ストレスで息切れや動悸、免疫力の低下で病気の引き金に、腰痛も発症

呼吸がしづらい、ドキドキする

一体何が原因?

何もしていないのになってしまう、緊張してドキドキし、呼吸が荒くなるという経験したことがある方が多いと思います。

しかし、「何も緊張するものがないのに」、「座ってお茶をしていただけなのに」など、リラックス状態からの動悸、息切れが起きてしまうというのはなんだか気味が悪いですよね。

一体、突然やってくる息切れや動悸は何者なのでしょうか?

自律神経の働き

病が隠れているかも

ドキドキする心拍や呼吸が浅くなる息切れ、これらはどのような原因から生まれるのでしょうか?

一般的には心拍などは交感神経と副交感神経の自律神経によってコントロールされています。

この自律神経が興奮やストレス状態に陥ると交感神経が優位になり、筋肉の緊張、血圧や心拍の上昇が見られるようになります。

そうすると、呼吸が浅くなる、ドキドキするなどの症状が生まれます。

その為、そういった息切れや動悸は自律神経のバランスからくるものがあると言われているそうです。

しかし、この場合は人の前で発表したり、なにかやることがあり、それに対しての緊張やストレスから生まれる現象になります。

では、そういった要因がない場合は何が問題になってくるのでしょうか?

動悸の場合は不整脈などの心臓の病など、息苦しさは不整脈やほかの病気などからの呼吸器の異常であったり、精神的要因ではなく、病からくるものも原因の一つとして視野に入れていかねばなりません。

その場合は医療機関にかかり、医師に診てもらうのが理想と言えます。

しかし、こういった、内臓や呼吸器などの病ではない場合もあります。

医師と相談、検査したけど心臓などに何も異常はなかったということもあります。その場合、精神疾患の恐れもあります。

息切れ、動悸などが起きやすいとして、代表的なのが「パニック障害」が挙げられます。

その他にも「うつ」、「適応障害」など、まさにストレスが要因とされる精神疾患です。こういった理由で自律神経の乱れなどによって動悸や息切れが引き起こされている場合もあります。

もし、内臓器官などに異常がなく、何もしても楽しくない、何故か気持ちが落ち込んでいるなど、自分で思い当たる節がある場合は、精神科などへの相談や受診も考えると良いのかもしれません。

女性の悩み、更年期障害

更年期障害でも起こる

女性なら誰でも意識のしたことがある、更年期障害ですがこの更年期障害の複数ある症状の中にも動悸と息切れがあります。

一概に全員がなるとは言い切れないのですが、実際にそういった症状が出たという方も見えます。

ではどうしてそのような症状が出てしまうことがあるのでしょうか。

はっきりとした理由が言えない部分も現在でもあるようですが、よく言われているのが「卵巣の機能低下が引き金になっている」という説です。

更年期に入ると卵巣の機能が低下、または停止してしまいます。すると女性ホルモンであるエストロゲンの分泌がうまくいかなくなります。

そうなると、体に必要な女性ホルモンが足りないと脳の視床下部が「女性ホルモンが減少しているから、卵巣はもっと女性ホルモンを出しなさい」と命令をするのですが、卵巣は機能が低下、停止しているため、反応がありません。すると視床下部が混乱してしまうのです。

視床下部が「何故いう命令を出しているのに聞かないのか!」と思うのでしょうか・・・

そんな混乱してしまった視床下部ですが、実は視床下部は自律神経などの中枢を担っているのです。

その為、混乱が起きてしまっているために、自律神経のバランスを崩しやすくなり、理由の解らない動悸や息切れに繋がってしまうということもあるそうです。

見逃してはならないサイン

放置するのは恐ろしい

原因の解っているストレスが存在するのであれば取り除いて様子を見るのも手ですが、別に緊張することもないけどよくある軽い動悸がある、大したことのない息切れだから、すぐ治っていくから、などと安易に考えずに、どの状況でも症状が出た場合は医師に相談、必要であれば検査は必須と言えます。

心臓や呼吸器などに不安がある場合は適応した医療機関へ、それらで異常がなく、それでも症状が続くようであれば精神科などへの相談が必要かと思います。

女性で更年期である場合は産婦人科などへ受診するとホルモン剤や漢方など処方されることもあります。

小さな症状でも大きな病が隠れていることもあります。気になるのであれば、医療機関に相談、受診をおすすめします。

“風邪を引く人”と“引かない人”の差は何か?

風邪の原因はほとんどがウイルスですから

風邪は万病のもと。風邪の原因(病原体)の80%~90%がウイルスによるもので、目、鼻、口から体内に入ってきます。

ウイルスが体内に入らないように日頃からマスクや手洗い、うがいなどの対策をしているけれど、それでも風邪を引いてしまうことはありませんか?

薬を飲んでものどの痛みや咳が数週間続く人もいます。放っておくと、弱った体が肺炎など二次感染へと移行し、命にかかわることもまれにあるので、軽視できません。

風邪を引かない人は“免疫力”が高い

免疫力 を高める方法とは?

免疫力とは、ウイルスなどの外敵の侵入を防ぎ、身体の健康を維持する力のことです。演繹力が低い人ほどウイルスに抵抗できず、風邪を引きやすい傾向があります。

原因は加齢、ストレス、冷えです。風邪を予防するには身体の免疫力を上げることが重要ですが、加齢は食い止められません。

現代社会だからこそ、ストレスへの適切な対処や自分でできる食事療法や生活習慣を見直せば免疫力を高めることができます。

しっかりと睡眠時間を確保し、ストレスを抱え込まないこと。そしてウイルスに対する抵抗力とウイルスに対する抵抗力と免疫力を高めるために積極的に摂取したい栄養素として次のようなものが挙げられます。

免疫力を高めるビタミンC

イチゴ、キウイフルーツ、ブロッコリー、ほうれん草など

粘膜を保護するビタミンA

人参、カボチャなどの緑黄色野菜など

肉体の疲労回復、代謝を助けるミネラル

バナナ、大豆製品、牛乳など

抵抗力を高めるたんぱく質

魚介類、肉類、卵など

新陳代謝を活発にし、免疫機能を高める亜鉛

カキなどの魚介類、赤身の肉類、レバー、ナッツ類など

これらをバランスよくしっかり摂ることで、風邪を引きにくい身体を作ることができます。

また、運動している人としていない人では、風邪を引く頻度が二倍も違うといわれています。

毎日30~60分程度の軽い有酸素運動を行っている人は、運動しない人に比べて風邪を引きづらく、引いても症状が出る期間が短く済むこともわかっています。

えっ!?これだけでいいの?

簡単に 細胞活性化

風邪を引くのはウイルスや食生活、ストレスなど複合的な要素が絡んできます。弱った細胞を元気にするには、一般的にバランスの良い食事による栄養十分な睡眠、ストレス発散などと言われています。

ところが、音楽を聴くことで免疫機能を司る細胞を増やし、好影響を与えることがわかっています。どの音楽でもいいわけではありません。

マウスの心臓移植後、免疫を抑制しないと平均7日程度で心臓が止まってしまうのですが、ヴェルディの「椿姫」が約40日、モーツァルトが約20日、エンヤは約10日間長く動き続けたのです。

これらの音楽に共通しているのは、心地よく安らぎを与えてくれるサウンドということでしょう。

音楽だけでなくアロマや森林浴など、日頃の疲れが癒されるものには細胞を元気にする効果が期待できるはずです。

何をやってもストレスまみれになる現代社会

がんじがらめの生活、発散する時間もない

生活に余裕がない、お金も、心のゆとりも。そういった問題や人間関係、現代社会の問題を上げたらキリがないほどです。

その社会の中でも、負けずに生きていかなければならない現代人。発散はするものの、たまることのほうが多いストレスが、時に人を死に至らしめるほどの威力を持っているのはご存知でしょうか?

ストレスで病気になるのはよく聞きますが、死ぬほどなのかと思いますよね。何故、ストレスで死に至ることになるのでしょうか。

死ぬようなストレスとは?

心臓の病気になることも?!

病原体でもないのにどうしてでしょう。まず、ストレスが一体どんなものなのかということです。実はストレスは脳で感じ取るものです。

脳の偏桃体と呼ばれる個所で不安、恐怖などを感じ取ります。すると偏桃体は興奮してしまいます。これがストレス反応のスタートと言われます。

この偏桃体が興奮すると、視床下部へ指令が伝達され、副腎でコルチゾール、アドレナリン、ノルアドレナリンというストレスホルモンを分泌されます。

さらに、自律神経が興奮状態になります。先ほど分泌されたストレスホルモンによって心拍数が上昇し、血圧の上昇にもつながります。

こうして、心臓に負荷がどうしてもかかってしまい、心臓の疾患などを発症させるリスクをあげてしまうのです。

また、ストレスで免疫力が下降、体内に侵入した細菌が追い出せなくなり、増殖。血管破壊などを行うこともあり、脳卒中や大動脈破裂、心筋梗塞などの重大な疾患を呼び起こすこともあると言われています。

ストレス反応のせいで、心臓の筋肉の血流量が減少するといったこともわかってきているそうで、この現象のせいで、心不全を引き起こしてしまうこともあると言われています。

その他にも、ストレスはがんを悪化させる、蕁麻疹や喘息、肥満、糖尿病、十二指腸潰瘍、などの疾患にもつながると言われています

小さなストレスでも、慢性的に蓄積し、肥大化してしまうと死に至る病を呼び込みます。
こういったストレスを造語にあたるのですが「キラーストレス」と呼ばれることがあるそうです。

脳が委縮?!脳への影響

ストレスを感じる場所である脳

ストレスを与え続けると脳はとんでもない事になってしまうのです。慢性的にストレスを感じていると、前頭前野の樹状突起という箇所が委縮してしまうと言われています。

ストレスがなくなりさえすれば、再生が可能な場所ですが、ストレスが非常に強力な場合、回復能力を失ってしまいます。

以後のストレス対応がうまくできなくなり、ストレスに対して弱くなってしまうともいわれています。その為、うつ病、依存症などの精神疾患に繋がり、結果的に過労自殺などに発展してしまうのです。

また、親の仲が悪く喧嘩が絶えない、虐待、ネグレクトなどの子供にストレスを与える環境になっていると、子どもの脳が委縮してしまうなどという事も言われています。

こんな時代だからこそ

現代社会でストレス回避は難しいけど

ストレスは実は悪い事ばかりではなく、生きていくためには必要なものともいわれています。しかし、死に追いやるようなストレスはいりませんよね。

人生山あり谷ありと言いますし、どんな人にも起伏のある人生でストレスはつきものになってしまいます。

正しく生きようとすればするほど、ストレスが覆いかぶさってくることもあります。時にはストレスの原因から逃げることも必要です。

自分は一人しかいないのですから、気持ちを切り替えて、自分が生きやすくストレスに左右されない生活ができるのが一番理想なのでしょう。

心因性の腰痛の原因

原因はストレスって本当か

腰痛で悩んでいる人は日本ではおよそ80%の方が腰痛で悩んでいます。腰痛は日常生活のなかで支障をきたしてしまいます。では、心因性腰痛の症状はどの様な物でしょう。

この心因性の腰痛は1ヶ月以上痛みが続いたり、治ったと思ってもまたぶり返してしまう場合があります。

肉体的の腰痛の場合と違い心因性腰痛の場合はストレスが原因と言われているためストレスの原因が改善されない限り腰痛はなおりません。

心因性の腰痛が起こる原因

日常のストレスで不調に

では何故ストレスが原因で腰痛が起きるのでしょうか。私達は日常生活の中で様々なストレスを受ける事があります。

通常は、交感神経と副交感神経の2つのバランスが取れていて、体が健康な状態に保たれていますが、ストレスにより神経のバランスが崩れるわけです。

すると、血行が悪くなったり、筋肉が長時間緊張している状態になりこれらの原因が腰痛に繋がると言われています。

普通の腰痛と心因性腰痛の区別

セルフチェック方法

では通常の腰痛と心因性腰痛の見分け方はあるのでしょうか。心因性腰痛の場合はレントゲンなどを撮って検査をしても異常があらはれない場合があります。

腰痛の痛みがストレスを感じている時に特に絶望感・恐怖・怒り・不安・抑うつ感などを感じている時、痛みをより感じやすい状態セルフチェックができます。

改善方法

どうしたら良いのか?

ではどの様な改善法があるのでしょうか。

ストレスを解消する

心因性腰痛の原因はストレスからくる腰痛です。まず、そのストレスを取り除く事が大事になります。
ストレスが仕事からくるものなのか又は人間関係なのかをしっかりと把握しストレスの原因を取り除く事が必要です。
家族や友人のサポートが大切になってきます。そういう事を相談できる人間関係を築いておくことが、心因性の病気の予防・改善には大切なのです。

認知行動療法

心因性腰痛の治療として、認知行動療法が取り入れられる場合もあります。精神面を強化するこで改善できる精神療法のことを言います。

精神的なストレスにうまく対処する方法を学んでいくことで、心因性腰痛の改善につながります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする