世界3大ヴァイオリン、アマティがイタリアで生まれて名器になったわけ

アマティとは?

まさに美術品としてのヴァイオリン

ヴァイオリンの姿は、完成されたひとつの美術品のようです。それでいて、伸びやかで繊細な音色を奏でる、楽器なんですね。

そのヴァイオリンの名器として、アマティがあります。今も愛され続ける名器はどのようにして生まれたのでしょう。

アマティ一族とその弟子達

ニコロ・アマティ(1596年~1684)は、イタリアのヴァイオリン製作者として有名です。彼の祖父アンドレア・アマティはイタリアのクレモナで弦楽器製作の始祖的役割を果たしました。

アマティの作られたところは、北イタリアの町クレモナです。名器と言われるヴァイオリンが、十七世紀以降、この町でたくさん作られたのです。

そのなかでも、特にアマティ一族が作ったヴァイオリンは、別格の扱いを受けているそうです。これらの作品は、今もヴァイオリンの手本といわれているくらいです。

アマティ家はもとは地方の豪族で、アンドレア・アマティという人物が、ヴァイオリン型弦楽器を設計したレオナルド・ダ・ヴィンチに近い木工細工職人から製造技術を学んだと言われています。

アマティが名品と言われるわけ

ヴァイオリン製造技術を確立

アンドレア・アマティは史上最初のヴァイオリン製作者の一人と言われています。その二人の息子がそれを受け継ぎ、大成功を収めました。

この成功によって、アマティの名が世に知れるようになったのです。その孫のニコロ・アマティが、クレモナをヴァイオリンの一大生産地へと変えたのです。

さらにニコロ・アマティは多くの弟子を育て上げます。そして、多くの優れた職人を輩出させ、緻密なアマティのヴァイオリンが世界中に広まったそうです。

じつは、ピアノの前身のフォルテ・ピアノの開発も、ニコロ・アマティの弟子であるバルトオロメオ・クリストフォリという人物だそうです。

アマティのヴァイオリンの特徴

優しい音はアマティならでは

アマティには有名なヴァイオリン製作家が5人いるそうです。しかし、最も有名なのは、ニコロ・アマティの製作したもので、それをモデルにしたヴァイオリンもアマティといわれます

弾いたときの音色は、とても耳に優しい柔らかい音だと言われています。ただ、その分音量は少なくなってしまう欠点もあります。

ヴァイオリンの形状としての特徴は、丸っこい胴体、丸っこいf字孔、ふくらみの大きい胴体といったものが特徴だといわれています。

アマティのヴァイオリンの魅力

三大名器としてのアマティのヴァイオリン

アマティのヴァイオリンのうち、もっとも評価の高いのがニコロ・アマティの作品だと言われています。

彼は、ヴァイオリン製作を行ったアマティ一族の中でも、最も優秀な作家とされているそうです。

彼の楽器は、19世紀までは、状態よく保存されていたので、アントニオ・ストラディバリやジュゼッペ・デル・ジェスの楽器とともに、演奏家、収集家に認められていたそうです。

現在も世界三大ヴァイオリンとして、評価は高く、特に後年作った、353mm程度の若干大きい楽器は、グランド・アマティとして希少価値がついて、評価が高くなっているそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする