バニラの原料、加工品、バニラビーンズとバニラエッセンスの違い

バニラの原料は

定番のバニラアイス

アイスクリームといえば、バニラが思い浮かぶのが普通ですね。というより、バニラ以外で、香料としてアイスクリームやソフトクリームに使われるのはあまりありません。

どんなアイスクリームショップでも、ソフトクリーム店でも、バニラ味を置いていないところはありえないでしょう。

しかし、バニラって一体何でしょう。聞かれて、すぐに説明できる人はまずいないと思います。

じつは、バニラは、ラン科の植物の名前なんです。つる性の植物で、白っぽいかわいらしい、らっぱ型の花をつけます。

香りのイメージから、バニラの花の香り想像してしまいそうですが、バニラの花に匂いはないそうです。

そして、あの甘くて芳醇な香りは、バニラの花が咲いた後にできる果実から生まれるものなんですね。

バニラの果実は、いんげん豆のさやに似ています。15~30cmくらいで細長い形です。バニラの名前は、この果実の形からきています。

スペイン語で「小さなさや」という意味の「バイナ」という呼び方がバニラという呼び方に変わったと言われています。

バニラの香りの正体

本物のバニラはバニラビーンズ

じつは、バニラの木になっている緑色の果実は、そのままでは青臭いにおいがするだけだそうです。

あの甘い香りを作り出すのが「キュアリング」と呼ばれる工程です。これによって、バニラの果実は成熟して、乾燥、発酵してバニラの果実は、チョコレート色に変化します。

こうなると、あの強い甘い香りを放つようになり、ここから取り出したバニラの種子が、バニラビーンズシードと呼ばれます。これがバニラ香料の原料です。

バニラの加工品が便利

いろいろな楽しみ方ができるバニラ

ふつう、バニラの香り付けというと、思いつくのはバニラエッセンスが一番安価で手に入ります。また、バニラエクストラクトも手軽に使えます。

本格的に使うなら、バニラパウダー、バニラビーンズそのものが、いわば本物で、少し高価になります。

それぞれの違いは何でしょうか。

バニラエッセンス

本来はバニラの香り成分をアルコールで抽出したものですが、一般的に出回っているものは人口香料を使っています。

また、カラメル色素などの添加物も使われています。本物のバニラは高価なので、これはバニラ風味の人口香料といえそうです。

バニラオイル

バニラの香り成分を油で抽出したもので、アルコールで抽出したものよりも香りが若干強くなります。しかし、人口香料や添加物を使っている場合がほとんどです。

バニラパウダー

バニラのさやそのものを粉砕してパウダー状にします。お菓子作りやドリンク、バターコーヒー、バニララテといったものに使います。

バニラビーンズ

バニラのさやそのものです。風味、香り、共に最高級です。価格が高いのと、バニラのさやからバニラビーンズをとりだす手間がありますが、本物の味わいがします。

バニラエクストラクト

バニラのさやをアルコールにつけて、バニラの成分を抽出した天然香料です。比較的1本の価格は安く、量も多いので、結構安くつきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする