夏バテや秋バテ、朝に弱い低血圧、頭痛で気分が悪くなるほど肩こり

夏バテだと気持ちも弱る

食欲低下と栄養不足が織りなす悪循環

夏バテになると食欲が落ちるのが普通です。そして、食欲がないからといって食事を抜いたり、食べる量を減らすのはとてもよくないことなのです。

結局、体力や抵抗力の回復を遅らせ、さらに体調を崩すことにも繋がっていくわけです。

食事の中でも、夏に注目すべきは、朝食です。朝食は一日のエネルギー源になり、活動力を生み出すものだからです。

さて、暑くなると、つい冷たいものを食べてしまうものです。ところが、それが、胃腸のはたらきを弱めてしまうそうです。

野菜たっぷりのスープや味噌汁のような、温かいものを1品、食事の最初に食べるのがベストだと言われています。

また、しょうがやニラ、ねぎ、にんにく、ごま、みそといった食材は、からだを温めるので、ぜひ組み入れていきたいものです。

食事を抜いたり、食事量を少なくすると、夏でも血行が悪くなります。実は、3食の中で、朝食が最も大きな熱を生みだしているそうです。朝食で体温を上げて代謝を良くして、疲れにくくできるのです。

必要なのはたんぱく質

たんぱく質の多い食事で夏バテ防止

たんぱく質そのものが、何かサプリのように働くという風に勘違いしている人がいるみたいです。そうめんやそばは夏の時期には食べやすいのですが、たんぱく質はほとんどありません。

実は、たんぱく質は体重の約1/5を占めています。さまざまな筋肉、内臓、血液といったからだをつくる主要な成分です。

さらに、体調の維持に欠かせない酵素もたんぱく質から作り出されているのです。このたんぱく質は、糖質や脂肪のように蓄えが効かないんですね。要するに、毎食補給するしかないということです。

たんぱく質が多く含まれる食品は、肉・魚・卵といった動物性のものと納豆、豆腐などの大豆製品、そして乳製品です。

暑くてサッパリしたものが食べたい、食欲が出ないといったときこそ、栄養密度を意識し、たんぱく質が多く取れるように工夫すべきなのです。

だるいのはカリウム不足だとか

くだものから摂るのが一番いい

だるさの解消にとってもいいのがカリウムの補給だそうです。そして、カリウムを効率良く摂るのに、くだものが最適だということです。

夏のからだがだるくなる理由の多くは、汗で失われるカリウム不足のせいだそうです。このカリウム不足を、くだものが一気に解消してくれるということなのです。

汗は塩辛いので、汗をかいたら塩分を摂らなければと普通は心がけるものです。ところが、塩分だけでなく、カリウムも体内から失われているということはあまり関心がないんですね。

実は、カリウムは筋肉の収縮に関わっていて、不足すると足がつりやすくなったり、運動のパフォーマンスが低下します。もちろん体のだるさの原因にもなっているわけです。

その補給したいカリウムは、くだものを食べることで効率よく摂れるそうです。

確かに、昆布やひじき、わかめといった海藻や、ほうれん草や小松菜などの野菜にもカリウムは含まれているんですが、カリウムが水溶性で熱に弱いために、調理段階でカリウムが失われてしまうそうです。

その点、くだものは生のまま食べ流ので、カリウムがしっかり摂れるというのは、理解できますね。特にすいかやメロン、桃やぶどうなどは、水分もたっぷりあって、一石二鳥です。

バナナやアボカド、キウイなども、カリウム豊富で、食欲がない朝でも、食べることができるのも利点だと言えそうです。

胃腸が弱っているから、バテる

バテたら無理をしない

夏も同じ生活を繰り返しているように思っていても、気温の変化や暑さによるストレスなどが、胃腸に与える影響は馬鹿にはできないそうです。

したがって、胃腸の状態に合わせて、食べ方を工夫することも、夏バテ防止には必要なことだと言えるのです。

もちろん、食欲がないからといって、食事を抜いたり、極端に量を減らしたりしてはいけないのですが、胃腸が弱っているときに無理をして食べるのも逆効果になります。

食事の前の空腹感があまりない場合は、胃の消化力が低下している可能性が大きいと言えそうです。無理して食べず、そのまま時間を置いて様子をみるか、消化の良いもので済ませるといった工夫も大切です。

夏バテを防止の栄養素

暑い夏には疲労全体をカバーすること

夏バテからの回復を期待するなら次の栄養素を含む食材を重点的に選びましょう。

・ビタミンB1

糖質からエネルギーを生成してくれます。

・ビタミンB1+アリシン

同時に摂ると疲労回復効果が高まるといわれています。アリシンは強い抗酸化作用があります。

・ビタミンB2

タンパク質・脂質・糖質の代謝に関係します。乳酸などの疲労原因物質を取り除く働きもあります。

・カルシウム

筋肉の動きを助けています。また、精神的な疲労やストレスを緩和する働きもあります。

・鉄

ヘモグロビンの生成に関わり、体内に酸素を運びます。疲れやすさを取り除く役割があります。

・ベータカロテン・ビタミンC・ビタミンE

活性酸素や疲労原因物質である乳酸を除去します。

秋バテと夏バテの違い

どんな対策があるか

ついこの間まで暑かった季節も今では、日中は暖かいものの、朝晩はだんだんと寒くなってきましたよね?

暑かった夏には「夏バテ」で悩まされてきましたが、今からの季節秋にも「秋バテ」があるんです。パッと聞いただけでは、「夏バテはわかるけど、秋バテってなに?」と思う人もいると思います。

そんな「夏バテ」と「秋バテ」の違いについて説明します!そして、そんな「夏バテ」「秋バテ」を未然に防ぐための対策についても説明します!

「夏バテ」「秋バテ」

気をつけるべきは秋バテ

夏バテは暑さによるもの・秋バテは夏バテが長期によるものです。一番初めに、夏バテと秋バテは症状が似ているんです。

しかし、どちらかというと秋バテによる体調不良には注意は必要なんです。

夏バテの原因は、暑さによる食欲不振や寝不足、冷たいものの取りすぎによる体の冷えとかでおこる体調不良が夏バテなんです。

そして気になる秋バテの原因は、夏バテでの体調不良が長引きストレスになり、そのストレスによって自律神経が乱れます。

そして、秋になると一気に疲れがででき、中々疲労感やだるさがとれず体調を崩すのが秋バテなんです。

夏バテと秋バテどちらも注意したいんですが、秋バテのほうが注意が必要なんです。夏による体力の低下や疲れが一気に出てしまうわけです。

そのことで、体の中の胃や腸なども調子が悪くなり、身体の冷えなど治らないまま冬になり風邪などをひいてしまい、酷くなり治りが遅くなります。

なので夏バテは夏の間に治し、体調をしっかり整えて秋に備えたいものです。

未然に防ぐための対策

食事・運動・入浴

秋バテにならないために必要なことは、栄養バランスの取れた食事と適度な運動、ゆっくりお風呂に入ることです。

食事

食事では、一日しっかり三食食べることです。朝は食欲がなく食べれないという人は、バナナとかフルーツ一個でもいいので少しずつ食べるようにしたいですね。

運動

運動では、汗をかくと身体の血流がよくなり、体温調節作用が回復するので、まずは30分とか一時間からのウォーキングから初めてみるのもいいかもしれないですね。

入浴

入浴では、夏場は暑いからとシャワーだけという方が多いと思います。汗を流すだけならシャワーだけでもいいのですが、身体の芯から温めたい時はやっぱり、しっかり湯船につかったほうがいいです。

熱いお湯ではなく、少しぬるめのお湯にゆっくり入ったほうが、身体の芯までしっかり温めることができますよ。

低血圧になる仕組みをしっかり知っておく

どうして通常の血圧よりも下がってしまうのか

低血圧ってどんな人がなるイメージですか?朝が弱い人だったり貧血の人だったり。私はそんなイメージが湧いてしまいます。

低血圧の基準は上の血圧が100mmHg以下の人で、低血圧のせいでめまいや吐き気などをもよおしてしまって社会生活をおくるのに不自由さを伴う症状がある人のことをいいます。

ですが、生活に支障がある症状がある人はほかの病気が隠れている場合があるので受診したほうがよいでしょう。

なぜ低血圧になるのか

原因は十人十色

なぜ低血圧になってしまうのか。それは人によって原因はちがう十人十色なのです。たとえば加齢などで心臓の血液を押しだす力が弱まってしまいます。

そうなると心臓が押し出す血液の量が少なくなるので血管を押す力が弱くなり低血圧になります。

またみなさんがなったことがあるかもしれません。「起立性低気圧」といい立ち上がったときに脳への血流が一時的に減り脳が酸欠になることをいいます。一般的には立ち眩みといいます。

低血圧で朝起きられないのはうそ?!

直接的な原因ではない

朝起きられなかったら低血圧なんじゃないかと不安になりますよね。その心配はいりません!低血圧と朝起きられないのは直接の原因はないのです。

朝起きられないのは自律神経の切り替えがうまくいっていないことで起こります。自律神経が乱れていて交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかないと朝目覚めるときにぼーっとしたり、起きたらすぐに頭痛がしたり眠ったはずなのに眠かったりします。

自律神経が乱れるのはストレスや不規則な生活、運動不足などさまざまです。自分に当てはまる原因を探して対処していきましょう。

低血圧を改善しよう

体の不調で気分も沈む

朝起きられなかったり、体調が悪いと気分も沈みますよね。朝が来るたびに体調がすぐれないので朝がくるのが怖くなったり仕事にいきたくなくなったり。低血圧の弊害がいろいろでてきます。

この低血圧を治すためには3食バランスよく食べる、適度な運動、早寝早起き、朝日を浴びるのが効果的だといわれています。

これは健康づくりと一緒ですね。全部やるのは難しくても一つ一つ確実に行動していくと目に見えて改善してくると思います。

あきらめずに低血圧から抜け出せるよう、着実に一歩一歩進んでいきましょう。いろいろ試してダメだったら病院に行って医師の指示を仰ぎましょう。

いつもの肩こり、放っておくと・・・

早く何とかしたい!

仕事の業務上、PC、スマホに向かう時間が多かったり、事務的な内容で同じ時間同じ姿勢でいるのはよくあることです。

最近肩が凝ったなあと思っていても、仕事が忙しくて構っていられないなどと整体やストレッチなどの肩こりの改善を忘れがちになってしまいますよね。

実際続けるのも億劫だったり。でも、その肩こり、放っておくと頭痛や不快感などに発展してしまい仕事どころではなくなってしまうことも!

肩こりからくる頭痛!緊張型頭痛

首周辺の凝りは頭部に繋がる!

この、緊張型頭痛、どういった状態で起きるのでしょうか。原因としては首や肩の緊張状態が続いてしまうと血管を圧迫し、血液循環が悪くなり、血行不良が起き、乳酸などの疲労物質が蓄積、首の痛みや肩こりを起こしてしまうのです。

また、首周辺の筋肉は人間の頭部を支えていて、頭部の筋肉にもつながっています。首や肩の筋肉が緊張すれば、おのずと頭部の筋肉も連動して緊張状態が伝わり、頭痛を呼び寄せてしまうのです。

元々、男女ともに中高年に比較的多い頭痛ですが、最近ではPC、スマホなどの普及、ゲーム機などの娯楽が多くなり、若い人たちにも少なくはないと言われています。

具体的な原因として、身体的にみると、姿勢の悪さ、長時間の運転、枕の高さが合わない、スマホおよびパソコンなどのやりすぎ などからと言われています。

また精神的ストレスも関わっていて、不安や緊張、抑うつ状態などの場合でも起きやすいと言われています。

特徴的な症状は、頭部を鉢巻きで締め付けられているような鈍痛、じわじわと痛くなり、だらだらと続いたり、首の痛みや肩こり、また張ったような感じが続いたり、眼精疲労やめまいが起きやすいなどです。

症状には吐き気も!片頭痛

辛い痛みに精神的もきつい

片頭痛はよく耳にする名前ですよね。実はこの片頭痛、実際症状が現れる前兆として肩こりの症状がでる方も見えるそうです。

片頭痛はもともと、様々な理由で脳の血管が急激な拡張が原因と言われ、血管が広がると、三叉神経を刺激して、刺激で発生する炎症物質でさらに血管が広がり、片頭痛が起きてしまうのです。

20歳から50歳の女性に多く、先ほど記述した、片頭痛の前兆の症状がある方も見えるそうです。その前兆には、肩こりなどの不快感などと、視野の一部が暗くなったり、ちかちかした光が見えたりすることがあるそうです。

片頭痛の症状がある方の20~30%にそういった症状が現れると言われているそうです。

片頭痛が起きやすくなる原因として、寝すぎ、寝不足、女性ホルモンの変動、空腹、疲労、大きな光や大きな音などの強い刺激、天候の変化などと言われています。また、女性ホルモンの変動から、月経なども原因の一つとされます。

ストレスから解放されたときに、血管の拡張が起きる事があるので、仕事の休みなどがある週末などに起きやすいともいわれているそうです。

症状としては、脈とともにずきずきと痛む、片側だけが痛むがたまに両側にも痛みがある、吐き気や嘔吐を引き起こす、強い光や音で痛みが増す、等です。こういった症状が2~3日は続いてしまうこともあります。

リラックスをすることが一番

症状を緩和させるには

緊張型頭痛と片頭痛は症状を緩和させる方法が違っていて、緊張型頭痛の場合はストレッチで筋肉をほぐし、血液循環を良くして冷えなどを避ける。温湿布なども効果があります。

また自分に合った枕に変えるなどをして、就寝時の負荷を減らす、気分転換などを心掛けて、同じ姿勢ばかりをしないなどです。

片頭痛の場合は温めることは逆効果になり、温めると血管拡張してしまい、更に悪化させてしまうこともあります。マッサージやストレッチなどはあまり適していません。

緊張型頭痛の逆で痛むところを冷やすと効果があります。しかし過度に冷やしすぎると逆効果になってしまうので気持ちがいい程度の冷やし方をしましょう。

また、睡眠に適した暗く、静かな場所で休む、カフェインを適量摂取するなどです。カフェインは血管を収縮させる効果を持っているので拡張した血管には効果が発揮されます。

しかし連日の過剰摂取などは逆効果になりますので摂取量は適量ということを守ってください。

頭の痛いのは放っておけない痛さです。どうしても治りが悪い、気になる事などがあるなどは、医療機関に相談し、痛み止めなどの薬を処方してもらうこともお勧めします。

肩こりから誘発される頭痛、不快感。単なる肩こりと言って甘く見ていると自分の体に辛い症状が現れてしまいます。早めの対処が一番ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする