難民問題の歴史、革命や戦争で住み慣れた場所を離れざるを得ない | 楽しいことが一番大切

難民問題の歴史、革命や戦争で住み慣れた場所を離れざるを得ない

スポンサーリンク

難民問題の歴史を知ろう

歴史を振り返ると、いつの時代も難民は存在していた

難民問題が国際社会に注目されるようになったのは、 第一次世界大戦後、ロシア革命やオスマン帝国の崩壊によって難民が急増したことからです。

第二次世界大戦後の1950年に、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が設立されて、1951年には難民条約が誕生したのです。

第二次世界大戦後の難民の歴史は危機からの逃亡が特徴です。

ミャンマー(2012年)

難民数:47万9000人

ミャンマー西部のラカイン州で2012年に暴動が発生、約14万人が家を追われました。2014年末時点では難民数は合計47万9000人になっています。

コンゴ民主共和国(1996~98年)

難民数:51万6800人

コンゴ民主共和国は旧ザイールです。1996年以降、2度の紛争が起こり、2014年末までに51万6800人の難民を出しています。

スーダン―南スーダン(1955~72年;2013年)

難民数:66万人

1955年から72年までの第1次スーダン内戦で数十万人が避難を強いられ、2013年以後の紛争激化で新たに大量の難民が発生し、2014年末時点で66万人に達したと言われています。

中央アフリカ共和国(2013年)

難民数:85万人

2013年12月に紛争が再燃、100万人ほどの人々が家を追われ、2014年までに約41万2000人の難民が発生、国内避難民の数は43万8000人に上ると言われています。

ソマリア(1991年以降)

難民数:110万人

1991年にモハメド・シアド・バーレ大統領が追放されました。その後、ソマリアでは数年間に難民が生まれ、2014年末時点で、110万人に上ると言われています。

ルワンダ(1994年)

難民数:150万人

1994年に発生したルワンダ虐殺で200万人以上の人々が国から逃げ出し、それ以外にも150万人が国内で避難生活を送っているそうです。

アフガニスタン紛争(1979年以降)

難民数:260万人

旧ソビエト連邦による1979年のアフガン侵攻から始まり、多数の紛争で数百万人の難民を生み出したと言われています。2014年末時点で、難民の数は260万人ほどに達しているそうです。

旧ユーゴスラビア紛争(1991~95年)

難民数:270万人

4年にわたる紛争で、難民の数は約270万人に上ったと言われています。

ベトナム戦争(1975年終結)

難民数:300万人

20年続いた戦争で、推定300万人以上が避難、このうち多くが、後に米国や中国に移住したそうです。

イラク(2003年から現在まで)

難民数:400万人

イラク戦争で数百万のイラク人が家を追われ、2014年末時点で、国内外に逃れた難民の数は約400万人に登るそうです。

朝鮮戦争(1950~53年)

難民数:100万~500万人

100万人から500万人以上が避難を強いられたと言われています。