めまいの原因とは?吐き気や息切れ、ストレスなど、症状に合わせた対策

めまいとは

原因はさまざま

めまいとは、「目が回る」「目がくらむ」といった症状のことを指します。めまいを引き起こす病気はさまざまであり、緊急性や対処方法、受診すべき診療科も異なります。

特に激しい頭痛や手足の麻痺まひなどが急に生じた場合には、脳卒中といった緊急疾患も疑われます。
病状を見極めつつ、原因やその症状に合わせた対処法を見ていきましょう!

めまいの原因と種類

めまいは大きく分けると、3種類

回転性めまい

目が回る、また天井がグルグル回るなどと表現されるめまいで、内耳と視覚と筋肉からなる、身体のバランスを保つ機能(平衡機能)、三半規管の異常により起こります。

主に耳の病気が原因と考えられます。例えば、代表的なものにメニエール病や突発性難聴などがあります。めまいの他に耳鳴りや難聴、吐き気などの症状が現れます。

その他にも脳が原因の事もあるので早めに医療機関を受診する必要があります。

浮動性、動揺性めまい

身体がフワフワ浮いているような感じ、またユラユラ揺れているような感じのめまいは、車酔いや船酔いに似て、とても気分の悪いもの。

脳腫瘍や脳梗塞、脳血栓といった脳血管障害や脳血流障害など、脳に原因があることもあります。また高血圧やうつ病などの心因性のものが原因ということも考えられます。

失神性発作

目の前が急に真っ白、真っ黒になったなどと表現されるめまいで、頭からスーツと血の気が引いていくような感覚を覚えます。

よく言われる立ちくらみはこれに相当します。夜なかなか寝付けず朝起きれないなどの症状を伴う自律神経失調症の一種である起立性調節障害や動悸息切れを伴う不整脈などの原因が考えられます。

めまいと伴いこれらの症状がある場合は循環器内科を受診する事を必要になります。

またこれは、耳や脳の異常ではなく、脳に送られる血液の量が一時的に不足することで起こると言われているので貧血やストレス、過労などで自律神経のバランスが乱れると症状が出やすくなります。

めまいの症状別対策

症状によって対策も変わってくる

めまいの原因としてあげられるメニエール病や突発性難聴、心因性めまいや立ちくらみのめまいなどは根本の原因として、ストレスや過労などで自律神経が乱れることがあげられます。

なので普段の生活習慣を見直すことで、自律神経を乱さないようにする事がめまいの防止にもつながると考えられています。具体的には下記の4つを心がけてみると良いそうです。

・ストレスを溜めすぎない生活を送る→メニエール病などの主な原因
・規則正しい生活を送る→自律神経の乱れを改善する
・バランスのとれた食事を摂る→血流を良くする
・適度な運動を取り入れる→ストレス解消

また浮動性、動揺性のめまいには高血圧も大きく関係しています。高血圧を放っておくと脳梗塞などの重大な病気に繋がる為塩分の控えた食事も意識しましょう。

めまいの多くは原因の分からないものやすぐに命に関わるものではありませんが重大な病気の前兆でもあるので日頃から規則正しい生活を心掛けましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする