加齢黄斑変性症の予防、サプリメントに効果が認められている事実とは


加齢黄斑変性症はどんな病気か

あまり聞いたことがない

みなさん、加齢黄斑変性症という病気はご存知でしょうか!あまり聞きなれない病名ですが今回は加齢黄斑変性症についてお話しします。

では加齢黄斑変性症のどんな病気なのでしょう。加齢黄斑変性症とは、眼の網膜にある黄斑という部分に異常が現れる目の病気です。
視野の中心部分が暗くなったり、さらに中心がゆがんで見えるのがこの病気の特徴です。見たい部分が見えにくいので、本を読んだり、文字を書いたりすることが困難になり、病気を放置すると視力低下が進み、失明する場合もあります。

加齢黄斑変性の原因

病気を発症する年齢

原因は目の老化により起こる病気です。目に送る網膜の中心部にある「黄斑(おうはん)」に異常が生じる病気です。

中高年期以降の失明原因の一つであり、原因と考えられるのは紫外線や喫煙、肥満などが発症原因とも言われており、近年では日本でも発症をする人が多くなりました。

特に、女性の方よりは男性の方の方が発症しやすいと言われております。

加齢黄斑変性症の予防

サプリで予防できる

禁煙者の方は禁煙するのも予防になります。たばこを吸う習慣のある人は、吸わない人に比べて発病の危険が高くなると言われており、もしタバコを吸っている人は禁煙に心がけましょう。
食生活にも注意が必要です。抗酸化ビタミンとあわせて、亜鉛を積極的にとることが予防につながります。

ビタミンC、ビタミンE、βカロテンなどビタミンが不足しないよう、緑黄色野菜中心とした野菜類や果物、豆類やナッツ類、心がけましょう。

しかし、なかなか野菜など苦手な人や摂取できない場合はこれらの食材やビタミン類が多く含まれているサプリメントでも加齢黄斑変性症を予防することができます。サプリメントは手軽に飲めるのでおすすめです。

最後に

あまり聞きなれない病名ですが目に症状が起こる病気です。原因は目の老化やタバコの喫煙、ビタミン不足が原因とも言われております。

日頃から予防が大切です。なるべく野菜中心の食生活や運動を心がけましょう。もし、野菜が苦手な方はサプリメントを取るだけでも病気の予防になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする