競馬の馬主と調教師、騎手の関係と賞金の配分方法はどうなのか

馬主はどうやったらなれるのか?

馬主になるためには

JRA日本中央競馬会の馬主になるには、厳しい審査基準があります。今後も継続的に得られる所得金額が過去2年のいずれも1700万円以上あることが必要です。

これだけでも、かなりハードルが高いと言えます。さらに、継続的に保有する資産の額が7500万円以上あることが必要です。負債がある場合は、資産の額から差し引かれます。

かなりのセレブでなければ、馬主にはなれないようになっています。地方競馬の場合は、もう少し条件が緩くなります。直近の所得金額が500万円いじょうであることです。

これなら、少し頑張れば、馬主になれそうな気がしませんか?もっとも、この条件を満たしたうえで、競走馬を保有しなければいけません。

競走馬の購入費用や飼育費用などを考えると、やはりある程度の収入が必要になるでしょう。

数万円で馬主になる方法

一口馬主について

競走馬を複数の人で共同保有する形で馬主になる方法があります。一口馬主と呼ばれる方法です。この場合、数万円で馬主になることも可能です。

まずクラブに入会する必要があります。この会費は、入会金が2万円前後で、会費が月額3000円程度です。

そのクラブを介して、どの競走馬の馬主になるかを検討します。カタログなどにその馬の血統や一口当たりの金額が掲載されているのです。

じっくり検討して、競走馬を選びましょう。この一口当たりの金額は、毎月払う必要はありません。あとは、その馬の維持費用が月々かかります。一般的には5000円前後です。

競走馬が活躍して配当金を得られれば、出資者の頭割りで分配されます。最近では、配当金を計算してくれるアプリなどもあるようです。

馬主、調教師、騎手の賞金は?

賞金の分配方法

中央競馬の賞金は、8着まで支給されます。着順掲示板には5着までしか表示されないため、5着までしかもらえないと思っている人も多いようです。

賞金の他にも、出走した馬全てに支払われる「特別出走手当」や「距離別出走手当」などもあります。賞金の配分は、馬主80%、調教師10%、騎手5%、厩務員5%となっています。

生産者には、賞金はありません。しかし、「生産牧場賞」や「繁殖牝馬所有者」として支払われる金額があります。

馬主と調教師、騎手の関係

共同作業の仕組み

生産者とは、繁殖牝馬を保有し、競走馬を生産する人を指します。生産者の中には、自分が馬主として競馬に使用することを目的に生産するオーナーブリーダーと言う人もいます。

馬主は、生産者が生産した馬を保有して競馬に使用する人を言います。馬主は、厳しい審査を経て、その資格を得ることができます。その分、賞金の配分も多くなっています。

調教師は、馬主から馬を預かって、競走馬用に調教する人です。毎年、東西で成績が発表され、実績がある調教師には、依頼が殺到します。

騎手は、競馬学校を卒業して、競走馬に乗ってレースをする人です。優秀な馬に乗れば、成績がアップしますが、そのためには騎手の腕も必要になります。

最近では、中央競馬会に外国人騎手も参加してきて、さらに競争は激しくなってきています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする