ストレスが原因、めまいや息切れ、歯ぎしり、女性の脱毛や薄毛、流産

めまい、ふらつきで不安が増大

原因は一つではない、さまざま

めまいとは、「目が回る」「目がくらむ」といった症状のことを指します。めまいを引き起こす病気はさまざまであり、緊急性や対処方法、受診すべき診療科も異なります。

特に激しい頭痛や手足の麻痺まひなどが急に生じた場合には、脳卒中といった緊急疾患も疑われます。
病状を見極めつつ、原因やその症状に合わせた対処法を見ていきましょう!

めまいの原因と種類

めまいは大きく分けると、3種類

回転性めまい

目が回る、また天井がグルグル回るなどと表現されるめまいで、内耳と視覚と筋肉からなる、身体のバランスを保つ機能(平衡機能)、三半規管の異常により起こります。

主に耳の病気が原因と考えられます。例えば、代表的なものにメニエール病や突発性難聴などがあります。めまいの他に耳鳴りや難聴、吐き気などの症状が現れます。

その他にも脳が原因の事もあるので早めに医療機関を受診する必要があります。

浮動性、動揺性めまい

身体がフワフワ浮いているような感じ、またユラユラ揺れているような感じのめまいは、車酔いや船酔いに似て、とても気分の悪いもの。

脳腫瘍や脳梗塞、脳血栓といった脳血管障害や脳血流障害など、脳に原因があることもあります。また高血圧やうつ病などの心因性のものが原因ということも考えられます。

失神性発作

目の前が急に真っ白、真っ黒になったなどと表現されるめまいで、頭からスーツと血の気が引いていくような感覚を覚えます。

よく言われる立ちくらみはこれに相当します。夜なかなか寝付けず朝起きれないなどの症状を伴う自律神経失調症の一種である起立性調節障害や動悸息切れを伴う不整脈などの原因が考えられます。

めまいと伴いこれらの症状がある場合は循環器内科を受診する事を必要になります。

またこれは、耳や脳の異常ではなく、脳に送られる血液の量が一時的に不足することで起こると言われているので貧血やストレス、過労などで自律神経のバランスが乱れると症状が出やすくなります。

めまいの症状別対策

症状によって対策も変わってくる

めまいの原因としてあげられるメニエール病や突発性難聴、心因性めまいや立ちくらみのめまいなどは根本の原因として、ストレスや過労などで自律神経が乱れることがあげられます。

なので普段の生活習慣を見直すことで、自律神経を乱さないようにする事がめまいの防止にもつながると考えられています。具体的には下記の4つを心がけてみると良いそうです。

・ストレスを溜めすぎない生活を送る→メニエール病などの主な原因
・規則正しい生活を送る→自律神経の乱れを改善する
・バランスのとれた食事を摂る→血流を良くする
・適度な運動を取り入れる→ストレス解消

また浮動性、動揺性のめまいには高血圧も大きく関係しています。高血圧を放っておくと脳梗塞などの重大な病気に繋がる為塩分の控えた食事も意識しましょう。

めまいの多くは原因の分からないものやすぐに命に関わるものではありませんが重大な病気の前兆でもあるので日頃から規則正しい生活を心掛けましょう!

あまり注目されない歯ぎしり

悔しい時の歯ぎしりとは別

歯ぎしりとは、マンガやアニメなどで、悔しい時に歯をギリギリと噛みしめる行為のことです。しかし、実際には悔しい時に歯ぎしりをする人はいません。

歯ぎしりをする多くの人は、無意識のうちに歯ぎしりを行っています。しかも、ほとんどの人が眠っている間に歯ぎしりを行うため、歯ぎしりをしていることに気づいていません。

歯ぎしりをしていることに気づかずに生活をしていると、口の中を傷つけてしまったり、歯が欠けてしまったりと不都合なことが出てきます。

家族などから歯ぎしりをしていることを指摘されたら、たかが歯ぎしりと放置せずに、速やかに対処することが望ましいでしょう。

歯ぎしりと頭痛、肩こりが関係する

思った以上に負担をかけている歯ぎしり

歯ぎしりは、寝ている間に歯を食いしばっていることが原因で起こる場合があります。この状態は、寝ている時でも顎から頭の横に広がっている筋肉が緊張しているため、翌朝に頭痛や肩こりといった状態を引き起こすことになります。

慢性的な頭痛に悩まされていた方が、歯ぎしりの処置を行ったことで、頭痛が改善したという例もあるのです。

歯ぎしりは美容にもマイナスに

歯は命、美しさの原点になっている

歯ぎしりは、美容にもマイナスです。歯並びが悪くなることもありますし、歯が欠けてしまう場合もあります。

また、寝ている間に歯を食いしばっているため、アゴの筋肉が発達しエラが張ってくる場合があります。

ほっそりした顔がチャームポイントだったのに、エラが張ってきて、ホームベース型の顔になってしまっては、折角のチャームポイントが台無しです。小顔美人を目指している女性もきになるところではないでしょうか。

エラが張ってきてしまうと、それを隠すために、ヘアスタイルも限定されてきてしまいます。オシャレに制限がかかることは、何としても避けたいところです。

歯ぎしりを予防するには

適切なケアの必要性がある

歯ぎしりを予防するには、いくつかの方法があります。そのどれもが、歯科医師の力を借りる方法です。ホームページなどで、歯ぎしり予防に実績のある歯科医院を訪れると良いでしょう。

一番、簡単な方法は、歯列矯正です。歯並びが良くない人は、これだけで歯ぎしりが改善する場合があります。

歯茎の痛みやアゴの筋肉の痛みがひどい場合には、薬物療法が効果的です。非ステロイド系の消炎鎮痛剤で痛みを軽減させます。

少し値段が張りますが、マウスピースを作成して、それを睡眠時に使用することで歯ぎしりを予防する方法もあります。慣れるまでは、違和感があり、眠りを阻害する場合もありますが、慣れてしまえば大丈夫です。良い物を作れば、確実に歯ぎしりを予防してくれます。

歯ぎしりは、自分の知らないところで、密かに健康を阻害している可能性があります。たかが歯ぎしりと侮ることなく、しっかりとした対処を行うようにしましょう。

髪の毛にショック

毎日の手入れが効果なし

髪は女性の命というほど。色々なヘアスタイルなども楽しみたい。それなのに、最近生え際が気になってしまう。そんなのは辛いですよね。では、一体何が原因で髪の毛が減ってしまったりしてしまうのでしょうか?

こんなにもある女性の脱毛症、薄毛

症状は一つだけじゃない

女性の脱毛症、薄毛はいくつもの種類があり、症状によって分けられています。

■びまん性脱毛症(びまんせいだつもうしょう)

薄毛、脱毛で悩む多くの女性はこの「びまん性脱毛症」と診断されるそうです。
症状は、頭の広い範囲の毛が抜け、全体的に髪のボリュームダウン、薄毛を感じやすくなります。

■分娩後脱毛症(ぶんべんごだつもうしょう)

出産を経験されている方ならご存知かと思います。よく育児書など産後の生活について書かれていると目にする症状です。妊娠中、お腹の子に栄養を取られ、妊娠後期には女性ホルモンによって保たれている髪の毛が、出産後に一気に休止状態に陥ることから発症しやすい症状です。

■脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)

皮膚の分泌過剰から起きる症状です。脂漏性皮膚炎を引き起こしてしまうこともあるので、早めの受診をおすすめします。

■粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)

頭皮の環境が悪いために発症する症状です。主にフケが多量になります。

■牽引性脱毛症(けんいんせいだつもうしょう)

髪の毛の長い女性に起きやすい症状です。髪の毛をアップにしたり、ポニーテールなどの髪を引っ張る形になるヘアスタイルを長期間続けていることによって発症しやすくなります。

■円形脱毛症(えんけいだつもうしょう)

こちらは比較的聞いたことがあると思います。頭髪が円形、楕円形に抜けてしまう症状が突発的に起こるものです。
子どもから高齢者の方まで幅広い層で発症することがあります。単発型円形脱毛症、多発型円形脱毛症の二種類が存在します。

ストレスが原因?

異なる症状ごとの原因

■びまん性脱毛症

老化、ストレス、ダイエットなどが原因になりやすいそうです。

■分娩後脱毛症(ぶんべんごだつもうしょう)

産後のホルモンバランスの崩れが原因で、授乳が終了すると改善傾向に。

■脂漏性脱毛症

食生活の乱れ、肌に合わないシャンプーなどが原因になりやすいそうです。
また、脂漏性皮膚炎はマラセチア菌というカビと同類の菌が原因で、頭部や顔面に付着物を伴う皮膚炎などを引き起こします。

■粃糠性脱毛症

シャンプーや整髪剤、頭皮に合わないのが原因になりやすいそうです。
また、整髪料の過度な使用、生活習慣が原因にも。

■牽引性脱毛症

その名の通り、髪を引っ張るヘアスタイルが原因になっているそうです。

■円形脱毛症

単発型円形脱毛症はストレス、遺伝、自己免疫疾患などが原因になりやすいそうです。
多発型円形脱毛症もストレスなどから、単発型円形脱毛症が悪化すると多発型に発展することもあるそうです。・・・実は円形脱毛症事態、これだ!という原因が完全に解明されていないそうです。

病院の何科に相談すればいいのか

出来れば早く治したいのに

髪の毛のことはどうしても見た目に響いてしまうことがあるので、本当に不安ですよね。こういった頭皮の悩みはどの科で受診すればいいのでしょうか?

頭髪トラブルを専門にしている美容皮膚科などが一般的のようです。また、ホルモンバランスの崩れからが原因の場合は婦人科、甲状腺機能が原因の恐れがある場合は内科などです。

頭髪トラブルの症状以外に体の症状もある場合、そちらの症状も併せてみることで、他の科で対応してもらえることもあるそうです。

フケが増えたな、最近異常なくらい抜ける・・・など気にかかることがあれば早めの受診をお勧めします。自己判断は危険です。専門家に相談したほうがいいのです。

喜びから一転、辛い流産にも色々な原因がある

対策はとってもありうる現実

妊娠検査薬で陽性反応が出て、産婦人科への受診、そして医師からの「おめでとうございます」の言葉。大きな喜びを心に与えてくれる妊娠ですが、それを一瞬にしてないものにしてしまう恐ろしい流産という言葉があります。

妊娠した女性であれば、どんな人にでも可能性があると言われてしまう流産、この流産が起きる確率はいったいどのようなものなのでしょうか?原因とされるものは、全て母体のせいで起きていることではなかったのです。

流産とは?また発生する確率は?

妊娠が解ったのに・・・

まず、流産とは、妊娠が確認出来ている状態で、初期の時期に、赤ちゃんが亡くなって育たなかったことを指します。定義としては、「妊娠22週未満で妊娠が終了してしまう事」です。

この、妊娠22週未満というのは、赤ちゃんが母体の外で生存していくことが不可能な状態とされています。

そして、流産が発生する確率は医療機関で妊娠が確認されている約15%前後で発生しているのが現状です。また、妊娠した女性の40%が流産経験ありという結果が出ています。

流産の起きやすい時期とされているのが、妊娠12週未満が80%以上の確率と言われています。その頃の妊婦さんは体調の変化などに要注意です。

どうにかして止めたい流産。

流産の種類、それぞれの症状は?

流産と言われても、どんなことをしてでも、授かった命は断ち切ることはしたくありません。繋ぎとめておきたいと思うのは、妊娠を望む女性であれば誰だって強く思いますよね。

しかし、初期の流産の原因は主に、赤ちゃんの染色体異常などの遺伝子レベルの問題で起きます。もう、受精の時点で定まっていた運命とも言えます。

なので、とても辛いのですが、現在の医学では打つ手がないといわれ、治療は不可能です。

「私が、無理な仕事や生活をしたから・・・」などと、どうしても思ってしまい、自分を責めることがありますが、初期の流産は先ほども言った通り、赤ちゃん側の問題で起きます。

母親である母体の生活が悪いからなどの理由ではほとんどありません。また、この流産には、何種類かに分けられています。

化学流産

化学流産は物凄く初期に、流産してしまった状態のことを指します。妊娠検査薬を初期で使用し、妊娠に気が付いたものの、着床が長く続かなかったためです。

もしここで、妊娠に気が付いてなかった場合、通常の生理として考えられていたのですが、検査薬がドラッグストアや薬局にて手軽に手に入れることができるようになったため、最近ではよく見る言葉となりました。特に治療方法はなく、経過観察とされることが多いです。

確実な妊娠の結果を、検査薬で得たいのであれば、逸る気持ちを抑え、フライングせずに、使用法を守った上で使用することをお勧めします。

または、生理予定日から一週間後から使用できるものが主流ですが、それより早く妊娠が解る検査薬もあります。そちらも使用法を守り、注意事項を確認したうえで使用しましょう。

切迫流産

切迫流産は。流産を指す言葉ではなく、完全に流産になっていない状態のことです。まだ、流産になりかけの状態ですので、医師の指示を守り、安静にしていれば、妊娠を続けることも可能とされています。

稽留流産

稽留流産は、子宮内で胎児が死亡している状態で、死亡した胎児の自然排出などがまだ行われていない状態です。子宮内で留まっているのです。

こちらは、出血や、腹部の痛みなどの症状が現れないため、自覚症状がありません。検診などの際に医師の診断で発覚するものです。

進行流産

進行流産は出血が始まっており、子宮口が開いてしまっていて、胎児、胎嚢、胎盤などの内容物が母体外に出てきている状態を指します。

要するに完全に流産が始まっている状態です。この状況で流産を止めることは不可能です。

完全流産

進行流産の後に、胎児、胎嚢、胎盤などの子宮内に合った内容物が自然に外に出てしまっている状態が完全流産と呼ばれます。出血や腹部の痛みなどの症状は次第に収まっていきます。

この状態になると、子宮内には何もない状態になります。基本は経過観察と医師の診断がありますが、医師が気になるところがあれば、子宮収縮剤の処方などの処置を行います。

不完全流産

完全流産とは逆に、胎児や胎嚢などの子宮内に内容物が残っている状態や出されるのが始まっていない状況の場合のことを不全流産と呼びます。

出血や、腹部の痛みが止まらずに続いていることが多いです。この内容物を、子宮内にそのまま放置というわけにはいかないため、医師による子宮内容除去手術が行われます。

感染流産

また、このような流産とは別で、感染症がもとで流産することもあります。感染流産といって、梅毒やクラミジアなどの細菌感染で引き起こされることがあります。梅毒などは妊娠初期の検査でわかりますよね。

反復流産

また、流産の回数によって流産の名称が変わったりします。流産を2回経験されている場合は、反復流産と呼びます。

習慣流産

さらに、流産が3回以上の場合は、習慣流産と呼びます。この場合、夫婦に何らかの疾患の可能性などもある為、原因を専門の医療機関で検査可能ですが、原因がはっきりしないことも多いと言われます。

流産したからと言ってあきらめきれない

流産しても子どもがほしい

妊娠を望む女性なら誰でもそういうものではないでしょうか。流産後は妊娠しやすいなどの話を聞いたことがありますが、逆の場合もあるそうです。

流産を2回、3回といった複数回繰り返す場合もあります。その場合は不育症と呼ばれ、不育症の原因となるいくつかは、不妊症の原因と被っているともいわれています。

しかし、流産したからと言って、不妊症になるという事はあまりないとも言えます。なかなか妊娠しない、などの理由からの心配の場合は、不妊症の検査を受けることも一つの選択ではあるのかもしれません。

また、子宮外妊娠後は条件が悪化しやすくなるので、妊娠率が自ずと下がってしまうのです。

流産は仕方のない事と言われればそうなのですが、やはり、ショックな出来事ですし、流産したからといって子供を諦めるなんてできないですよね。

いつか我が子を自分の腕で抱きしめることができる、そんな素敵で明るい未来を信じて前向きに行動していきたいものですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする