ニキビになる原因とやってはいけないニキビ対策とは?

ニキビが発生するメカニズム

原因を取り除かなければダメ

基本的にニキビというものがなぜできるのかを知る必要があります。ニキビは毛穴が角栓で詰まることで発生するのです。

その詰まった毛穴に、皮脂やアクネ菌が溜まってしまうことということや、その後発生した炎症などは、その結果に過ぎないのです。

したがって、溜まった皮脂を取り除いたり、また、抗生剤で炎症を止めるといった治療は、結果に対して生じたものを除去するだけなんですね。

いわゆる、ニキビの要因そのものに対しては、何もしていないのと同じことになるということなのです。

ニキビの再発を防いで、本当の意味で完治をめざすなら、毛穴が角栓で詰まるというはじめの段階がなぜ起こったのかを探る必要があるわけです。

汗とニキビ…その関係

汗をかくとニキビが出来る

じつは、汗によってニキビが悪化するというのは俗説だそうです。もともと汗というのは大半が水分です。それに対して、皮脂というものは、汗をかくかどうかに関わらず、皮膚の表面に一定量分泌されることになります。

多量の汗で皮脂が水分の上に浮いてしまって、皮脂がベタベタするので、その結果、汗=皮脂というイメージができてしまったのかも知れないのです。

もうひとついえば、皮脂はニキビの原因ではありません。ニキビの原因は角質の乾燥、男性ホルモン過多による毛穴の収縮といったものが根本原因です。

収縮してしまった毛穴に角質層から剥がれ落ちた角栓が詰まってしまうのです。これがすべての始まりです。

ということで、乾燥肌になりやすい冬場にニキビが悪化するのはあたりまえのことといえるのです。

思春期ニキビの場合、毛穴が未成熟なので、角栓が詰まりやすいのです。角栓が詰まったところに皮脂が溜まるとニキビは悪化します。

皮脂コントロールも大切ですが、やはり角質層の乾燥を避ける=保湿が基本ケアになるわけです。

再発防止のカギは2つ

やはり進めたい根本治療

成人なら、ふつうの毛穴の大きさは角栓よりも大きいので、詰まることはまずありません。

ところが、男性ホルモンが多い状態では、毛穴が収縮してしまい、小さな角栓でも詰まってしまうのです。

さらに、角質層が乾燥すると肌バリア機能が低下します。そして、角質細胞が剥がれ落ちてしまい、その結果、角栓ができやすくなります。

こういったことから、根本治療の二つの柱は、男性ホルモンを抑制するホルモン治療と、肌バリア機能を回復させて、乾燥を防ぐ保湿ケアということになるのです。

ケミカルピーリング

外見的に肌をキレイにする

ケミカルピーリングは酸を塗布して角質を剥がす治療法です。これは、健康肌で、もともと肌質の強い人が、一時的なトラブルを解消するために行うものです。

なぜなら、肌バリア機能が一時的に壊滅するので、ニキビが多発する敏感肌の方には向いていないのです。

ニキビがなかなか治らないということは、すでに角質層の水分が失われています。そして、肌本来のバリア機能の低下は深刻です。

そこへ、フルーツ酸などを塗布して角質を剥がしてしまうと、弱まっているバリア機能が完全に破綻してしまう可能性が高くなります。

角質層を剥がしてしまうと、肌のバリア機能が一時的に大きく弱まってしまいます。したがって、ニキビなどの肌トラブルの再発率が高くなってしまうわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする