出っ歯を自力で治す方法はあるのか、割り箸を使った方法の効果は?

コンプレックスとしての出っ歯

出っ歯って何!?

出っ歯と聞いて皆さんはどう感じますか?

その人の特徴として前向きにとらえる人、悪口として発してしまう人、それぞれあると思います。

では、自分が出っ歯だったらどうでしょうか。

良く目立つので、人目を引き、芸能人の中にはそれを売りにする人もいる反面、一般には容貌を損なうとして矯正治療の対象となる場合が多いように思います。

そこで、矯正の方法の中でも今回は、自力で矯正をする方法を探ってみます!

自力で矯正できるの?

普段の癖を見直そう!

出っ歯(反っ歯…そっぱとも言う)とは、「上顎の前歯の先端部分、あるいは上顎の前歯全体が突出している状態」を言います。

これを歯医者で治療しようとすると、平均で60~100万円とも言われています。

とても高額ですが、コンプレックスに思う人も多いので、需要は多くあるようです。そんな時誰もがきっと一度は「自分で治せないかな」と考えますよね。

実は歯並びに悪影響があるといわれている「くせ」がいくつかあります。例えば、口呼吸は口が開いたままになり、舌や唇や歯のバランスが崩れてしまいます。

バランスが崩れたまま舌が歯を押し続ける状態は、歯並びだけでなく顔や体にも歪みを生じさせる可能性があるので、出来るだけ鼻呼吸をするようにしましょう。

また、姿勢も影響があるようです。足を組んだり、同じ側でばかり鞄を持ったりすると、体がゆがみます。頬杖もやめた方が良いでしょう。

あと、下唇を咬む癖のある人はいませんか?唇を咬むことによって、下から上の前歯や上顎前歯が外側に傾斜して上下の前歯の咬み合わせに隙間が生じ、上の歯が出てしまったりするようです。

小さな子どもさんがよく指しゃぶりをしていますが、あれもあまり長く続けているとよくないと言われていますね。

ここまでは治療というより、これ以上悪くならないためのケアです。次に、具体的に皆さんが試されているという方法を見ていきます。

自分で治す方法

いろいろなトレーニング

道具も何も使わず原始的な方法ですが、「前歯を手で押す」というものがあります。人によっては、物を使う方もいらっしゃるようですが、とても危ないです。

気になるからと、治療とも考えずに触ってしまっている方もいるとは思います。

また、ガムを噛んでトレーニングする方法があります。左右の奥歯で1粒ずつガムを同時に噛むようにします。

30分~1時間を目安にするといいようで、数カ月くらい続けると、咬み合わせのズレが修正され歪みが治るだけでなく、小顔効果もあるのだそう。

そしてよく聞くのが、割り箸を使ったトレーニングです。割り箸の中央に印をつけ、鏡を見ながら横にした割り箸を咬みます。

前歯の真ん中と割り箸の中央がぴったり合うように歯を咬み合わせ、犬歯のあたりで再び割り箸を咬みなおす。

無意識に出来るようになるまで毎日3分くらい続けます。色々ある中で自分に合ったトレーニング法を見つけるといいでしょう。

自己流は自己責任で

このようなトレーニングはどれも即効性があるわけではないのと同時に、これらのトレーニングがある程度効果のみられる場合と、自力では矯正が出来ないものがあるという事実も軽視できません。

本来は専門医のもとで、弱い力でじわーっと長時間かけて動かすもの。無理に強い力をかけてしまうと、歯の根っこが変形したり、吸収して短くなってしまうこともあります。

また、感染症や歯周病をおこしたり、最悪歯を失ってしまう人もいることは無視できません。

そのあたりのリスクがあることも十分理解したうえで、自分にあった方法を選ぶようにしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする