ストレスでお腹に痛みが、過敏性腸症候群や機能性ディスペプシアかも

腸の具合が悪いのか、おならが出すぎる

どうしておならは出るのか

じつは、おならのガスの正体は、ほとんどは知らないうちに飲み込んだ空気です。

その空気に、いろいろと色づけされて、あのニオイが発生します。消化管の中の食物が発酵することによって発生したメタンガスや二酸化炭素、水素などです。

さらに、少量ですが、アンモニアやインドール、硫化水素やスカトールなどの悪臭の元になるガスも含まれているのです。

ガスの大半は、腸管内で吸収されてしまうそうです。そして吸収しきれなかったガスを排出するための生理現象がおならということになります。

便秘とおならには関係がある

腸の疲れが便秘に繋がる

人の腸の状態は外からは直接見ることができませんが、便秘や下痢、臭いおならがよく出る、といった状態で判断できます。

臭いおならや便秘は、食べ物を消化・吸収する力が低下している可能性が高いと言えます。その結果、腸内環境が乱れて、悪玉菌が優位になっているのです。

腸が疲れると、動きが悪くなって、便を排出する力が低下します。すると、便秘の原因になってしまうわけです。

便秘になると、腸の中で便の成分が腐敗してしまいます。その結果、悪玉菌が増えることになります。

また、ストレスも大きな原因だと言われています。ストレスのために活性酸素が発生すると、消化吸収力が弱まり、悪玉菌が増加しまうのです。

食事も大きな原因のひとつになる

肉類中心の食事も便秘になる要因だと言われています。おならのくさい人は、さらに便秘にもなりやすいそうです。

肉類をよく食べる欧米人の方が便秘が多く、3~4日に1度、少なくてくさい便をする人がいたというデータもあるそうです。多かったという。

近年、日本人も肉類を食べる量が増えて、便秘に悩む人も増えていると言われています。さらに、腸内で悪玉菌が増えると発がん物質も増えるといわれています。

おならを我慢するとどうなる?

たかがおならと軽視するな

おならを我慢すると起こりうる健康リスクがあります。それは次のようなものです。

1.腹痛

腸内にたまったガスが外へ排出されないために、腸そのものや周辺の臓器を圧迫するのです。その結果、腹痛が引き起こされます。

2.腸のはたらきを阻害

腸のはたらきが低下するために便秘になったり、腸内細菌のうちの悪玉菌を増やしてしまい、さらにおならが臭くなったりします。

3.口臭

おならの臭いの成分が血液中に再吸収されます。すると、息の中にそれが含まれることになり、口臭がおなら臭くなってしまうのです。

おならがよく出る人は要注意

原因と対処法

1.早食いである

一緒に空気を呑み込む量が多くなってしまいます。

2.食べすぎや飲みすぎ

食べ過ぎてしまった場合や、特にビールや炭酸飲料などを飲みすぎてしまった場合などにおならが良く出ることがあります。

3.食事が不規則である

身体の消化のリズムを乱してしまい、善玉菌を減らしてしまうことによります。

4.食事の内容が偏りがちである

特に、高脂肪で野菜の少ない食事などは腸内のバランスを乱してしまいます。

5.精神的なストレスが強い

自律神経のバランスが乱れ、おならが出やすくなる人がいます。

6.寝不足や不規則な生活リズム

ストレスと同じく、自律神経のバランスを乱します。

5.感染症

感染症などのために使用した抗生物質が腸内細菌叢に影響を与え、おならが増えたり、臭いが強まったり、あるいは下痢をしたりする場合があります。

おならが出すぎないようにするための対処法

1.よく噛んで食べる

食事の時に早食いにならないようにします。ゆっくりよく噛んで食べることが大切です。

2.食事内容

食事量や内容にも十分に気を配って食事を取ります。

3.睡眠

疲れが溜まらないように、睡眠を十分にとります。

4.ストレスの軽減

ストレスは適度に発散するようにします。

腹痛に悩まされる過敏性腸症候群とは

まず、おならが出過ぎる

腸にこれといった炎症やポリープなどがあるわけでもないのに、頻繁に腹痛をともなった下痢や便秘に悩まされている人は多いと言われています。

この症状が、排便すると痛みが軽くなるというのが特徴で、こういった症状を過敏性腸症候群(IBS)と呼んでいるのです。

この病変はストレスによって起こる自律神経の異常によって、腸のぜん動運動がうまくいかなくなって起こるといわれています。

ストレスの多い現代社会で急増していて、ひどい便秘に悩まされたり、緊張するとお腹を下すという人はこの過敏性腸症候群の可能性が高いそうです。

また、頻繁におならが出てしまう人も、その可能性があります。中には、下痢や便秘よりも、このおならの症状に苦しんでいる人もいるそうです。

これも、重症になると、意識していないのにおならの臭いが漏れてしまい、日常生活に支障をきたすことがありますが、恥ずかしさのためか、なかなか医者に診てもらっていなかったりするそうです。

過敏性腸症候群の原因とは

日常生活のストレス

精神的ストレス

じつは、普通の人でも、不安を感じたり、緊張したときに、急にお腹が痛くなったりトイレに行きたくなることあります。

ただ、それが1年位にわたって頻繁に起こるといった場合は過敏性腸症候群の可能性もあるといえるそうです。

脳と腸はとても深い関係があります。したがって、脳が強いストレスを感じると、腸のぜん動運動に異常が生じて、下痢や便秘の症状が起こるわけです。

身体的ストレス

過労や睡眠不足などによる体の疲れがあったり、食事などに不規則な生活が続くことから体がストレスを感じて、腸のぜん動運動が異常になるわけです。

腸が活発化して下痢を引き起こしたり、逆にぜん動運動が鈍くなって便秘を引き起こすといったふうなことが起こるのです。

IBSになるはっきりした原因はないそうです。しかし、細菌やウイルスによる感染性腸炎にかかったときに、回復してから後にIBSになりやすいといわれています。

これは、感染によって腸に炎症が起き、腸の粘膜が弱くなったためです。さらに腸内細菌にも変化が生じて、腸の運動や知覚機能が敏感になってしまうためだといわれています。

過敏性腸症候群の症状

3つに分類される

下痢型

急激な腹痛と便意をともなう1日3回以上、水のような便が排泄されます。

便秘型

便秘型では、週3回以下に排便回数が減少します。排便時には腹痛をともない、強くいきまないと便が出ないことがほとんどです。便が出てもウサギの糞状の硬いコロコロとした便で、残便感が残ります。

交替型

下痢と便秘が数日ごとに交互にあらわれる型です。

病態が生じる理由

IBSでは、「脳から腸に向かう信号」と「腸から脳に向かう信号」の両方が強くなっているといわれています。

ストレス

ストレスは「脳から腸に向かう信号」を強くします。そして、自律神経や内分泌を変化させ、さらに消化管運動を変化させるわけです。

食物の種類など

食物は、種類と摂取方法によって、「腸から脳に向かう信号」を強くします。これによって、知覚過敏状態が引き起こされてしまうわけです。

治療法と対策

生活の中で改善策を工夫

ストレスの軽減

過敏性腸症候群は、ストレスの多い社会ならではの病気だといわれています。一番の解決法は、ストレスを溜めないようにすることです。

規則正しい生活

体のリズムを整えることがとても大切です。毎朝決まった時間に起きたり、なるべく同じ時間に3食きちんと食べることなどです。

症状が起こったときの対処法

腸をいたわる食生活

下痢を起こすタイプでは、冷えた食事や飲み物を避け、牛乳などの乳製品、高脂肪の食事を避けます。

便秘を起こすタイプでは、キャベツやゴボウ、バナナ、納豆などの食物繊維が豊富な食品を積極的にとります。

漢方薬や乳酸菌の入った整腸薬を飲む

下痢には、下痢に効果があるとされる漢方薬を服用してみます。便秘の解消には、健胃消化薬が有効ですが、漢方薬のほうが自然に近いお通じを促してくれます。

また、腸内細菌のバランスを整えるためにも乳酸菌やビフィズス菌が含まれた整腸薬なども効果的だと言われています。

病院に行って診察を受ける

激しい下痢や便秘が続くとき、ひょっとしたら腸に何らかの疾患が隠れていることも考えられるので、病院での診察も重要になります。

さらにストレスを強く感じているときは、心療内科の受診も検討した方がいいかもしれません。

いつも胃が重い、機能性ディスペプシア

以前はストレス性胃炎といわれていた

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんといった異常がないにもかかわらず、胃痛や胃もたれ、胃の膨満感といった症状が継続する場合に使われます。

以前はストレス性胃炎と診断されていたそうです。しかし、近年、新しい概念として機能性ディスペプシアが成立してきたそうです。

機能性ディスペプシアでは、胃の痛みや胃もたれといった症状が続いていて、内視鏡検査でも異常がみつからない病気だそうです。

ただ、内視鏡検査で、胃炎や逆流性食道炎があるとわかっても、症状がでているとは限らないのです。その逆で、症状があっても異常所見が認められない場合もあるのです。

そういったことを踏まえて、「症状があってもそれを説明できる異常が見つからない」という場合、機能性ディスペプシアと呼ばれるようになったわけです。

今、日本人の4人に1人が、この機能性ディスペプシアで悩んでいるといわれています。

機能性ディスペプシアになる原因

原因が特定できないことも

胃の、食べ物をためる機能、十二指腸へ送り出す運動機能がストレスや過食、不規則な食生活、喫煙、過度なアルコールで異常が生じて、症状が出ることです。

また、胃酸や高脂肪食、ピロリ菌感染、胃腸炎などの炎症によって、十二指腸や食道の知覚過敏、運動障害の悪化も原因の一つだといわれています。

機能性ディスペプシアはストレスによって胃の働きを制御している自律神経に乱れが生じたことから起こるといわれています。

機能性ディスペプシアの症状とは

辛い症状で生活の質が大きく低下することが

主な症状としては次のものがあります。

・食後のもたれ感
・少し食べるだけでお腹一杯になる
・みぞおちのあたりの痛み
・胸焼け
・吐き気、げっぷ

といったふうで非常に多彩です。本人はとてもつらく、生活の質が大きく低下してしまうのです。

以前は慢性胃炎、神経性胃炎と呼ばれていたものが、2013年から機能性ディスペプシアとよばれるようになりました。

治療法と対策

処方される薬

胃の動きを良くする薬

早期膨満感や胃もたれといった胃の運動低下によって起こる症状に用いられます。

胃酸の分泌を抑える薬

胃が知覚過敏状態になり、胃酸に敏感に反応してしまって、痛みが生じた場合です。

抗不安薬

ストレスが強い場合に用いられます

日常生活の改善

ストレスをためない

ストレスが胃腸の働きを乱します。身体を動かしたり音楽を聴いたりと、気分転換が必要です。

食習慣を見直す

食事は胃に負担をかけるので、規則正しい食事をこころがけます。また、食べすぎは胃に負担になるので、食べ過ぎないことです。

十分な睡眠

睡眠によって胃の働きをつかさどる自律神経の乱れが整って、胃の機能回復へとつながります。

禁煙

喫煙によって胃の血流が低下し、働きも低下させてしまうそうです。禁煙で胃への負担が軽減できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする