歯周病の原因菌が引き起こす全身疾患、糖尿病や肺炎にならないために

歯周病と、そこから派生する病気について

知らないではすまされない、歯周病菌の怖さ

「虫歯が痛くて眠れなかった」「親しらずが腫れてズキズキする」などと、歯が原因でツラ~イ日々を過ごされた方は多いと思います。

食べ物を咀嚼するために、なくてはならない大切な歯。その歯を失う原因って、実は虫歯よりも歯周病の割合が高いことを知っていましたか?

歯周病は成人の約80%がかかっているともいわれています。虫歯と違い、痛みがないため症状が進行していても気づかず歯のぐらつきで受診した時にはすでに手遅れ、なんてことも…。

さらに、歯周病の怖いところは、歯を抜かれる程度では終わりません!歯周病の病原菌が、糖尿病や心筋梗塞、誤嚥性肺炎などを引き起こしていることが、最近になって解明されています。

歯周病とは?

歯周病のなりたちと症状

食事のあとに、歯磨きをするとさっぱりしますよね?毎日の習慣にしている方も多いと思います。

夜、しっかり磨いて寝たはずなのに朝起きた時、なぜか口の中がネバネバしたり、歯がザラつくという方は要注意!

磨き残しから、「プラーク」とよばれる細菌のカタマリで歯の表面がおおわれてしまうと、そのようになります。

そしてこのプラークが、歯と歯茎の境い目に入り込んで増殖し、歯茎を腫らします(この段階では、歯肉炎とよびます)。次に、菌と唾液が結びついて歯石となって付着します。

さらに症状が進んでいくと、炎症が歯茎を通りこして、顎の骨まで到達し、骨を溶かし始めることで歯がグラグラとゆれるようになります。

歯茎が腫れたり、膿が出ることもあります。これが歯周病(歯槽膿漏)です。この状態を放置しておくと、やがて歯は抜けてしまいます。

歯周病菌の、ほんとうのおそろしさ

歯周病菌から起因する、全身疾患

近年の研究では、歯周病菌がさまざまな病気の原因となることがわかってきています。

糖尿病や心臓疾患、動脈硬化、誤嚥性肺炎、さらには骨粗しょう症や早産、腎炎などのリスクを高めるとの報告があります。

特に糖尿病では、歯周病が糖尿病を悪化させる原因であると同時に糖尿病によって歯周病を重症化させるという相互作用がみとめられているそうです。

また、心筋梗塞や肺炎など、生命にかかわるような病気の原因のひとつとして、歯周病菌があげられています。

歯周病予防のポイント

ブラッシングと歯科検診

歯周病にならないためには、何よりも毎日の丁寧な歯磨きが基本となります。

ポイント① なるべく新しい歯ブラシを使う
(毛先が両側にひらいたような歯ブラシはNG!)

ポイント② つよく磨かず、小刻みに
(歯を一本一本、ていねいに磨くつもりで!)

ポイント③ 歯と歯茎の境い目を意識して磨く
(プラークがたまりやすい場所です!)

このほか、市販の歯間ブラシやデンタルフロスを使って、歯磨きでは届きにくい部分をフォローするのも効果的です。

また、たとえなにも症状がなかったとしても、数か月に一回は歯医者さんに行き、歯の状態を診てもらうのが理想的です。

歯周病は知らず知らずのうち、徐々に進行していくものですからかかりつけの歯科医院をみつけておくと安心です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする