難民と移民の違い、命の危険があるかどうか、難民条約の定義に根拠 | 楽しいことが一番大切

難民と移民の違い、命の危険があるかどうか、難民条約の定義に根拠

もう一度確認しよう、「難民」とはどういった人か

難民と移民は違う

難民と移民を勘違いしている人が世界にはたくさんいます。

先ほども言いましたが、難民とは「難民条約」(国際条約)という条約で定められた人々を指しているんですね。

恐怖から逃れてその国籍国の保護を受けることを望まない者です。

それは、殺されるからなんです。

さらに、戦争や紛争で住み慣れた家を追われた人たちが、国内でかろうじて住んでおる場合は国内避難民と呼ぶことになっています。

さて、ここで難民を判断する材料はどういったものでしょうか。

これにはポイントとなる条件が2点あります。

①「移動を強いられた」
②「国境を越えている」

この2点が両方とも当てはまると難民と考えられます。

実は、国境を越えただけでは、移民といく範疇になります。そこに、移動が強いられた、要するに、殺されるかもしれないから逃げてきた、ということが難民の現状だと言えるでしょう。

移民の定義とは?

広義に考えれば、難民も移民の中に入る

国際移民の正式な法的定義はないそうです。

しかし、移住の理由や法的地位に関わらず、定住国を変更した人々を国際移民とするような感じです。

その期間は、3カ月から12カ月間の移動が短期的または一時的移住と言います。1年以上にわたれば、長期的または恒久移住と呼びます。
出国するに至った理由が、移民の場合は一般的には自発的に国外に移動しています。

難民の場合も、選択が最終的には、自発的と受けとられても仕方ないような事例も多くあります。ただ、命の危険が存在するかどうかは重要です。

法的に見ても、難民は自分の国籍国から迫害を受けていることが条件です。というのは、国籍を持った人が、他国でトラブルにあった時は大使館が助けてくれます。

難民の場合はそうならず、他国の難民条約に加入している国が難民の人権を回復して、守ってくれる、そういうことになっているのです。
要するに、難民の保護は条約に加入している各国政府にあると考えられているそうです。

難民の意味、難民条約における定義、認定の条件と権利や義務とは
難民について、難民問題と難民条約 難民はその人がなりたくてなるものじゃない まず、難民になった人は、ことごとく、追い詰められています。解決手段がないから難民なのです。 その難民の実情を端的に表しているのは、難民条約の文面です。...
難民を生むグローバル社会、移民なしに成立しない社会と難民の関係
世界のグローバル化は人類発展の歴史 自国第一主義は歴史上は少数派 世界のグローバル化は、人類の歴史において途切れることなく続いてきました。これは歴史的な潮流でもあ流といわれています。 これにより、高度な国際分業が進んで、経済的...
アラブの春の意味と原因、失敗とその後、中東の不安定要素と難民
民主化は政治の不安定を乗り越えられるか アラブの春に見られる民主化の壁 「アラブの春」とは一体何だったのでしょう。2011年から中東から北アフリカ地域の各国で本格化した一連の民主化運動のことを言います。 この時に政権交代まで進...
独裁政治が生む出す難民、混乱と経済格差、雇用が内戦を引き起こす
独裁政治が生み出す難民 混乱を極めたシリア情勢 アラブの春に合わせて2011年3月中旬から,シリアの全国各地でも反政府デモが発生しました。 これに対し、アサド政権が治安部隊による厳しい弾圧を行い、武力行使でこれまでに9,000...
貧困の種類と原因、開発途上国と難民、世界の富が一方へ偏る現実
難民問題の背景にある貧困とは 難民キャンプの子ども85%が貧困下に暮らしている ユニセフが調べたところでは、ヨルダンに暮らすシリア難民の家族は、子どもたちに教育を受けさせたり、彼らを保護すること困難になっているそうです。 シリア難...
日本の難民申請の現実、偽装難民が増加、不法滞在の理由は働くため
日本における難民受け入れの現実 実は、日本は難民受け入れのハードルが異常に高い!? 法務省は2016年、日本政府への難民の申請は1万以上、受け入れは28人だったことを発表しました。現在、世界中の難民人口は1400万以上といわれていま...
難民問題の歴史、革命や戦争で住み慣れた場所を離れざるを得ない
難民問題の歴史を知ろう 歴史を振り返ると、いつの時代も難民は存在していた 難民問題が国際社会に注目されるようになったのは、 第一次世界大戦後、ロシア革命やオスマン帝国の崩壊によって難民が急増したことからです。 第二次世界大戦後...
難民が生まれる原因と種類、国の紛争で逃げざるを得ない場合が急増
難民が生まれる原因は国レベルの問題 難民になりたい人はいない 自分から望んで難民なる人はいません。 難民になる前は、家や仕事があり、大切な人との日常があったのです。それが奪われ、逃れた先での生活は、まず失ったものをいかにして取...
難民問題の人道的課題、国内避難民も国連の支援対象、将来の展望は
難民問題の人道的な課題 中東やアフリカなど、5年間で1.5倍 国連難民高等弁務官事務所(以下UNHCR)が難民の数を毎年発表しています。この統計によれば、2017年末時点のデータでは、約2,540万人の人々が難民になって自国を離れて...