ジーンズの起源と歴史、背景と現状

ジーンズの起源と語源

厚手の作業服が始まり

ジーンズとは、デニムなど、厚手の生地素材を使って作ったパンツ=ズボンのことをいうそうです。

原型は、リベットなど金属製付属品で補強し、ヨーク等を使った直線的な型紙を用いて、、特殊なミシンで縫い上げています。

頑丈で効率的な縫製はインターロックや巻き縫いなどと呼ばれ、ジーンズの構造を特徴付けています。

ジーンズの語源

ジーンズという呼び名はどこから生まれたのでしょうか。語源は、イタリアの港町であるジェノバ=Genovaに関係しているといわれています。

イタリアのジェノバからやってきた船員たちが着ていたズボンのことをアメリカ人がジェノバ製という意味のジェンズ=Genesと呼んでいたそうです。

その後、ジーンズの特徴を用いてリーバイストラウス社が作ったズボンも、商品名のウエスト丈のオーバーオールから、ジェンズと変化して、ジーンズと発音されたそうです。

ジーンズの原型が完成

またたく間に標準アイテムに

1871年にヤコブ・デイヴィスによってリベット補強の技術が発明されました。これが、当時またたく間に大評判になったそうです。

それをデイヴィスはリーバイストラウス社と共に、特許申請したのです。これが1873年に認められて、リーバイスジーンズが誕生したわけです。

この世界初のジーンズによって、リーバイストラウス社はワークウェアのトップメーカーになりました。

そして、1890年に「501」が誕生、ジーンズが採鉱業者やカウボーイから支持されるようになります。

これを見て、リーが登場し、成功を収めたのです。

50年代のハリウッド映画でマーロン・ブランドがリーバイスのジーンズを身に付けて登場し、ジーンズは大流行、同時に不良のはくものというイメージが定着していきます。

60年代になると、リーバイスがホワイトリーバイスを展開します。これをアイビーリーガーが支持します。、

ブルージーンズの不良イメージがなく、頑丈でいて品格と知性を備えた商品は、学生たちに支持されたわけです。

やがて、カジュアルウェアとして着実に浸透し、ファッションアイテムとしてもさまざまな可能性を広げていったのです。

国産ジーンズの歴史

デニム生地が認められる

国産ジーンズ第一号は、CANTON=キャントンです。1963年に大石貿易がアメリカのキャントンミルズ社からデニム生地を輸入開したものが始まりなんですね。

さらに、ジーンズの製造販売を開始したことが日本のジーンズの歴史の始まりになります。

西日本では、BIG JOHNの前身である、マルオ被服が生産を請け負ったそうです。国産ジーンズとして、生産された最初は、こちらのBIG JOHNで、マルオ被服製だったとそうです。

ジーンズ業界の危機

若者のジーンズ離れ

ここ10年で若者のジーンズの売れ行きは3割も減ったそうです。世界中で愛され続けているジーンズが、日本国内では生産量が10年間で3割減少したというのです。

日本に数多く存在したジーンズメーカーですが、軒並み業績を下げています。五大ブランドもかなり危機的状況です。

エドウィン、リーバイス、ビッグジョン、ボブソン、ラングラーの五大ブランドで、リーバイスを残して全て経営破綻に陥りました。

原因として第一に挙げられるのは、ボトムスが多様化し、チノパンやカーゴパンツ、スウェットパンツといったものがアイテムとして浸透しているのです。

ようするに、ボトムスの選択肢としてのジーンズは絶対的な存在ではなくなったというのが現状なんですね。

また、ユニクロやH&Mなどのファストファッションブランドが台頭して、ジーンズ販売がデニムメーカーだけの独占ではなくなったと言うことです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする