育毛は、コスパも重要、男と女によって違う効果的な育毛成分とは?

男女によって育毛剤はちがうの?

育毛剤のコスパってどのくらい?

薬局などには沢山の育毛剤が並んであります。

価格も高いものから安いものまで、いざ買おうとしても沢山ありすぎてどれを買えばよいのか悩みますよね!

育毛剤は種類によって効果が違う。

男女によって脱毛の原因にちがいがある!

髪の悩みは男性だけではありません。しょせいの方でも薄毛に悩んでおる方も多くおります。育毛剤の選び方は男性、女性によっても異なります。

【男性の場合】

男性の薄毛は、男性型脱毛症通常AGAが原因と言われておらります。主に頭皮の血行が不十分の為、その場合は頭皮に血行が行き渡る様に頭皮マッサージも効果的と言われております。

男性型脱毛症は治療でも治すことができますが、一番育毛剤が効果的と言われております。
効果が認められている育毛剤を使うと髪が生えてくる可能性があります。

【女性の場合】

女性の場合の主な原因はびまん性脱毛症が原因と言われておらります。女性の場合は男性の様に地肌が露出るすことはありませゆが、髪の毛が細くなったり髪全体にボリュームがなくなります。

頭皮のアンチエイジングを心がけ、代謝と血行をよくしましょう。

育毛剤に頼らないで薄毛を治す方法はあるの?

食事で脱毛改善!!

中には薬品に頼りたくない方もおりますよね。では、実際に食事から脱毛症は改善できるのでしょうか。
毎日の食事の栄養素は体を健康に保つためにには欠かせないものです。

それは髪の毛も同様です。では、どの様な食事を摂るとよいのでしょうか!特に髪の毛に重要とされている栄養素は3つあります。

・タンパク質
・ミネラル
・ビタミン

タンパク質

髪の大部分の栄養素はタンパク質の一種であるケラチンから作ららています。体内でタンパク質が不足してしまうともちろんケラチンも不足してしまいます。

タンパク質やケラチンが不足すはと抜け毛の原因や髪の毛が細くなってしまいます。

ミネラル

ミネラルは酸素を活性化させる働きがあります。ミネラルの中で1番重要なのは亜鉛です。亜鉛は、アミノ酸に分解されたたんぱく質を、ケラチンへと再合成する際にたても大切な要素なのです。
髪の毛に良いとされる他の栄養素をしっかり摂ったとしても、亜鉛を摂取しなければ、ケラチンへと再合成されず、薄毛対策にはなりません。

ビタミン

ビタミンも薄毛対策のは無くてはならない栄養素です。ビタミンの中でも最も重要なビタミンA.ビタミンB群.ビタミンEが薄毛の鍵を握っています。

ビタミンAには、頭皮を健康に保つ役割があり、どれだけ頭皮に良いとされる栄養を摂取しても、頭皮が健康でなければ効果はありません。
ビタミンB群には、摂取したたんぱく質をアミノ酸に分解する働きがあります。さらに、ビタミンEを摂ることで血行や、頭皮に栄養が行き渡るようサポートしてくれます。

食材では、主に納豆や青魚、野菜ではしいたけなどが良い食べ物と言われております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする