日本人にお酒に強い人と弱い人がいる理由、欧米人は弱い人はいない?

お酒に弱いというのは日本人だけ?

宴席では欠かせないお酒

ビール、日本酒、焼酎、ウイスキー、ワイン・・・様々なお酒の種類が今では飲まれていますよね。日本では忘年会や新年会、お酒の席というのも年間で何度もあると思います。

しかし、お酒に弱い人や強い人が見えますよね。その差は何なのでしょうか?やはり、宴席によく出てお酒を飲んでなれているから強くなれるのでしょうか?

また、海外の人はお酒に弱い人が少ないとも聞きます。これは何故なのでしょうか。

お酒に強い人、弱い人の違い

実は日本人の約4割はお酒に弱い

お酒の強い弱いは何が原因で差が出てくるのでしょうか?先述した通り、日本人はお酒に弱い人が割合的に多いとされているようです。

これは何故なのでしょうか。実は、お酒に対しての強さや弱さは人種が関わってきていたのです。

日本人などの黄色人種であるモンゴロイドは、ヨーロッパ系やアフリカ系の海外の人種に比べるとお酒への耐性が弱いと言われているそうです。

主にアルコールは体内では肝臓の働きによってアセトアルデヒドに変化します。このアセトアルデヒドはアルデヒド脱水素酵素2、略してALDH2によって酢酸に変化させられます。

しかし日本人などの人種であるモンゴロイドにははるか昔に突然変異が起き、ALDH2の活性を失った人が出現し、時代を経ていくうちにお酒に弱い人が増えていったとされています。

その突然変異の原因ははっきり解っていないようです。

対して、ヨーロッパ系やアフリカ系の海外の人種にはALDH2の低活性型または非活性型は見られないそうです。

そのため、逆に言えば、このALDH2の低活性型または非活性型の遺伝を持っているということはモンゴロイドの特徴ともいえるそうです。

お酒に強い人は「ALDH2の活性型」になり、お酒に弱い人は「ALDH2の低活性型、非活性型」になるのです。

お酒の強い、弱いの差となる原因は人種の遺伝的問題であり、太古の昔からあるものだったのですね。

ALDH2は活性化させられるか?

飲めば飲むほど強くなる?

お酒に強くなるには「ALDH2」を活性化にすればいい!と思えるのですが、実はそれは難しい話のようです。

このALDH2の活性型、非活性型、低活性型というのは親からの遺伝子の組み合わせで受け継ぐものなのです。

その為、どれだけ飲んで訓練したとしても後天的に変わることはないとされているようです。

勿論、遺伝のほかに男女差や年齢差、体格差など様々な要因もありますが、遺伝的な話でお酒に強くなろうというのはなかなか難しいようです。

モンゴロイド以外はみんな強い?

お酒に強いイメージ

先ほど触れましたが、ヨーロッパ系やアフリカ系の海外の人種にはALDH2の低活性型または非活性型は見られないとされています。

その為、遺伝的に見ればお酒に弱い人はいないと言えるようです。しかし、アレルギーや体質など、ほかにも様々な理由でお酒を飲めない方もいます。

一概に「海外の人だからお酒は飲めるでしょ!」と言い切るのは難しいとされているようです。

忘年会、新年会、お酒を飲む場所は多いとされる社会人。遺伝的にも弱い人は見えるので無理強いするのは良くないですし、お酒を飲む訓練なんてするのもあまり好ましくないと言えるでしょう。

お酒は楽しむものです。強くても弱くても、お酒はほどほどに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする