日焼け止めのウォータープルーフ、利点と注意点とは?

強烈な日差し、紫外線の恐怖

日焼け止めなしでは過ごせない

紫外線は、肌の健康にとっての強敵です。焼けたまま放っておくと、シミや乾燥肌の原因になっていくと言われています。

そこで、必須アイテム、日焼け止めの登場です。ただ、夏の日差しで汗をかいて、日焼け止めが流れてしまっては大変。

そんなときに、うれしいのは、防水効果のある、ウォータープルーフの日焼け止めです。

ウォータープルーフの日焼け止めは海やプールといった夏のレジャーでとても役に立ちます。しかし、使った後の手入れも重要だと言うことを覚えておきましょう。

ウォータープルーフの日焼け止めの選び方

落ちにくい半面、落としにくい

ウォータープルーフの日焼け止めは、夏のレジャーやアウトドアスポーツなど、汗をかく場面ではとても重宝するはずです。

ただ、ウォータープルーフという特徴は、水や汗で落ちにくいという半面、デメリットとして、落としにくいということになります。毎日使うには、問題がありそうです。

使った後落としにくい

普通にお風呂で洗った位では落ちないし、クレンジングを使うと、肌が荒れてしまったりします。

じつは、ウォータープルーフにはシリコンが入っていて、肌への密着が強くなっています。そのために、落としにくいことになるわけです。

もし、洗い落とせないままにしておくと大変、肌荒れの原因になってしまうそうです。

乾燥肌が進む

乾燥肌ぎみの肌に塗ると、カサついてしまうことがあります。これは、ウォータープルーフの日焼け止めに入っているシリコンが肌を乾燥させて、ザラつかせてしまうからです。

そのために、保湿成分が配合されているものが多く出ていて、全部が全部、肌の乾燥につながることはないでしょう。

選ぶときの注意点

必要な条件を自分でチェック

ウォータープルーフの日焼け止めを選ぶときは、必ず以下の3つのポイントをチェックすることが大切です。

紫外線を防ぐレベル

日焼け止めには、紫外線を防ぐレベルとして、2つ表示されています。これは、SPFとPAというもので、紫外線をどれくらい防げるのかを示す指標になります。

SPF

肌を火傷させるのは、紫外線B波(UVB)というもので、これをどれくらい防げるかを10~50の数値で表わしています。

PA

肌を黒くするのは、紫外線A波(UVA)というもので、これをどれくらい防げるかを+~++++の4段階で表わしています。

SPFやPAのレベルが高いものは、紫外線を防ぐ力が強い半面、肌への刺激が強いものが多いといわれています。

そこで、日常生活では、SPFやPAの低いもの、外でレジャーを楽しむ時はSPFやPAの高いものを選ぶようにするのがいいそうです。

落としやすさ

ウォータープルーフタイプはシリコンのはたらきのせいで肌への密着が強いので、落ちにくいのが普通です。ただし、最近、石けんで落とせるものが出てきています。

美容成分

ウォータープルーフタイプの日焼け止めは、肌を乾燥させることが多いといえます。したがって、肌の保湿成分や美容成分が配合されているものが望まれます。

また、敏感肌の人には、オーガニックタイプのものがいいかもしれません。

使うときの注意点

時間が経てば、落ちていく

ウォータープルーフの日焼け止めは、汗や水に強いからと油断していけないようです。いくら水や汗に強いと言っても、時間が経てばおちてしまいます。

したがって、通常の日焼け止めと同じように2~3時間ごとに、塗り直すという作業は必要になるわけです。

SPFが高いからと油断しない

SPFが高くてもも2~3時間で塗り直すという作業は同じです。ウォータープルーフだろうが、SPFが高かろうが、やはり塗り直しは必要だと言うことです。

最強は「飲む日焼け止め」

日焼けを体内から和らげるためのサプリメントになります。水や汗で落ちる心配はないし、内側からなので、気持ちが楽というメリットがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする