紙の規格、A版とB版の違い、厚さやサイズの表し方は独特の仕組み

紙のサイズはどう決まる?

紙のサイズにでA4やB5サイズがあるわけ

良く書類をコピーする時などでサイズを指定して印刷しますが何故疑問に思った事はありませんか。

また、A4やB3などサイズがありますが実際、どのくらいのサイズなのかもわからないですよね。

ルート長方形でサイズが決まる

型にには決まりがある

私たちが普段目にする、新聞紙やノートやコピー用紙は「ルート長方形」と呼ばれる縦横比でできています。ではA判やB判がありますが違いはあるのでしょうか。

A判

世界各国で使われているサイズで国際規格(ISO)になりドイツの工業規格「DIN476」を基準としているサイズです。

B判

日本国内の伝統的な規格で江戸時代の公文書使用する紙を美濃紙に決めたことから、美濃紙のサイズに由来しています。

どちらも0〜10の数字がふられています。「0」をはじめとし数字が増えていくにつれ、用紙サイズが小さくなっていきます。

ABどちらも、比率は、「1:√2」になっています。ちなみに、この比率は「白銀比(はくぎんひ)」と呼ばれています。

紙のサイズには日本特有のサイズがあり、日本伝統が受け継がれているのがわかります。

紙の重さは厚さが関係

種類によって違いがある

紙のサイズはわかりましたが、紙にも重さがあってご存知ですか?紙の厚さは、「90キロ」「110キロ」「135キロ」などと表示されます。

この「キロ」というのは重さです。紙の厚さは、「原紙1000枚分の重さが何㎏になるか」で表します。この重さ(紙の厚さ)のことを「連量」といい、同じ種類の紙なら、「連量」が多いほど厚いということです。

紙には種類がある

【コート紙】

表面に光沢がある紙のことをコート紙といいます。特殊な薬品を表面に塗っているため鮮やかに印刷することが出来ます。

身近なものではチラシに使用されている紙にたります。写真を多く使うチラシや広告用ポスターにはおすすめのです。

【マット紙】

光沢が出ないように、加工した紙です。表面はサラッとした質感です。色が、ややくすんで表現されるため、落ち着いた感じにしあがります。

【ケント紙】

厚手で固く張りのある紙です。主に画用紙や製図用紙として使われております。

そのほかにも紙にはまだまだ種類は沢山あります。紙の重さは厚さで決まるのは驚きです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする