UNIXから生まれたLinux、成長の歴史、Androidの誕生へ | 楽しいことが一番大切

UNIXから生まれたLinux、成長の歴史、Androidの誕生へ

スポンサーリンク

Linuxの誕生

似ていて否なる新しいOS

Linuxは、1991年に開発されました。開発したのは、当時、大学生だったリーナス・トーバルズで、フィンランドのヘルシンキ大学でした。

リーナス・トーバルズは、学校で使ったUNIXの機能に不満があり、自分で改造してしまったそうです。

ただ、それは、改造というより、もはや作り変えのレベルだったようです。改造した部分だけで、動いてしまうレベルだったそうです。

著作権の問題もあって、別物を作った方がいいと思った結果出来上がったのが、Linuxです。

リーナス・トーバルズは天才といってもいい人物で、彼はLinuxの発明だけでなくGItというバージョン管理ソフトも作っているそうです。

このGitも、多くのIT企業に普及していて、バージョン管理のスタンダードとして普及しているそうです。

Linuxの成長

Linuxはリーナス・トーバルズの勉強の過程で開発されたものなので、多くの人に見てもらって、アドバイスをして欲しいということでソースを一般公開したのです。

そのとき、オープンソースライセンスがついた状態で公開されたのが、1991年のLinux version 0.02です。

わずか2年の間で実用版のver1.0がリリースされ、1995年以降、IBMやHP、インテルなどのプログラマーも参加してきます。

2000年代になると、欧州で政府機関に取り入れられ、2010年代からはサーバーで圧倒的なシェアを獲得するようになったというわけです。

2011年から2014年にかけての、企業におけるLinuxの導入率は65%から79%に増加していますが、Windowsの導入率は45%から36%に減少しているそうです。

また、スマートフォンにつかわれているAndroidも、元はといえば、Linuxで、今後もLinuxのシェアが伸びることは間違いないようです。

スポンサーリンク

Androidの誕生

AndroidはLinuxカーネルがベース

Androidは、元々、携帯電話向けソフトウェアを開発している会社だったそうです。

この会社を、モバイル向け検索のような、携帯電話からのインターネット利用の強化を考えていたGoogle社が、Android社を買収したのです。Android社は、その時、創設22ヶ月だったそうです。

そして、2007年11月に、Google社は無償利用の携帯電話用のプラットフォームとしてのAndroid を発表したのです。

Androidは、Linuxカーネルをベースとした携帯電話用のOSやミドルウェア、アプリケーションをすべて含んだオープンな環境です。

そして、Androidはオープンソースとして公開されています。そのため,誰でも自由に他の機器に移植できるのです。さらに、ソフトウエアの構成や内部を独自に変更することも可能だそうです。

そのため、アプリケーションの開発も自由です。開発者は,AndroidのアプリケーションをJava言語で開発でき、オープンソースの統合開発環境であるEclipseが利用できるということです。