関節リウマチの原因と種類、初期症状の診断基準、困難な治療方法 | 楽しいことが一番大切

関節リウマチの原因と種類、初期症状の診断基準、困難な治療方法

関節リウマチは自己免疫疾患、関節で炎症

晴れや痛みが半端ない

歳を重ねると、あそこが痛いここが痛いと…よく聞きますよね(笑)

私もあちこち痛みます(笑)

いろいろな原因がある中で多く耳にするのが、関節リウマチではないでしょうか。

関節リウマチというのは、関節が炎症を起こし軟骨や骨が破壊されて関節の機能が損なわれ、放っておくと関節が変形してしまう病気で、自己免疫疾患のひとつです。

関節の腫れや激しい痛みを伴い、関節を動かさなくても痛むのが特徴です。

免疫が暴走する?

本当の原因は何?

この関節リウマチの原因と言われているのが、免疫の異常です。

自己免疫の働きに異常が生じるために、誤って自分自身の細胞や組織を攻撃し、それによって炎症、腫れ、痛みとなって表れるようです。

そして、まだはっきりとはわかっていないようですが、遺伝的因子(体質)や複数の環境因子が関係するとも言われています。

30代から50代の女性に多く、主な症状としては、関節の痛みや腫れです。

そしてそれ以外にも、だるい、疲れやすい、貧血、食欲がない、目や口の乾き、リンパ腺の腫れなどの全身症状が現れることもあるようです。
また、大きな特徴として、「手のこわばり」があります。

これは、朝起きてから30分以内くらいによく表れやすく、日中は比較的落ちつくようです。もしこのサイン「手のこわばり」が続くようなら、一度受診されることをおすすめします。

食事療法がいいと言われているわけ

免疫力・筋肉量を高めるために

予防できるのが一番ですが、関節リウマチと診断されてからでも食事に気を付けることで進行を抑え、下がってしまった免疫力を高めることは出来ます。

また、痛みや腫れの苦痛により食欲が落ちてしまう人が多いのですが、体力や筋肉量を維持し、合併症を予防するためにも毎日の食事には気を付けたいものです。

まずは「たんぱく質」これはぜひ魚から摂取したいものです。

イワシやさんま、サバなどの青魚には「オメガ3不飽和脂肪酸」が多く含まれ、炎症や血管障害を抑える可能性があると言われているので、積極的に摂りましょう。

また、関節が弱くなり、運動不足やステロイドの長期使用などによって骨粗しょう症になりやすくなるので、吸収を助ける作用のあるビタミンDとともにカルシウムを摂りましょう。

カルシウムを多く含むと言われている乳製品や小魚、ほうれん草などの緑黄色野菜、ヒジキなどの海藻類とともに、ビタミンDが豊富なきのこ類を合わせて頂くのが良いでしょう。

免疫力アップに必要不可欠なのが食物繊維

これが腸内環境を整えてくれることにより免疫力を高め、病気になりにくい身体にしてくれるのです。

今まで関節リウマチというのは、症状を和らげるといった治療しか出来なかったのですが、医療の進歩により、進行を抑え発症前とほとんど変わらない生活を送ることが出来る「寛解」を目指せるようになっています。決して治らない病気ではないのです。

また、さきほどの食事を普段から心がけて摂取していた人は、そうでない人に比べて関節リウマチの発症が少なかったという報告もあるようです。

暴飲暴食を控え、普段から食事に気を付けて、ぜひ健康寿命を延ばしましょう。

関節リウマチは、関節が炎症を起こし、軟骨や骨が破壊されて関節の機能が損なわれ、放置しておくと関節が変形してしまう恐ろしい病気です。その患者数は日本全国で70万人以上いるとも言われています。

関節リウマチを発症する年代は30代から50代で、男性よりも女性が多く発症する傾向にあります。その男女比は約1対4と言われています。60代になって発症するケースもあるようです。

未だにハッキリしていない関節リウマチの原因

関節リウマチの原因について

関節リウマチの原因については、色々と研究が進んでいますが、現時点ではハッキリとしていません。

一説には細菌やウイルスから体を守る仕組みの免疫機能が異常を起こして関節を守る組織や骨、軟骨を攻撃して発症するのではないかと言われています。しかし、なぜ免疫機能が異常を起こすかについてはわかっていません。

ストレスが原因とする説や過労が原因とする説、何らかの感染が源とする説など様々ですが、まだこれといった原因は特定できていません。

原因が特定でいないということは、有効な治療法がないということです。そんな中でも、症状を軽減してその状態を維持する治療法が確立されてきています。数年目に比べると、格段に進化しているのです。

症状が軽減して安定している状態を寛解と言います。この寛解状態を維持することが関節リウマチ治療の最終目的と言うことになります。