すごい!アドレナリンやドーパミン、βエンドルフィンと依存症の関係

限界を突破するアドレナリン

極限状態で働いて、信じられない力が出せる

火事場の馬鹿力、という言葉があります。これは、普通の状態では到底できないことであっても、極限状態に追い込まれると、凄まじい力が発揮できてしまうということです。

実はこの状態では、アドレナリンというホルモンが大量に分泌されていることがわかっています。

一般に、アドレナリンは興奮した時に分泌されているイメージですが、人の持つ可能性を伸ばしたり、限界を超えたパフォーマンスを発揮させてくれる作用もあるわけです。

自律神経との深い関係とは

元は危機回避のためのホルモン

アドレナリンは自律神経の交感神経が優位になっている時に分泌されます。この状態は、緊張して、興奮しているそうです。

自律神経は大きく分けると、交感神経と副交感神経という2つに分けられ、交感神経が緊張や興奮した時に働き、副交感神経はリラックスした時に働いて、体を健康に保っているわけです。

緊張しながらリラックスはできないのは、この2つの神経が同時には働くことがないからです。

そして、交感神経が活発化するときは次のような場面です。

・恐怖や不安を感じた時
・緊張や興奮状態になった時
・空腹時
・運動をしている時
・怒っている時、悲しい時

こんな時に、交感神経が興奮して、命の危機を感じた時や闘争か逃走かという選択を迫られた時にアドレナリンが分泌されます。

この、危険から身を守るという感覚は、一種の麻痺に近い状態なのです。アドレナリンは生存本能そのものだと言われています。

また、アドレナリンが大量に分泌されているときは、人間は3大欲求である、食欲、睡眠欲、性欲をも制限してしまうほど強い作用があるそうです。

アドレナリンが分泌される条件

鍵となっているのがストレスです。アドレナリンはストレスに反応して分泌されているということです。生き物にとってのストレスというのは、飢餓や敵に襲われるなど、生命の危機に関わることを言います。

要するに、アドレナリンの本来の働きというのは、生きるか死ぬかの危機に瀕した時に、生き残るために分泌されるホルモンだということなのです。

大昔の人類は、常に危機や脅威に囲まれて生活していたので、それが絶対的に必要なものだったと言われています。

しかし、現代人の場合は生命の危機に瀕することほとんどありません。現代人のストレスの原因は人間関係、仕事、お金などです。

普通、ストレスと聞くと、生命の危機というよりは、イライラ、不安、恐怖、緊張といった感情を伴うものですが、実は、このようなストレスでもアドレナリンは分泌されているそうです。

人間は持てる力をセーブしている

リミッターをアドレナリンが外す

人は、普段は持っているすべての力を使わないで生活しています。その理由は、いつも身体や筋肉を限界まで酷使していると、体の方が耐えきれなくなるからです。

要するに、無意識のうちに、脳はリミッターをかけていて自分自身のことを守っているわけです。

危機的状況に追い込まれたりすると、アドレナリンがたくさん分泌されますが、これが、リミッターが外れた状態だということです。

また、意図的にその状態に近づける方法の1つに、大声で叫ぶというのがあります。これは、スポーツ選手が、何かを決めようとする時に、大声で叫んだりします。

しかし、大声でシャウトするくらいでは、リミッターを外すことはなかなかできません。本当の火事場の馬鹿力のような状態を、意図的に作るのは難しいそうです。

アドレナリンの効果

メリット

筋力が向上

アドレナリンが分泌されると血管が拡張して、筋肉への血流が増加します。その結果、筋肉が多くのエネルギーを生み出すことができ、運動能力が向上するというわけです。

心臓の動きが活発になる

アドレナリンによって、心筋が収縮力を増し、脈拍が速くなって、運動による血液増加にも対応できるようになるそうです。

呼吸効率が上昇する

アドレナリンの分泌が、気道を拡張し、呼吸は速くなります。その結果、体内の酸素量が増えてたくさんの空気が肺に取り込まれ、長い時間活動できるようになります。

血糖値が上がる

アドレナリンの分泌によって、肝臓や筋肉に蓄えられていたグリコーゲンが分解され、血糖値が上がります。その結果、脳の覚醒が保たれ、集中力や判断力が高丸と言われています。

脂肪燃焼を促進

脂肪細胞にあるアドレナリン受容体が全身のエネルギーに必要な脂肪酸をつくります。そのため、脂肪細胞の燃焼が進無というわけです。

代謝が上がる

アドレナリンによって筋肉の血流が増え、エネルギー消費が増え、熱を生み出して、体温が上がる事になります。その結果、発汗が増え、代謝が上がるわけです。

鎮痛作用

アドレナリンの受容体は痛みを抑制します。闘って生き残らなければいけないという危機的状況では、痛みは不要になり、たとえ骨が折れていても、体が動く事になります。

デメリット

血行が悪くなる

思考や行動する運動能力に重要ではない皮膚などの末端部分は血管が収縮して、血流が制限されるそうです。

長時間ストレスがかかる状態で、アドレナリンが分泌され続けると、血行不良が起こり、冷え性、抜け毛などの症状が起こると言われています。

内蔵機能の低下

アドレナリンが分泌されると胃や腸などの筋肉は弛緩します。そのため、消化や吸収、排便などの機能が低下するそうです。また、腎臓の機能も制限され、利尿効果も低下します。

疾患につながる危険性

血圧や脈拍が上昇するので、高血圧や心臓病が悪化したり、血糖値が上がるため糖尿病が悪化することもあります。

常に興奮状態なので、自律神経のバランスが崩れ、自律神経失調症へとつながる可能性もあるそうです。また、脳への血流が増えて混乱し、パニック症状を引き起こすとも言われています。

依存性がある

何かしなければと焦ったり、ストレス状態を自分で作って頑張ろうとします。そして、アドレナリンを放出させることのできる状態を自ら作り出そうとするわけです。

そういうことを繰り返しているうちに、アドレナリンを作っている副腎が疲弊してしまいます。やがて、心も体も疲れてしまい、無気力になるということも起こり得ます。

なぜかやる気スイッチが入らない時

気になるのは、その意欲はどこから湧いてくるのか

・やらなくちゃいけないんだけど
・集中力が持続しない
・意欲の前に、めんどくさい。

実は、これらは、みんなドーパミンというホルモンが関係していると言われています。さらに、お酒やタバコ、ギャンブルなどがやめられないことにも深く関与しているそうです。

「ドーパミン」というホルモンが、人のやる気や意欲に深く関係していることがわかりましたか。

脳内ホルモンと言われる神経伝達物質

ドーパミンは三大神経伝達物質の一つです

脳の中で、神経の働きに深く関与する物質の一つがドーパミンです。これに加えてセロトニン、ノルアドレナリンの三つが心身に大きな影響を与える、三大神経伝達物質です。

感動したり、嬉しいと喜んだり、その時の脳は大量のドーパミンが出ていると考えられます。そういう、ご褒美になる「報酬系」と呼ばれる神経伝達物質なんです。

これは、人が生きるための意欲をつくり出すホルモンになり、たくましく生き抜くために必要なホルモンとして、長い歴史の中で重要な役割を果たしてきたのです。

ドーパミンが分泌されているのは次のような場合だそうです。

・意欲的に頑張る
・やりきって嬉しい
・褒められて嬉しい
・素晴らしい音楽に感動する

このような、気持ちがいい、気分がいい、爽快な気分になると言った時にドーパミンが分泌されてい流というわけです。

人はこの快感を求めて、無意識的に、ドーパミンが分泌されるようなことをしたいという欲求が生まれてくると言われています。

そのために、成功したり、褒められたり、感動したりすると、その感情と一緒にドーパミンが出て快感を得るので、その快感や報酬を繰り返し得たいと思い、意欲が生まれるわけです。

ドーパミンがもたらす効果

気分良く生きるための不思議なホルモン

ドーパミンがもたらすものには、次のようなものがあると言われています。

・学習能力の向上
・記憶力、集中力の向上
・疲労感の減少
・抗ストレス作用
・運動機能の制御

このような効果があるそうです。

1.ストレスとの関係

日頃感じるストレスも、実はドーパミンと深い関係があると言われています。人はストレスを感じると、コルチゾールというストレスホルモンが分泌されます。

このホルモンによって、不快感を感じてしまうと言われています。要するに、快感を生み出すドーパミンとは真逆なわけです。

そして、このコルチゾールが分泌されるとドーパミンの分泌が低下し、逆に、快感を感じているときは、このストレスホルモンが分泌されないことになります。

つまり、ドーパミンの分泌が、ストレスの悪影響を少なくしてくれるというわけです。

2.ドーパミンの強化学習

ドーパミンによって過去の体験から、快感を得ることができる経験を記憶して、それによって、次の行動に活かすことができるそうです。

要するに、ドーパミンが出る直前に行っていた行動を、学習することで、やる気が出るとか、うまくなるなどの効果があるといわれています。

勉強をする時、好きな科目ではやる気もわいて、点が伸びるのに、苦手な科目はやる気もわかないし、なかなか点がとれないということになるわけです。

好きな科目では意欲的に取り組むので、点が伸びて快感を得ることになり、それが嬉しくてまた意欲的に取り組むという、連鎖ができるということです。

3.ドーパミンと依存症の関係

ドーパミンの分泌は快感を感じるので、意欲につながりますが、この快感は依存症や中毒につながる可能性があ流ということなのです。

人はドーパミンが分泌された経験を記憶して覚えているので、その快感をもう一度感じたい、繰り返し手に入れたい、という衝動がうまれることになります。

この時、衝動が満たされないとドーパミンが分泌されないので、ストレスが生じます。これが、依存症につながっていくプロセスです。

例えば、タバコを吸うとニコチンによってドーパミンが分泌されますが、ニコチンがなくなると、イライラしてきて、タバコが吸いたいという衝動になっていきます。

また、ギャンブルでは、負けると、もうやめようと思うことがあったとしても、しばらくすると勝ったときの快感を思い出してしまい、その快感を求める力に勝てなくなります。

ドーパミンが分泌されたときはストレスが減り、分泌されていないとストレスが増すということが繰り返されて、より強い衝動を求め依存症になっていくわけです。

4.ドーパミンと睡眠の関係

ドーパミンが過剰だと不眠になるそうです。それは、ドーパミンの持つ、強い覚醒作用によるものです。普通は、夜になると、ドーパミンの分泌は抑えられるのですが、ストレスによって自律神経が乱れドーパミンがでます。

ドーパミンが不足すると過眠になるそうです。本来なら覚醒している昼の時間になっても交感神経が刺激されないと、ドーパミンの分泌が不足し、ドーパミンの覚醒作用が機能しなくなります。

5.ドーパミンとやる気

ドーパミンが快楽に関係していますが、やる気にも強く関係しているということです。それは、目的の達成や悪い結果を避けるために行動させるという、やる気が出る効果です。

ドーパミンをたくさん出すには

新鮮で刺激的なことが効果的

新しいこと、初めてのこと

ドーパミンは、新しい刺激や初めての行動と言った、新鮮な刺激の方が効果的だと言われています。また、マイナス思考よりはプラス思考の方が、ドーパミンの分泌が増えると言われています。

小さな発見

何かを発見したり、インスピレーションがひらめいた時、ドーパミンが分泌されるそうです。違う道を歩いてみたり、新しいお店を見つけたり、そんな新しい発見がドーパミンの分泌につながるそうです。

運動

体を動かすとドーパミンが分泌されます。継続して運動するとより効果的だそうです。また、結果が出たり、目標ができるとやる気が出るというのもドーパミン効果です。

成功体験

日常の中で短期的な目標を設定して、達成することで成功体験が増し、ドーパミンの分泌へとつながるわけです。

毎日、記録することで、順調だからこの調子で行こう、といったことで続けることに意欲を感じるようになるのもドーパミン効果です。

習慣

人は、経験からやりがいである、報酬を感じて、ドーパミンを分泌しますが、このようなドーパミンがでるような習慣をつければ、あとは脳が勝手にやってくれるということです。

βエンドルフィンはすごい

モルヒネと同じ?

βエンドルフィンは、モルヒネと同じような作用をする物質なので、脳内麻薬などと言われることがあります。

もともと、βエンドルフィンは、子牛や豚の脳から発見されたそうです。言葉の意味は、体内で分泌されるモルヒネだそうです。

βエンドルフィンには、モルヒネの数倍の鎮痛効果があって、気分が高揚したり幸福感が得られるという作用が特徴です。

快感、陶酔感を作り出している

エンドルフィンにはアルファ、ベータ、ガンマの3つがあるそうです。そのうち、β-エンドルフィンが苦痛を取り除くときに最も多く分泌されるそうです。

ランニングの時に、苦しいはずなのに、快感や陶酔感をおぼえる「ランナーズハイ」は、脳内でβエンドルフィンが分泌されているからだと言われています。

また、β-エンドルフィンは性行為の際の快感を生み、おいしいものを食べたときの幸福感を生み出すために分泌されているそうです。

エンドルフィン類の発見は、鎮痛薬や麻薬の習慣性の研究からでした。そして1972年、ウシやブタの脳に、モルヒネなどのアヘン類と結合する受容体が発見されたのです。

この受容体は、アヘンの英語名オピウムから、オピオイド受容体と名付けられました。しかし、外部から入ってきた、麻薬と合致するしくみが、もともとからあるのは不自然です。

その疑問から、それに対応する物質が体内にあるはずだということから、研究した結果、1975年、エンドルフィンが発見されたわけです。

そして、鎮痛薬などの習慣性は、モルヒネなどが体外から入ってしまうと、オピオイド受容体はそれを体内で生成されたオピオイドと認識して、本来生成すべき、オピオイドが作られなくなってしまい、外部に依存することで起こるということがわかってきたのです。

β-エンドルフィンの驚きの働き

ストレスがあると働く

エンドルフィン類のひとつβ-エンドルフィンは、鎮痛・鎮静効果が非常に高いのが特徴で、モルヒネの6.5倍といわれています。

ケガなどで肉体にストレスがかかるとします。すると、脳の視床下部からCRFという副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンが分泌されます。

これが下垂体前葉に作用して、プロオピオメラノコルチンという物質が分泌され、そこに、β-エンドルフィンも含まれているそうです。

プロオピオメラノコルチンから切り出されたβ-エンドルフィンが、オピオイド受容体に結合することで、痛覚が抑えられるというわけです。

傷が治っていないのに、痛みが弱まって行くのは、このためだということです。モルヒネの鎮痛作用も同じメカニズム出そうです。

実は、モルヒネとβ-エンドルフィンの組成はまったく違います。たまたま同じ受容体に結合することが共通点です。

β-エンドルフィンの驚愕の効果

生きるために必要な仕組み

1.苦痛をやわらげる

受傷時のストレスと同様、運動による肉体的ストレスでもβ-エンドルフィンは分泌されます。ランナーズ・ハイはそれに当たります。また、同じ負荷でも辛いと思わなくなるのも同様です。

トレーニングを続けるほど、分泌されるβエンドルフィンの量は増えるそうです。訓練を続けると、しだいに運動量を増やしてもつらくなくなっていくわけです。

確かに、筋肉が増えて、強くなったということもありますが、それに加えて、βエンドルフィンも一役買っていたということです。

2.免疫力を上げる

1982年、エンドルフィンは免疫系にも影響を与えていることがわかりました。特にβ-エンドルフィンは、T細胞を増殖させてくれます。

T細胞は免疫系を司る重要なリンパ球です。外部から入ってきたウイルスなどに感染した細胞を破壊するそうです。

3.安心感や気持ちよさ

動物実験でも確認されているのが、モルヒネには苦しみの感情を和らげるという働きがあるそうです。エンドルフィンでも同様で、オピオイド受容体の経路で安心感が促されていると言われています。

昔、19世紀ごろ、アヘン類の麻薬成分を含むアヘンチンキが、イギリスなどでは家庭薬として使われていたそうです。そして、夜泣きする子供に与えられていたということです。

4.ドーパミンの抑制を解放

β-エンドルフィンは、快感をつかさどるドーパミンと関係があります。ドーパミンが出過ぎることを抑制するGAVAという物質を、β-エンドルフィンは抑制するので、結果として、β-エンドルフィンが出るとドーパミンが出ることになるわけです。

β-エンドルフィンを活用する

感謝の気持ちが幸せに

感謝の気持ちを持てる時は、人はとても心地よい、気分のいい状態です。この時、脳内にはβ-エンドルフィンが大量に放出されるそうです。

食欲を満たすとか、性欲を満たす時には、β-エンドルフィンが出て気分が良くなりますが、ある一定量を超えると、抑制物質が出て、止まります。これは、生命維持のためだそうです。

そして、感謝の心になったときも、βエンドルフィンが出ますが、この場合には、特に抑制物質は分泌されないそうです。つまり、感謝し続ければ、β-エンドルフィンはずーっと出続けるわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする