英検2級と準2級、出題範囲や問題傾向、レベルの差はどのくらいか

高校3年間で学習する英語を2段階に分けている

英検準2級とは

英検準2級は高校中級程度のレベルで、日常生活に必要な英語を理解し、使用することができるとされています。

中学英語がしっかりみについていないと合格は難しいです。試験に出てくる単語は日常生活で使われ者が中心で、高校1~2年の教科書に出てくるレベルです。

中学高校で習うレベルの文法・構文が幅広く出題されます。

簡単な説明文を理解したり、図や表から情報を得ることができたり、日常生活での話題や簡単な説明・指示を理解することができる、日常生活で簡単な用事を済ませることができる、興味・関心のあることについて自分の考えや意見を述べたり、簡単な文章で書くことができるとされています。

英検準2級は標準以上の英語力を意味します。コミュニケーションの仕方を工夫すれば十分なレベルの資格と言えます。

試験内容は、一次試験(筆記・リスニング)と二次試験(面接)があります。一次試験は筆記試験とリスニングテストの2部構成です。筆記試験はチーディング・ライティングの技能が判定され、試験時間は75分です。

リスニングテストは英作文のみ記述形式で、それ以外はマーク式の解答形式となります。試験時間は筆記試験に続き約25分です。学校、趣味、旅行、買い物、スポーツ、映画、音楽、食事、天気、道案内、海外の文化、人物紹介、歴史などに関する話題が出題されます。

二次試験では面接形式のスピーキングテストとして、日本人あるいはネイティブスピーカーの面接委員と1対1で約6分、主に日常生活の話をします。応答内容、発音、語彙、文法、積極性などが評価ポイントとなります。

リスニングは英検3級までとは異なり、音声はすべて1回しか読み上げられません。もう一度聞くことができないので要点だけメモしたり、聞こえた語句をつなぎ合わせて、話の流れを推測するようにしましょう。

聞こえた音声から会話や英文の大まかな流れをつかむ能力が求められています。聞き取れなかったとしても決して焦らないことが重要です。

難易度 2級>準2級

英検2級とは

英検2級は高校卒業程度のレベルとされ、社会生活に必要な英語を理解し、また使用することができる程度となります。語数では約3800~5100語と多くなり準2級との差が1500語近くになります。

まとまりのある説明文を理解したり、実用的な文章から必要な情報を得ることができる、日常生活での情報・説明を聞き取り、まとまりのある内容を理解することができる、日常生活での出来事について説明したり、用件を伝えたりすることができる、日常生活での話題についてある程度まとまりのある文章を書くことができるとされています。

高校生にとっては英検2級の問題が、大学入試問題に近いレベルであることから、英検2級の合格を目指す学習が、大学入試対策となります。

大学生にとっては英検2級を持っていることで単位が認定されたり、海外留学に必要な英語力の証明にもなったります。

また、就職活動の際に履歴書に記載出来ますので、英語力をアピールするきっかけとなります。社会人になっても英語力が求められる職場では、英検2級以上を取得していることが望ましいという基準になります。

グローバルに働きたいと思っている人や、海外への進出を考えている人、仕事で急に英語が必要になった人などは、まず英検2級を取得するとよいでしょう。

試験は大きく分けて2つ、リーディング・ライティング・リスニングを評価する一次試験と、一次試験合格者だけが受けることのできる、面接形式で実際のスピーキング評価する二次試験です。

リーディングでは大問1~3が出題され、それぞれ短文の語句空欄埋め、長文の語句空欄埋め、長文内容の質問と一致するものを選択肢から選ぶというような内容です。

次にライティングですが、準2級よりも指定語数が80~100語と多くなっています。質問に対して自分の意見とその理由を書きます。

リスニングは大問1と大問2各15問ずつの内容一致選択です。音声は一度しか流れません。大問1ではビジネスシーンでの2人の会話が多い傾向があり、大問2はナレーションから質問内容を読み解くものになります。

続いて二次試験ではパッセージの音読に始まり、質問、イラストの展開説明、受験者自身の意見などを問う問題になります。

ここで必要なのは流暢なスピーキングです。キーとなる答えを探し、とにかくスムーズに答えられれば乗り切れるはず、何度も面接練習をするのみです。

最後に

最低でも英検2級

履歴書にいて評価されるのは、英検2級からです。高校や大学の入試で優遇される学校が多いのも2級です。

文法の内容の差はありませんが、2級の場合はきちんと文法を理解していないと合格が難しいので、準2級を受けてから自信をつけて2級に挑むという人も多いようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする