八白土星、九星気学で占う運勢、相性、性格、結婚や金運までわかる

最もよく知られている占術『九星気学』

本命星は9つのどれかです

八白土星(はっぱくどせい)とは暦、占いに用いられる九星気学(きゅうせいきがく)の一つです。

九星とは古代中国から伝わる民間信仰で、一白水星(いっぱくすいせい)・二黒土星(じこくどせい)・三碧木星(さんぺきもくせい)・四緑木星(しろくもくせい)・五黄土星(ごおうどせい)・六白金星(ろっぱくきんせい)・七赤金星(しちせききんせい)・八白土星(はっぱくどせい)・九紫火星(きゅうしかせい)の9つの本命星があります。

自分がどの本命星に当てはまるかで、運勢や性格、恋愛などを占うことができるんですね。以下、八白土星に焦点を当てて見ていきましょう。

『山』の性質を持つ

何事にも動じない冷静さ

八白土星の“運勢”

土のパワーを強く持っているので、土地関係のものを持つと金運がアップします。不動産は生涯の財産にもなるので、土地を購入しておくと全体の運気も上がりそうです。

まじめでコツコツ派の八白土星。何もしなくても大きな収入をゲットできそうです。公務員や学校の教員などの仕事が合っています。

嫉妬心が非常に強く、人に関しても執着するので相手のことを束縛してしまいそうです。短気でもあり、自分の思いが伝わらないことに対してすごく怒ってしまいそう、相手にとって重たい存在ならないよう注意が必要です。

八白土星と他の運命星との“相性”

一白水星は物腰が柔らかくどんな人にも合わせることができる性格なので、八白土星に対してもとてもやさしく接してくれます。

そんな一白水星の優しさに八白土星が好意を寄せることも多そうです。二黒土星と八白土星、二人はすごく似ています。一緒にいると落ち着くことも多そうです。

ただどちらも行動的な性格をしていないこともあり、どちらも好意を持っていたとしても恋愛に発展しないという、残念な結果を生みやすい相性です。

好きな気持ちをしっかり伝えることができれば、幸せな関係を築けるでしょう。六白金星とは違うように見えて芯の部分が非常に似ています。

お互いに好意を持って接することが多く、特に六白金星が八白土星に惚れ込むでしょう。七赤金星とは一見、合わないように感じますが、実はお互いの悪い面を補い、良い面を成長させてくれる相性です。

同じ本命星である八白土星とは分かり合える相性です。口下手な二人なので気持ちを言葉にしてほしいタイプであれば長続きは難しいです。

九紫火星は八白土星のどっしり構えた姿にメロメロになるはずです。九紫火星からのアプローチを待って交際に進展することが多いでしょう。

八白土星の“性格”

まじめで何事にも一生懸命こなします。途中で投げ出すことはせずコツコツと業務に取り組むので周りからの評価は高いものとなりそうです。

山のような人と称されることが多く、人に流されるような人ではないです。自他ともに認める曲げられない性格であり頑固で融通が利きません。

協調性があまりない人が多いです。行動力がなく保守的に物事を考えます。夢見ない性格なので常に現実的です。まじめで社交性がないので、話しかけにくいオーラが出ているようです。

本人が気づかないうちに壁を作ってしまっているので人間関係の構築に時間がかかります。また、自己主張は強いものの、感情的に物事を発したりしないので、基本的におとなしい性格の人が多いです。

八白土星の“結婚運”と“金運”

コツコツとお金を貯められる人です。相続運や不動産運にも恵まれているので、親から多額の資産を引き継ぐ方も多いでしょう。

うまく活かせることができる八白土星は、晩年でもお金に困ることはありません。ただし、出費も多いのでたくさん入って、たくさん出ていきます。

交際費で使い過ぎないよう注意しましょう。2018年はモテ期到来で、出会い運、交際運、恋愛運、結婚運、愛情運のすべてにおいて好調です。新しい出会いにも期待大です。

今まで育ててきた愛も実ります。結婚へと話を進めたい人は、相手に思いを打ち明けてみるとよい形でまとまる可能性大です。

プロポーズを受けたら迷わないこと。優柔不断がせっかくのチャンスを逃すことになります。

最後に

八白土星の人はどんな人?

大正9年生まれ、昭和4年生まれ、昭和13年生まれ、昭和22年生まれ、昭和31年生まれ昭和40年生まれ、昭和49年生まれ、昭和58年生まれ、昭和4年宇前、平成13年生まれ、平成22年生まれ、平成31年生まれ です。

他人との協調性を大事にして、親近感、信頼感を大切にできる交流を心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする