シミのケアでイライラ、シミができる原因、唇など場所による対策とは

シミが消えない理由がある

間違ったシミケアをしていませんか

頬や目元にシミが点々とあり、「消したいけどなかなか消えない」と私のようにお悩みの女性も多いようですね。

実はシミには日光黒子、雀卵斑、炎症後色素沈着、肝斑といった多くの種類があり、それぞれにケアの仕方が違うようです。

老化が深く関わっている

私のシミが消えにくい理由がはっきりした

まず自分のシミがどのタイプかを知って、早めに正しいケアをすることが大事ですね。

シミが消えない理由がもう一つ。肌は新陳代謝を繰り返しており、生まれ変わる(ターンオーバー)のにおよそ28日かかるといわれています。

この日数は元気で若い人の肌の場合で、年齢を重ねるごとに皮膚は老化し、ターンオーバーもスムーズに行われなくなるようです。

ターンオーバーで改善しきれなかった「メラニン」がシミとなって定着し続けると、肌にとっては最悪。シミを作らない生活をすることが重要のようですね。

顔や腕、唇にシミができやすいわけ

顔あるシミの工場「メラノサイト」

皮膚の中にある「メラノサイト」が紫外線などの刺激を受けると、「メラニン」というシミの元を作ります。

「メラニン」は生まれてすぐにシミになるわけではないのですが、大量に生産されたり肌の老化などでターンオーバーができず「メラニン」が残っていくと、肌にシミとなって見える形で現われてきます。

シミが一番出てほしくないところが顔ですが、なぜか顔や唇、腕にシミが出やすいですよね。理由の一つが、紫外線を受けやすいことにあります。

目元だけあけて顔を覆うのは不自然ですし、外出時には日傘やつばの広い帽子、サングラスで応用しましょう。

第二の理由が、シミの工場ともいえる「メラノサイト」が顔に多く存在することが上げられます。

第三の理由が、洗顔などで顔をこする機会が多いということ。シミを刺激するのもよくありません。腕も紫外線や刺激を受けやすいことから、シミが多く発生しやすいと考えられます。

シミの正しい予防法を実践する

日焼け止めによる紫外線防止は最も重要

シミの正しい予防法を知って、これから生まれるシミを防止しましょう。紫外線防止には日焼け止めは必需品ですね。

曇りの日でも室内でも紫外線は私たちの皮膚に降り注いでいますので、一年中日焼け止めは手放せません。顔だけではなく肌をあらわにしている首や肩にも塗っておきましょう。

塗り方でも紫外線防止の効果は違ってきます。薄く塗るのではなく、使用用量をきちんと守って、しっかりと塗りむらのないように塗るのが大事です。

日焼け止めをどんなに正しく使っても、完全に紫外線を防止することは不可能です。シミの元である「メラニン」の発生を抑制する美白化粧品などを使って、さらなるシミ対策を行ってください。

保湿が十分な肌は、バリア機能が働いて紫外線を受けにくくします。
入浴の後や洗顔の後には、すぐに保湿成分の入ったローションなどをつけて、肌の乾燥を防ぎましょう。

唇にシミ!!いったい、その原因は何なのか?

以外と多い唇にできるシミ

みなさん、普通、シミというとお肌にできるイメージですよね!!

ところが、唇にもシミができやすいんです。

では、なぜ唇にもシミができるのでしょうか。

◼️唇にシミの原因◼️

唇にできるシミの、原因はいくつかあります。

原因その1 メラニン色素が作られない

唇にはメラニン色素を作り出すメラノサイトが唇にはほとんどありません。

本来メラニンは肌を紫外線から守るために作られものですが、メラニン色素が作られない唇は普段から紫外線のダメージを受けやすい状態にあるんです。

この、メラノサイトがほとんどないと唇は日焼けをしても黒くなる事ごなく気付きにくく、知らず知らずの間に蓄積した日焼けのダメージが原因になって結果としてシミになります。

原因その2 リップなどの落とし忘れ

唇のシミや色素沈着が起きるいちばんの原因は、口紅などのリップメイクをしっかり落としていない場合唇のシミの原因になります。

原因その3 乾燥しているため

唇には皮脂を分泌する皮脂腺や、保湿の役割をする汗腺もほとんどありません。そのため、肌を保護する役割を持つ皮脂膜が作られないために乾燥しやすくなります。

バリア機能が元々弱い唇はデリケートで刺激を受けやすいため炎症を起こしやすくなります。その炎症が治る過程で色素沈着が起きてシミになる原因になります。

原因その4 刺激の強い食べ物

塩分の濃いものや唐辛子やこしょうなどの香辛料を多く使った料理を食べすぎることでも唇のシミの原因はになります。

刺激の強い物を食べたあとは食事などのあとにティッシュなどで唇をごしごし擦ったり、唇を指で触る癖も日常的に唇を傷をつける原因になるので控えましょう。

これらの原因が唇のシミになってしまいます。

唇にシミを作らないための対策

毎日の洗顔はしっかりと!!

では、どの様な対策で唇のシミはふせげるのでしょうか。

唇を健康的に保つための対策を紹介しましょう。

️日焼けリップクリームをこまめにぬる

紫外線はお肌以外にもにも唇にも大きなダメージを与えます。

そのためお肌同様唇にも日焼け防止が必要です。

外出するときには、UVカット効果のあるリップクリームを唇に塗りましょう。

ただしここで注意点は、リップクリームの塗りすぎは逆に唇に刺激を与えることになってしまう為リップクリームを塗る回数は2~5回にしましょう。

️メイクはしっかり落とす

唇には、オイルクレンジングや拭き取りメイク落としは刺激が強い為使用をなるべくさけ弱いジェルタイプやクリームタイプのクレンジングを使うのがおすすめです。

唇の縦じわを広げるように口を横に大きく開けて、唇の縦じわにそって指先で優しくマッサージをするようにリップメイクを落としましょう。

️マッサージをする

唇をマッサージすることで血行・新陳代謝をあげて正常なターンオーバーを取り戻してシミを改善することができます。

お風呂上がりにリップクリームや唇用マッサージクリームなどを塗りマッサージすると効果的です。

何をやってもシミが消えない

レーザー治療が最後の砦かも

何もやっても唇のシミが取れない場合はレーザー治療もあります。

しかし、レーザー治療だと価格が高いのではないか?時間はどれくらいかかるのか?心配になりますよね!!

まず、レーザー治療は何科に行けば良いかわからない方もいるでしょう。

唇のレーザー治療は実は皮膚科でも行っている病院もあります。

レーザー治療の時間も約15分程で終わります。

価格も病院によるとは思いますが1つのシミで平均3000円〜5000円程で行う事ができます。

そこで気になるのが唇のシミはどんなシミでも効果があるのかですが、実は唇のシミは全てのシミに効果があるわけではありません。

レーザー治療の効果があると言われるシミは以下の物になるそうです。

●紫外線によるシミ
●加齢によるシミ
●そばかす
●あざ
●脂漏性角化症

これらの原因のシミには効果的と言われているということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする