糖質制限ダイエットでおからパウダーや酒粕の効果、頭痛イライラ解消

おからパウダがなぜダイエットに?

単におからを乾燥させたものじゃないの

みなさんは豆腐とおからの違いってご存知ですか?おからは豆腐をつくる過程ででてきた絞り出される副産物です。少ししっとりしていて軽い感じがします。

このおからを乾燥させたものがおからパウダーになります。乾燥おからはただおからの水分を飛ばしているのに対して、おからパウダーはその名の通り乾燥させたおからを粉砕してサラサラの状態のパウダーにしてしまったものになります。

おからパウダーをひとたび水分につけてしまうと4倍~5倍に膨れあがってしまいます。この習性を利用したのがおからパウダーダイエットです。

おからパウダーダイエットの効果

腸内環境を整える

おからには食物繊維が豊富にふくまれています。なので法内環境を整えてお通じの改善に効果があります。

また、おからの糖質の中にオリゴ糖が含まれているので悪玉菌を退治して善玉菌を増やす働きがあります。
お通じが改善されると体の中の老廃物が外に排出されるので新陳代謝が活発になって痩せやすくなるわけです。

さらにおからに含まれる食物繊維は水を含むと膨れるために満腹感が継続しやすく、ダイエットに大敵な空腹感を感じにくくなりダイエットにむいているというわけです。

おからパウダーダイエットの落とし穴

摂りすぎ注意!

おからパウダーに入っている食物繊維には腸内の環境を整えお通じを改善する効果がある反面、摂りすぎると逆にマイナスの効果が増えることになります。

たとえば体に必要なミネラル分を排出しすぎたり、体内の水分をおからパウダーが吸収しすぎてかえって便秘になってしまいます。

また、油分を含みやすい特性をもっていることからマヨネーズや油と一緒にとってしまうと思った以上に脂質を吸収してしまうことになってしまいます。

なので1日の目安の量は50グラムを限度に節度をもって摂取するようにしましょう。

やり方を守って美BODYに!

なにごとも摂りすぎは×

痩せるからといってそればかり食べるのは逆に体にはよくありません。このおからパウダーダイエットもそうです。

1日の摂取量をまもらなければ逆に太りやすい体をつくってしまうことになります。痩せる体をつくるのは一朝一夕にはできません。毎日続けることが大切なのです。

ダイエットもやり方を守って毎日コツコツダイエットを行い美BODYに近づいていきましょう!

大注目の酒粕

酒粕の正体

今、ダイエットの世界でも、栄養価的にも大注目されているのが酒粕です。スーパーでも酒粕を取り扱っているお店が増えてきました。では、この酒粕とか、一体何なのでしょうか?

酒粕とは、清酒を作る際に原料を絞った残りかすです。清酒の原料は、お米やこうじ、酵母などがあります。酒粕には、搾りかすとはいっても、それらの栄養分が残っているのです。

酒粕の栄養分としては、炭水化物の他、タンパク質や食物繊維が豊富に含まれています。またナイアシンや葉酸などのビタミンも豊富です。またアミノ酸は、様々な種類のアミノ酸が含まれています。

酒粕ダイエットのキーパーソン

レジスタントプロテインとは

レジスタントプロテインという言葉は、耳慣れない言葉だと思います。栄養価が高い酒粕にダイエット効果があるのは、このレジスタントプロテインのおかげなのです。

食物繊維がダイエットに有効なのは有名です。食物繊維は、体内で吸収されることなく、排泄されます。その際、便秘の解消の効果も発揮するため、ダイエット効果があるとされているのです。

レジスタントプロテインも、食物繊維と似たような性質を持ちます。タンパク質の一種でありながら、体内では消化吸収されにくいのです。

食物繊維と同じように便秘解消の効果がある他、コレステロールの値を下げる効果も確認されています。

このレジスタントプロテインのおかげで、栄養価の高い酒粕が、ダイエット効果の高い食品との評価を受けているのです。

レジスタントプロテインを多く含む食品

そばや大豆も

レジスタントプロテインを多く含む食品は、酒粕だけではありません。酒粕は、アルコール分を含んでいるため苦手という人もいるでしょう。

そこで、酒粕以外に、レジスタントプロテインを多く含む食品を紹介したいと思います。

お蕎麦には、レジスタントプロテインが多く含まれています。蕎麦タンパク質は、血中のコレステロール値を下げる効果があることが確認されています。

大豆の中にも、レジスタントプロテインが含まれています。大豆タンパク質は、コレステロール値を下げる効果があると言われていましたが、これは大豆タンパク質に含まれるレジスタントプロテインの働きです。

大豆製品の中でも、特に凍り豆腐にはレジスタントプロテインが多く含まれているそうです。

ダイエットにも効果抜群

おススメの酒粕料理

酒粕料理といえば、甘酒を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。しかし、甘酒には砂糖が大量に含まれているので、ダイエットにはおススメできません。

酒粕料理でおススメなのは、やはり粕汁でしょう。レンコンやゴボウなど、食物繊維を大量に含む根野菜と一緒に食べることで、一層、ダイエット効果を上げることができます。

また酒粕を水でペースト状に伸ばし、塩で味をととのえた粕こうじは、肉料理や魚料理に威力を発揮する調味料となります。

肉を炒める時、魚を焼く時に表面に塗るだけで酒粕を摂取できるようになります。是非、お試しください。

糖質オフの食材が次々登場

糖質制限を始める前に

経口血糖降下剤やインスリン注射をしている人や、腎機能障害、活動性すい炎、肝硬変などの病気を持つ人が糖質制限をすると、とても危険だと言われています。

それは、糖質制限を行う事で、低血糖状態になってしまう事があるそうです。きちんと医師と相談する必要があるわけです。

糖質とは?

甘いものだけが糖質ではない

普通、糖質と言うと甘いものを思い浮かべる人が多いと思いますが、実は、それだけではありません。

米やパン、麺類、餅、煎餅、シリアル、トウモロコシといった穀物由来のもの。ケーキ、まんじゅうなどの甘いもの。ジュース、

さらに、ジャガイモやニンジンなども糖質の多い野菜です。そして、果物や蜂蜜、天ぷらなどの衣も糖質です。

糖質は炭水化物の一部

二つの要素からなる糖質

炭水化物とは、人が消化吸収できる「糖質」と消化できない「食物繊維」の二つから成り立っているそうです。

この炭水化物は人の体の重要なエネルギー源の一つになることはもちろんですが、脳や神経の活動をも左右するとても大切なエネルギー源にもなるのです。

ということは、制限は行わない方がいいのでは、と思うはずです。要するに、バランスの良い食事を行う事だと想像できるはずです。

なぜ糖質制限ダイエットを行うのか?

二つの理由とは

1.脂肪を減少させる

糖質を制限すると、体内にある中性脂肪がエネルギー源として利用されます。体のなかで糖が足りなくなると、体内に蓄積されていた中性脂肪が分解されるので、結果的に脂肪の減少につながります。

2.血糖値の上昇を抑える

糖質を制限すると血糖値の上昇が抑えられます。それによって、血糖値の上昇に比例して分泌されるホルモン「インスリン」の分泌も抑制されることになります。

インスリンの分泌量が少なければ、それだけ糖が脂肪細胞に取り込まれなくなります。その事で痩せやすくなるといわれています。

糖質制限の効果

即効性のあるダイエットに

糖質を制限すると上記でも説明した通り、インスリンの分泌量が抑えられます。そん結果、より痩せやすくなるということです。

また、高血糖、脂肪異状、肥満といった症状の改善、アンチエイジングや美肌の効果、貧血改善といった効果があると言われています。

糖質制限ダイエットのデメリット

別の栄養を取りすぎる

糖質を抜くとその分、他の栄養素で補う事になります。普通、糖質は一般的に私達が一日でとる栄養素のうち50〜65%のエネルギー源になります。

それを制限するとなると、ほかの栄養素で補おうということになります。例えばタンパク質で補うと、内臓疲労や尿路結石、そして腸内環境の悪化にもつながるそうです。

また、脂質で補うと、脂質のとりすぎによって、肥満や脂質異常症を引き起こすことになるそうです。

さらに、脂質のとりすぎが突然死の原因にもなります。肥満や脂質異常症を長く放置していると、動脈硬化が進むことになります。

その結果、狭心症や心筋梗塞などの心疾患、脳出血や脳梗塞などの脳血管疾患を引き起こす原因になってしまうわけです。

糖質オフの食材が次々登場

糖質制限を始める前に

経口血糖降下剤やインスリン注射をしている人や、腎機能障害、活動性すい炎、肝硬変などの病気を持つ人が糖質制限をすると、とても危険だと言われています。

それは、糖質制限を行う事で、低血糖状態になってしまう事があるそうです。きちんと医師と相談する必要があるわけです。

糖質とは?

甘いものだけが糖質ではない

普通、糖質と言うと甘いものを思い浮かべる人が多いと思いますが、実は、それだけではありません。

米やパン、麺類、餅、煎餅、シリアル、トウモロコシといった穀物由来のもの。ケーキ、まんじゅうなどの甘いもの。ジュース、

さらに、ジャガイモやニンジンなども糖質の多い野菜です。そして、果物や蜂蜜、天ぷらなどの衣も糖質です。

糖質は炭水化物の一部

二つの要素からなる糖質

炭水化物とは、人が消化吸収できる「糖質」と消化できない「食物繊維」の二つから成り立っているそうです。

この炭水化物は人の体の重要なエネルギー源の一つになることはもちろんですが、脳や神経の活動をも左右するとても大切なエネルギー源にもなるのです。

ということは、制限は行わない方がいいのでは、と思うはずです。要するに、バランスの良い食事を行う事だと想像できるはずです。

なぜ糖質制限ダイエットを行うのか?

二つの理由とは

1.脂肪を減少させる

糖質を制限すると、体内にある中性脂肪がエネルギー源として利用されます。体のなかで糖が足りなくなると、体内に蓄積されていた中性脂肪が分解されるので、結果的に脂肪の減少につながります。

2.血糖値の上昇を抑える

糖質を制限すると血糖値の上昇が抑えられます。それによって、血糖値の上昇に比例して分泌されるホルモン「インスリン」の分泌も抑制されることになります。

インスリンの分泌量が少なければ、それだけ糖が脂肪細胞に取り込まれなくなります。その事で痩せやすくなるといわれています。

糖質制限の効果

即効性のあるダイエットに

糖質を制限すると上記でも説明した通り、インスリンの分泌量が抑えられます。そん結果、より痩せやすくなるということです。

また、高血糖、脂肪異状、肥満といった症状の改善、アンチエイジングや美肌の効果、貧血改善といった効果があると言われています。

糖質制限ダイエットのデメリット

別の栄養を取りすぎる

糖質を抜くとその分、他の栄養素で補う事になります。普通、糖質は一般的に私達が一日でとる栄養素のうち50〜65%のエネルギー源になります。

それを制限するとなると、ほかの栄養素で補おうということになります。例えばタンパク質で補うと、内臓疲労や尿路結石、そして腸内環境の悪化にもつながるそうです。

また、脂質で補うと、脂質のとりすぎによって、肥満や脂質異常症を引き起こすことになるそうです。

さらに、脂質のとりすぎが突然死の原因にもなります。肥満や脂質異常症を長く放置していると、動脈硬化が進むことになります。

その結果、狭心症や心筋梗塞などの心疾患、脳出血や脳梗塞などの脳血管疾患を引き起こす原因になってしまうわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする