虫歯の放置の怖さ、放っておくと、虫歯菌が脳や心臓に入って、危険

虫歯になってしまった

でも、なかなか歯医者に通うのが億劫

歯医者に何度も通うことになるし、まだこのくらいなら大丈夫かな、虫歯になると歯医者に行かなければ、と思うものです。

しかし、反面、なかなか実行に移すのが億劫だったり、症状が軽いと、まだいいか。となってしまったりしますよ。でも、実はこの虫歯、甘く見ていると恐ろしい結果を招くこともあります。

虫歯になる原因

原因になるミュータンス菌

虫歯といえば「ミュータンス菌」が悪さをして、発症する、というのはご存知だと思いますが、では実際この菌は何をしているのでしょうか?

まず、虫歯とは酸によって歯が溶けてしまう病気です。その酸を作り上げているのが「ミュータンス菌」たちです。

ミュータンス菌は、口内に糖が入ってくると、活発になります。甘いものを取ると虫歯になりやすい、というのはここからきているのです。

そして、活発になったミュータンス菌は歯垢を作り上げ、その歯垢の中で酸が作られます。こうして、歯を溶かしてしまう酸を口内に作り上げて、歯を溶かして虫歯にしてしまうのです。

放置しておくと恐ろしいことに

虫歯が、脳に?心臓に?

初期のものであれば、虫歯は再石化といって自然に治癒することがあるようです。しかし、痛みを伴いだしたり、自覚症状がはっきりしている場合には進行している恐れがあります。

そういったものは歯科医師の治療が必要になってきます。元々、虫歯は進行性の病です。その病を放置すると一体どのような事が起きてしまうのでしょうか。

単なる虫歯、子どもの頃も何度も経験があるし大丈夫などといって放っておくと、心筋梗塞、心内膜炎、脳梗塞、脳出血などを引き起こす恐れがあります。

それらの疾患に何故虫歯が関係するのでしょうか。実は菌が歯を溶かしてしまい最終的には歯を支える骨まで到達します。

骨の周りに存在する血管、そこから血液に入り込み、菌たちは体内を巡ってしまうのです。そうして、心臓、脳などに辿り着き、そこから先ほどの疾患を、発症してしまう結果に陥ってしまいます。

その他にも、菌が顎に広がり、顎を腐らせ、そこから骨髄に感染。骨髄炎を発症するなど重篤な疾患になり入院治療となることもあるそうです。

過去にも、海外では虫歯が原因の敗血症で死亡例も存在しています。

歯を守るという事は、命も守るという事になっていた

放置すればするほど命を脅かすことも

大人は、虫歯になった時の歯の痛みを感じにくいともいわれているそうです。気が付いたときは大分進行していた、なんてこともよくあります。

虫歯になり、医療機関にかかれば通院という形になりやすく、さらに治療には痛みやあの独特な音が伴うこともあり、歯医者は苦手だという方も見えます。

なかなか足が向きませんが、虫歯治療は歯だけではなく、自分の命も守るということになります。大病に発展してしまう前にぜひ虫歯の治療をしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする