バイオリンの歴史を作った名器、アマティからストラディバリウスへ

アマティなしではバイオリンの歴史は語れない

美術品としてのバイオリンの源流

バイオリンの姿は、完成されたひとつの美術品のようです。それでいて、伸びやかで繊細な音色を奏でる、楽器なんですね。

そのバイオリンの名器として、アマティがあります。今も愛され続ける名器はどのようにして生まれたのでしょう。

アマティ一族が作り上げたバイオリンのスタイル

ニコロ・アマティ(1596年~1684)は、イタリアのバイオリン製作者として有名です。彼の祖父アンドレア・アマティはイタリアのクレモナで弦楽器製作の始祖的役割を果たしました。

アマティの作られたところは、北イタリアの町クレモナです。名器と言われるバイオリンが、十七世紀以降、この町でたくさん作られたのです。

そのなかでも、特にアマティ一族が作ったバイオリンは、別格の扱いを受けているそうです。これらの作品は、今もバイオリンの手本といわれているくらいです。

アマティ家はもとは地方の豪族で、アンドレア・アマティという人物が、バイオリン型弦楽器を設計したレオナルド・ダ・ヴィンチに近い木工細工職人から製造技術を学んだと言われています。

アマティが名品になったわけ

バイオリン製造技術

アンドレア・アマティは史上最初のバイオリン製作者の一人と言われています。その二人の息子がそれを受け継ぎ、大成功を収めました。

この成功によって、アマティの名が世に知れるようになったのです。その孫のニコロ・アマティが、クレモナをバイオリンの一大生産地へと変えたのです。

さらにニコロ・アマティは多くの弟子を育て上げます。そして、多くの優れた職人を輩出させ、緻密なアマティのバイオリンが世界中に広まったそうです。

じつは、ピアノの前身のフォルテ・ピアノの開発も、ニコロ・アマティの弟子であるバルトオロメオ・クリストフォリという人物だそうです。

アマティの特徴

アマティならではの優しい音

アマティには有名なバイオリン製作家が5人いるそうです。しかし、最も有名なのは、ニコロ・アマティの製作したもので、それをモデルにしたバイオリンもアマティといわれます

弾いたときの音色は、とても耳に優しい柔らかい音だと言われています。ただ、その分音量は少なくなってしまう欠点もあります。

バイオリンの形状としての特徴は、丸っこい胴体、丸っこいf字孔、ふくらみの大きい胴体といったものが特徴だといわれています。

アマティの魅力

三大名器に数えられるわけ

アマティのバイオリンのうち、もっとも評価の高いのがニコロ・アマティの作品だと言われています。

彼は、バイオリン製作を行ったアマティ一族の中でも、最も優秀な作家とされているそうです。

彼の楽器は、19世紀までは、状態よく保存されていたので、アントニオ・ストラディバリやジュゼッペ・デル・ジェスの楽器とともに、演奏家、収集家に認められていたそうです。

現在も世界三大バイオリンとして、評価は高く、特に後年作った、353mm程度の若干大きい楽器は、グランド・アマティとして希少価値がついて、評価が高くなっているそうです。

ストラディバリはアマティの弟子

バイオリンの名器として君臨する、ストラディバリウス

17世紀後半から18世紀にかけて、バイオリン制作者のアントニオ・ストラディヴァリによって製作されたのが「ストラディバリウス」です。

ストラディバリウスはまぎれもなく、数々の演奏家を虜にしてきました。そして、聴く者を魅了してきた、バイオリンの名器なのです。

クラシック音楽にあまり馴染みがない人でも、ストラディバリウスの名前は、一度は耳にしたことがあるはずです。

バイオリン一挺の価格が数億円はざらで、ときに10億円をゆうに越える値段がつく理由は何なのでしょうか。

名品と言われるわけ

バイオリニストのあこがれに

ストラディバリウスはバイオリニスト自身の心をつかむといわれています。それは、強い音が出ることだそうです。

特に、その特徴が顕著に現われるのは、大規模なコンサートホールで演奏したときだといわれています。

その音は、最後列の端に座っている人でも、はっきりと体で感じることができる程の音色を響かせることができるそうです。

ストラディバリウスは世界に約600挺あるといわれています。そこに共通して持っている特徴が強い音だということです。

音の強さや響き、届き方、個性といった、楽器を越えたものがあり、聴く人の心も演奏家たちの心もつかんでしまうわけです。

ただし、ストラディバリウスは演奏家を選ぶといわれています。腕が良く、さらに相性も合った演奏家が弾かないと、いい音を出してくれないそうです。

楽器としての特徴

大きな音が求められた時代

アントニオ・ストラディヴァリの手による弦楽器は「ストラディバリウス」あるいは省略して「ストラド」と呼ばれています。

ストラディバリの時代のバイオリンは今で言うバロック・バイオリンと呼ばれるものでした。

それは、主に室内楽に用いられたのですが、市民革命の後、音楽そのものが室内楽から、劇場における演奏会へと変わっていったのです。

そんな変化の中、19世紀になると、より大きな華やかな音が出るバイオリンが求められたというわけです。

既存のガット弦やバロック弓の使用を使用を前提としていた楽器も、改造され、ストラディバリウスもオリジナルから、バスパーやネックなどが改造されているそうです。

どこが魅力か

さまざまな演奏家を魅了

楽器そのものが勝手に音を出しているような、そんな錯覚を感じてしまうほどの奥深さがあると言われています。

何か、底知れない深みがあり、形のバランスも非常に美しく、均整のとれていて、美術作品のようなもののように見える言うわけです。

大ホールでオーケストラ相手に、一台のバイオリンが負けない、というのがストラディバリウスなんだそうです。

オールド・イタリアンの選び方の基本

演奏家がオールド・イタリアンを選ぶ時のセオリーがあるそうです。
1.ストラディヴァリが買えない時はガダニーニを買うと良い、それが買えない時はニコロ・ガリアーノを買うと良い。
2.ガルネリ・デル・ジェスが買えない時はロレンツォ・ストリオーニを買うと良い、それが買えない時はカルロ・ジュゼッペ・テスト―レを買うと良い。

こういったもの出そうです。それぞれの製作者の特徴と販売価格相場のヒエラルキーを表現しテイルと言えそうです。

オールド・イタリアンの販売価格相場

イタリアのオールド・ヴァイオリンの販売価格の相場は、現在1000万円を超えます。

ニコロ・アマティの弟子世代までが3000万円から1億円前後、ニコロ・アマティ―の孫弟子世代以降およびクレモナ以外のスクールでは1000万円から5000万円前後が一応の目安になるそうです。

ストラディヴァリとガルネリ・デル・ジェスは特別で、販売価格相場は最低で億単位からの取り引きです。

良質なオールド・イタリアンは、市場に出回ることが少なくなる一方だとかで、売り手市場の傾向を強めているのが現状出そうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする