UnixとLinuxの違いとは何か、生まれた歴史、二つの関係と特徴

UnixとLinuxはどう違うのか?

基本的な役割は同じようなもの

UnixもLinuxも、どちらもコンピュータの土台となっているOSであることは誰でも知っていることだと思います。

では、なぜ、同じようなはたらきをするのに、大きな2つのものが存在しているのでしょうか。

もともと、UnixとLinuxは親戚のような関係です。ただし、そこには、直接的なつながりはないといえそうです。

それは、LinuxがUnixを参考にして作られたと言うことをいっているわけです。ようするに、似てはいるけれども、作品としては、オリジナルなもの、ということになります。

そして、UnixとLinuxのもっとも大きな違いは、存在形態にあるといえそうです。

Unixは企業が開発したもので、知的財産権も企業が持っています。それに対して、Linuxはオープンソースで、基本的には無料、改変も配布も自由ということです。

Unixとは

初めて誕生したOSの直系

UnixはOSというものが誕生した歴史のその直系の存在にあたります。そして、現存するものとしては、もっとも古いOSになります。

そして、それを土台にして、さまざまなOSが作られていったという経緯もあります。安全性が高く、余計な機能が少ないので軽く、サクサクと動くと言う特徴があります。

基本的には、コマンド画面で操作し、そのコマンド画面が、Unixのイメージとして定着しているかも知れません。

じつは、アップルのMacOSも実際は、コマンドで動いていて、中身はUnixから生まれたものなのですが、あまり知られていません。

Unixは、今でも独自の進化を遂げています。そして、企業内での活用や、カーナビや携帯電話といったものに活用されているそうです。

UnixとLinuxの関係とは?

画期的なOS、Unix

さて、Unixは、1969年にアメリカのベル研究所で開発されたものです。まだ、OSという概念はなく、最初に作られたのは、MulticsというOSでした。

しかし、これは当時のPCの能力では十分はたらかないもので、その反省を元に作られたのが、UNICSというOSだったそうです。

機能を削って、軽く動くように工夫した画期的なOSで、Multiに対して、Uniというわかりやすい名前が付けられたわけです。

当初、Unixは法的な問題もあって、世界中に公開されていましたが、多くの種類のUnixができたことで、混乱が起こり、それを防ぐために、ライセンス契約へと移っていったそうです。

Linuxとは?

ゼロから開発されたOS

LinuxもOSです。UNIXの標準仕様に準拠しているためUNIX系OSと呼ばれています。そして、色々なところで使われていますが、OSとしては、コマンド画面が原点です。

とても安定していて、さらに費用がかからないという特徴があります。このLinuxも色々なところで使われています。たとえばAndoridのスマートフォンはLinuxだそうです。

Linuxが誕生したのは、UNIXには先ほどの経緯でライセンス契約という縛りがあったので、さまざまな開発の過程で摩擦を生じるようになってきます。そこで登場したのがLinuxだということです。

フィンランドの天才大学生、リーナス・トーバルズが発明したLinuxは、Unixの基本は踏襲しつつも、独自に開発したものでした。

見た目や機能は確かにUnixに似ているのですが、実際の中身はリーナス・トーバルズのオリジナル作品だそうです。

同じ方法ではないので、著作権には引っかからないので、また、リーナス・トーバルズはこのコードを無料で公開して、自由に使えるようにしたわけです。

すると、世界中のエンジニアがLinuxを最高のものにするために、力を合わせて改良を重ね、高性能OSとしてLinuxの地位が確立されていったということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする