Linuxの誕生と発展の歴史、そのすばらしさ

Linuxの歴史、UNIX以前

OSのはじまり

1960年代、OSが誕生するまでは、コンピュータにOSという考え方は存在していなかったようです。

今のコンピュータは、OSが通訳の役割をして、アプリケーションをはたらかしているのです。

いろいろなコンピュータでの違い、例えば、メモリやCPUの違いといったものもOSが間に入って、問題が起こらないようにしているわけです。

OSが誕生するまでは、必要に応じて、コンピュータを設計しているような感じだったようです。

計算用なら計算用、事務処理用なら事務処理用というふうに、それぞれのようとの応じて作る感じだったわけです。

しかし、これは、効率が悪く、コンピュータの発展にはつながらない事態だったようです。

そこで、登場したのが、OS=オペレーションシステムで、開発したのはIBMだったのです。

それ以前にもOSに近いものはあったようですが、まだまだ発展途上で、それを実用化して、市場に出したのがIBMだったわけです。

最初のOSはIBM System/360だといわれています。そして、ここからOSは急速に発展していくことになるのです。

UNIXの誕生

Multicsの失敗から生まれた

じつは、IBMよりも先に、アメリカのベル研究所で、MulticsというOSが作られていたということです。

これは、多機能のOSで、現在のコンピュータにもつながるような、画期的なものだったと言われています。

ただ、機能が多すぎたためか、発想が先進的すぎたためか、当時のコンピュータの能力では遅すぎて、役に立つレベルにはならなかったそうです。

Multicsは失敗に終わりましたが、その開発に関わっていたベル研究所のケン・トンプソンは、この失敗を教訓として、新しいOS、UNICSを開発したのです。

MulticsというOSからmult=複数を省いて、uni=単独で動くように工夫したというこの作品は見事に成功します。

Multicsの失敗から学んで、よりシンプルで小さなOSを作ったことが、それからのパソコンの歴史を変えていくことになったわけです。

UNIXが配布された経緯

AT&Tという会社はアメリカの電話会社ですが、もとは電話の発明者であるグラハム・ベルが創立した会社です。

UNIXを開発したベル研究所も、AT&T社に属していたわけです。このAT&T社は、その当時、独占禁止法によってコンピュータ産業への進出が禁止されていたそうです。

そのため、ベル研究所はUNIXを作っておきながら、UNIXを販売できず、ほぼ実費で色々なところに配られることになったわけです。

最も普及したのが、大学や研究所だったようです。また、ソースコードも公開されていたので、様々な派生版のUNIXが誕生したということでした。

UNIXの覇権争い

標準OSの地位を獲得できず

こんな経緯から、派生版のUNIXがたくさん作られて、まとまりがなくなってきたので、AT&T社は、AT&Tと契約を結んだものだけがUNIXを名乗れるようにします。

1985年から1995年までの10年間に、多くの会社がUNIXマシンを製造していきますが、覇権争いが激化し、足を引っ張り合う状態になっていったようです。

そんななかで、シェアを獲得したのは、Microsoft社のWindowsで、すべてのUNIX系OSを出し抜き、標準OSの座を手にいれてしまったわけです。

Linuxの誕生

似ていて否なる新しいOS

Linuxは、1991年に開発されました。開発したのは、当時、大学生だったリーナス・トーバルズで、フィンランドのヘルシンキ大学でした。

リーナス・トーバルズは、学校で使ったUNIXの機能に不満があり、自分で改造してしまったそうです。

ただ、それは、改造というより、もはや作り変えのレベルだったようです。改造した部分だけで、動いてしまうレベルだったそうです。

著作権の問題もあって、別物を作った方がいいと思った結果出来上がったのが、Linuxです。

リーナス・トーバルズは天才といってもいい人物で、彼はLinuxの発明だけでなくGItというバージョン管理ソフトも作っているそうです。

このGitも、多くのIT企業に普及していて、バージョン管理のスタンダードとして普及しているそうです。

Linuxの成長

Linuxはリーナス・トーバルズの勉強の過程で開発されたものなので、多くの人に見てもらって、アドバイスをして欲しいということでソースを一般公開したのです。

そのとき、オープンソースライセンスがついた状態で公開されたのが、1991年のLinux version 0.02です。

わずか2年の間で実用版のver1.0がリリースされ、1995年以降、IBMやHP、インテルなどのプログラマーも参加してきます。

2000年代になると、欧州で政府機関に取り入れられ、2010年代からはサーバーで圧倒的なシェアを獲得するようになったというわけです。

2011年から2014年にかけての、企業におけるLinuxの導入率は65%から79%に増加していますが、Windowsの導入率は45%から36%に減少しているそうです。

また、スマートフォンにつかわれているAndroidも、元はといえば、Linuxで、今後もLinuxのシェアが伸びることは間違いないようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする