるか

どうしても聞き取れない

リスニングが苦手だという人の原因の多くは、下の3つに大別されるといわれています。

・そもそも、その単語や文法、表現を知らない
・知っている単語や表現であっても、聴き取れない
・聴き取れたとしても、話すスピードに理解するスピードがついていかない

それらの理由でリスニングが苦手という方は多いのではないのでしょうか。

どうしたらリスニング力がつくのか

発音練習が上達のポイント!

英語の音になれ聞き取る為には発音練習が重要になります。よく聞く英語の曲など自分でも上手に発音できるようになることです。

発音練習がを重ねることで発音が上達する事により英語を聞き取れるようになり英語を聞き取れるようになり自然とリスニング力が身につくのです!!

リスニング力と英語の意味

頭の中で意味を理解するためには!!

しかし、リスニング能力が身についても英語の意味はが分からなけれがなりません。リスニング力と同時に理解も大切なのです!!

英語を理解するにはその英語の意味を知ることもポイントなのです!耳で聞いた英語をいちいち日本語に訳しているようでは、ぜったいに英語のスピードについて行けないでしょう。

英単語を聞いたときに、日本語に訳してから理解していては時間がかかりすぎるので間に合いません。
では、どのように覚えたら良いのでしょうか。

フレーズで覚える

フレーズで覚えると、複数の意味を持つ英単語も頭に入るようになって来ると言われています。フレーズで覚えるほうがより具体的なシーンがイメージできて、頭に入りやすくなるという事だそうです。

想像をイメージする

英単語の例文からイメージしてから覚えるようにしてみましょう。例えば、dusty(ほこりっぽい)という単語が出てきたら、dusty house「ほこりだらけの家」を連想し、家の様子をイメージします。

これを続けていると、単語を見たら自然とイメージが浮かび上がるようになります。

声を出して覚える

覚えたい英単語の例文を繰り返し音読して覚えましょう。単語を何度も読み続けるのではなく、その日集中的に覚えたい単語を順に読み、英単語を繰り返し書いて覚える勉強法もありますが、声に出すほうが書くより早いため、時間短縮で覚える事ができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする