難民を生むグローバル社会、移民なしに成立しない社会と難民の関係 | 楽しいことが一番大切

難民を生むグローバル社会、移民なしに成立しない社会と難民の関係

世界のグローバル化は人類発展の歴史

自国第一主義は歴史上は少数派

世界のグローバル化は、人類の歴史において途切れることなく続いてきました。これは歴史的な潮流でもあ流といわれています。

これにより、高度な国際分業が進んで、経済的繁栄が実現したわけです。いまや、人類の大部分はほぼ1つのグローバル世界に住んでいるとも考えられます。

ヒト、モノ、カネといったものが国境を越えて自由に行き来することで経済はさらに活性化し、文明を一層高度化するという流れが長く続いてきたわけです。

ところが、ここにきて、グローバル化のは副作用が目立ってきたようです。

というのは、異なる宗教、異なる価値観や行動規範を持つ者同士でも、経済的利益のためなら互いに認め合い、共存しようというのがグローバリズムです。

この理念が、現実の世界で、ことごとく打ち砕かれつつあるというのが現在なのです。

多様性が作り出した世界文明

もはや止められないグローバル化の流れ

多様性が大切だということは誰しも認めるところでしょう。今や、グローバル化なくして、世界経済は成立しません。

現実的に、グローバル化の流れを止めることはあり得ないでしょう。その結果、さらに矛盾を抱えながらグローバル化進んでいくわけです。

と同時に、新しい摩擦がどんどん生み出されていくという、悪循環が生まれているといわれています。

それ対する答えを、政治は出せないでいるのです。先進国も政治的な混迷に相対しているわけです。

移民が世の中に必要になった

日本も、移民大国へ

ロンドンでタクシーに乗ったり、レストランで食事をしたりすると、サービスをしてくれる人はほとんど外国人です。

日本にとっても他人事ではありません。2015年時点で、日本への流入者、90日以上在留予定の外国人が約39万人になって、もうすでにOECD加盟35カ国中4位の移民大国になっているそうです。

今後、日本も欧米と同じように移民との摩擦問題に直面することは避けられないでしょう。この、おそらく止められない移民の増大にどんな社会政策が行われるかが問題になっています。

世界中で外国人との共存がさらに問題化して、本格的な議論の必要性が増しているわけです。

難民問題の人道的な課題

中東やアフリカなど、5年間で1.5倍

国連難民高等弁務官事務所(以下UNHCR)が難民の数を毎年発表しています。この統計によれば、2017年末時点のデータでは、約2,540万人の人々が難民になって自国を離れています。

世界的に見ると、移民の総数は2億5,800万人だということです。すると、生まれた国以外で生活する人の約10人に1人は難民という計算になるんですね。

さらに、UNHCRの統計によると、国境を越えていない国内避難民に至っては約4,000万人にのぼるということです。

この難民と国内避難民を合わせるとなんと6,500万人以上の人が住んでいた場所を追われたことになります。

難民の発生国

将来への展望が見えない

さて、難民発生の数を国別で見てみるとどうなるでしょうか。
2017年末の主な難民発生国です。(UNHCR Global Trends2017より)
・1位:シリア      (630万人)
・2位:アフガニスタン  (230万人)
・3位:南スーダン    (240万人)
・4位:ミャンマー    (120万人)
・5位:ソマリア     (99万人)
シリアは、10年前に始まった内戦によって発生しました。アフガニスタンとソマリアは本当に長期間にわたって発生し続けています。
南スーダンとミャンマーは、内戦の激化や、ロヒンギャ問題によるものです。

難民の受入国

ヨーロッパの社会問題に

難民のほとんどは陸路で隣の国に逃れます。したがって、発生国と国境を接している国が多くの難民を受け入れるわけです。

2017年末時点の主な難民受入国(UNHCR Global Trends2017より)

・1位:トルコ     (350万人)
・2位:パキスタン   (140万人)
・3位:ウガンダ    (140万人)
・4位:レバノン    (99万人)
・5位:イラン     (97万人)
・6位:ドイツ    (97万人)
・7位:バングラデシュ (93万人)

受入国の多くが開発途上国とされる国々です。全体の約85%を途上国が受け入れていて、これも問題の深刻化を物語っています。

自国も豊かではない中で、多くの難民の保護ができるはずがありません。

難民と移民の違いとはどういったものか

難民条約における定義

先ほどの1951年の「難民の地位に関する条約」において定義は明文化されています。
ここで、迫害が主な理由として書かれているのですが、最近の傾向は、紛争の危険から逃れて難民となるケースが多くなっているんですね。
その結果、紛争から逃れた人々に対しては、条約上の難民というよりは人道的観点から「広義の難民」として支援するという考え方が多くの国で定着しているといわれています。

移民と難民の違い

正確には移民の定義はない

難民には「難民の地位に関する条約」で正確に定義が決められています。この条約には簡単に言うと「戦乱や迫害を逃れて自国から脱出した人」のことをいいます。

つまり自分の意志とは関係なく国外に逃げることを余儀なくされた人々のことです。

一方移民には正確な定義はありません。ですが、国際的にみて一般的には「通常の居住地以外の国に移動し、少なくとも12か月居住していること」になります。

要するに経済的な理由で通常の居住地以外のところに住むことをいいます。移民は自分の意志で移動しているので難民とは似て非なるものがあります。

難民の意味、難民条約における定義、認定の条件と権利や義務とは
難民について、難民問題と難民条約 難民はその人がなりたくてなるものじゃない まず、難民になった人は、ことごとく、追い詰められています。解決手段がないから難民なのです。 その難民の実情を端的に表しているのは、難民条約の文面です。...
アラブの春の意味と原因、失敗とその後、中東の不安定要素と難民
民主化は政治の不安定を乗り越えられるか アラブの春に見られる民主化の壁 「アラブの春」とは一体何だったのでしょう。2011年から中東から北アフリカ地域の各国で本格化した一連の民主化運動のことを言います。 この時に政権交代まで進...
独裁政治が生む出す難民、混乱と経済格差、雇用が内戦を引き起こす
独裁政治が生み出す難民 混乱を極めたシリア情勢 アラブの春に合わせて2011年3月中旬から,シリアの全国各地でも反政府デモが発生しました。 これに対し、アサド政権が治安部隊による厳しい弾圧を行い、武力行使でこれまでに9,000...
貧困の種類と原因、開発途上国と難民、世界の富が一方へ偏る現実
難民問題の背景にある貧困とは 難民キャンプの子ども85%が貧困下に暮らしている ユニセフが調べたところでは、ヨルダンに暮らすシリア難民の家族は、子どもたちに教育を受けさせたり、彼らを保護すること困難になっているそうです。 シリア難...
日本の難民申請の現実、偽装難民が増加、不法滞在の理由は働くため
日本における難民受け入れの現実 実は、日本は難民受け入れのハードルが異常に高い!? 法務省は2016年、日本政府への難民の申請は1万以上、受け入れは28人だったことを発表しました。現在、世界中の難民人口は1400万以上といわれていま...
難民問題の歴史、革命や戦争で住み慣れた場所を離れざるを得ない
難民問題の歴史を知ろう 歴史を振り返ると、いつの時代も難民は存在していた 難民問題が国際社会に注目されるようになったのは、 第一次世界大戦後、ロシア革命やオスマン帝国の崩壊によって難民が急増したことからです。 第二次世界大戦後...
難民が生まれる原因と種類、国の紛争で逃げざるを得ない場合が急増
難民が生まれる原因は国レベルの問題 難民になりたい人はいない 自分から望んで難民なる人はいません。 難民になる前は、家や仕事があり、大切な人との日常があったのです。それが奪われ、逃れた先での生活は、まず失ったものをいかにして取...
難民と移民の違い、命の危険があるかどうか、難民条約の定義に根拠
もう一度確認しよう、「難民」とはどういった人か 難民と移民は違う 難民と移民を勘違いしている人が世界にはたくさんいます。 先ほども言いましたが、難民とは「難民条約」(国際条約)という条約で定められた人々を指しているんですね。 ...
難民問題の人道的課題、国内避難民も国連の支援対象、将来の展望は
難民問題の人道的な課題 中東やアフリカなど、5年間で1.5倍 国連難民高等弁務官事務所(以下UNHCR)が難民の数を毎年発表しています。この統計によれば、2017年末時点のデータでは、約2,540万人の人々が難民になって自国を離れて...