炊飯器の寿命は20年もつ?そろそろ買い替え時と言う時期に見えるサインについて | 楽しいことが一番大切

炊飯器の寿命は20年もつ?そろそろ買い替え時と言う時期に見えるサインについて

スポンサーリンク


日本の家庭で炊飯器が広く利用されていることをご存知ですか?実際、炊飯器は日本の家庭のほぼ90%以上でお馴染みの存在なのです。

これほど多くの家庭で愛用されている炊飯器の寿命はどの程度なのでしょうか?20年も持つのでしょうか?炊飯器の寿命については、あまり知られていないかもしれません。

寿命を気にせずに炊飯器を使用し続けると、お米が変な匂いを放ったり、味が悪くなったり、お米がパサパサになるなどの問題が生じることがあります。これらの兆候に気付いた場合、炊飯器を買い替える時期が近いかもしれません。

スポンサーリンク

炊飯器の寿命は20年もつのでしょうか?

多くの家庭で愛用されている炊飯器の寿命について気になりますよね。誰もが一度手に入れた炊飯器を長く使いたいと思うでしょう。
しかし、一般的に炊飯器の寿命は3年から10年程度です。内部の寿命は3年から5年で、劣化しやすいため寿命が短くなります。外部は内部よりも長持ちし、6年から10年程度と言えます。

内釜と外釜が同時期に購入されているのに、なぜ寿命に差があるのか疑問に思うかもしれませんね。内釜はお米を研ぐ際や、保温機能でご飯を温かく保つなど、内部での活動が頻繁であるため、寿命が短くなるのです。

確かに内釜は多忙な存在ですね。内外ともに平均寿命を考えると、約6年程度が炊飯器の寿命と言えるでしょう。

炊飯器も機械ですので、中には10年以上使用できるものもあります。しかし、補修用の部品は最終製造年から6年間しか提供されていないことから、一般的には炊飯器の寿命は6年程度と考えた方が無難です。補修部品が不足すると、修理が難しくなります。

スポンサーリンク

炊飯器の買い替えのサインは?

日々頼りになる炊飯器も、時間の経過とともに劣化し、いつか寿命が訪れます。寿命が突然訪れた場合、どうするでしょうか?
食卓に美味しいご飯を並べることができなくなったり、お子様がいるご家庭ではお弁当のご飯が必要になることもあるでしょう。そうした状況を避けるためにも、炊飯器の異変に気付きたいところです。

炊飯器の外観に変化が見られ、使用できなくなった場合、寿命が来たと判断しやすいでしょう。しかし、外観に変化がない場合は気付きにくいかもしれません。

しかし、炊飯器も劣化する過程で何らかの兆候が現れます。それは炊き上がったご飯に表れる買い替えのサインです。毎日使う炊飯器だからこそ、異変に気付くよう心がけましょう。

買い替えのサインとは?

炊飯器の買い替え時期に悩んでいる方、普段使っている炊飯器で異変を感じたことはありますか?例えば、お米が異臭を放つ、味が悪い、ご飯がベチャベチャになるなどです。

異変①:異臭

炊飯器から炊き上がったばかりのご飯は艶やかで、素晴らしい香りが漂います。これはうまくご飯が炊けた証拠ですね。この香りを嗅いだ瞬間、食欲が湧いてきます。

しかし、炊き上がったご飯から奇妙な臭いがする場合、どうでしょうか?おそらく、食欲が減退し、食べたいという気持ちも失せてしまうでしょう。

異変②:味の劣化

完璧に炊けたご飯は、何杯も食べられるほど食欲をそそります。これが美味しいご飯の証拠です。
しかし、炊飯器で炊いたはずのご飯が芯が残ったり、水の量を正確に入れたはずなのにベチャベチャになったりする場合、美味しいとは言えません。

異変③:ご飯が硬くなる

炊飯器には、炊き上がったご飯を温かい状態で保つための保温機能があります。これはいつでも温かいご飯が食べられるようにする素晴らしい機能です。

しかし、保温機能がお米を硬くカピカピにしてしまう場合、何か問題があるサインです。自宅の炊飯器でこれらの症状が見られないか、注意深く確認してみてください。

まとめ

美味しいご飯を日々楽しむために欠かせない炊飯器。一般的に、炊飯器の平均寿命は約6年ほどです。内釜の寿命は3年から5年で、外釜は6年から10年と長持ちします。

補修用部品の保有期間が最終製造年から6年となっていることから、炊飯器の寿命は6年程度と考えられます。異変に気付くことで、急な故障に対処できるでしょう。炊飯器の異常に注意し、美味しいご飯を楽しんでください。