目のかすみ、目の酷使でピントが乱れる、頭痛や目やにがあれば病気

目のピントが合わない原因

目の疲れはなぜおきるのか!

最近何故が目がかすみやすくピントが合わないと言った症状はありませんは。では。目のかすみは何故起こるのでしょうか。

最近ではスマホやパソコンを作業など長時間使う方も多くなりました。長時間使い続けると目のピントを合わせる毛様筋肉が緊張状態が続きピントが合わなくなったりかすみ目の原因になるのです。

年齢を重ねると目は次第に水晶体の筋肉が衰えピントが合わなくなり近くの物が見えずらくなるのです。

自宅で簡単にできる対策やケア方法

目の対策にはこれ!!

一番いいのはスマホやパソコンを使わない事が良いのですかそうはなかなか行かないですよね!!特にパソコンは仕事で使う方も多いでしょう。

では、簡単に自宅で目のかすみ、疲れ対策にを紹介しましょう。

こまめに休憩をとる

長時間にわたってモニターや携帯を凝視する場合は、1時間ごとに約15分程目を休めめましょう。
目の疲れをとる体操やマッサージをする事や、蒸しタオルをまぶたの上にのせて、目を休め事もすすめです。

紫外線の予防

目にも紫外線の予防することです。水晶体は紫外線を受けることで、大きなダメージを受け弾力を失ってしまいますので日差しが強い日は、UVカット効果のあるサングラスや日傘、帽子をかぶりましょう。

部屋の明るさに注意

部屋の電気が明るさ過ぎると目に負担がかかり疲れ目らかすみ目の原因になりますので部屋の明かりは明かりすぎない様に注意しましょう。

これらの対策をする事でかすみ目などの症状を緩和する事ができます。

病気の可能性がある

頭痛や目やににはどんな病気が潜んでいるのか

最近、何故か目やにが出てきたり目の疲れを感じると頭痛の症状が出たりしませんか?もしかしたらそれはなんらかの病気の症状かもしれません。

目やにが多く疑われる病気は「アレルギー性結膜炎」「細菌性結膜炎」「アトピー性結膜炎」が疑われます。

アレルギー性結膜炎

季節性の花粉や、ダニ、ハウスダストなどが原因で起こる結膜炎です。花粉などが多く飛び交う季節は、眼鏡やマスクを使用するなど自己管理が重要です。

細菌性結膜炎

ウイルスが原因でおこる結膜炎の事を細菌性結膜炎と言います。症状としては菌が原因で起こり黄色い目やにや黄緑色のネバネバした目やにが多くでます。

細菌性結膜炎はウイルスが原因ですので人に移る可能性がある為注意が必要です。

アトピー性結膜炎

アトピーの治療を行っている人がなりやすいのがアトピー性結膜炎です。アトピーの症状も悪化すると結膜炎も悪化する傾向があり、涙をつたい菌だはをまでいき皮膚炎をおこす場合があります。

また、特に小さい子供に症状が多く見られるのが、風邪をひきまだ上手に鼻がかめない子供が鼻水が溜まりそれが原因で目やにとして症状が現れるケースもあります。

目の痛み

痛みにも2種類

目の痛みには「目の表面の痛み」と「目の奥の痛み」の2種類に分かれて、その目の痛みから頭痛になる場合があります。主に考えられるのが「群発頭痛」です。

群発頭痛とは眼球の入っているくぼみ周辺から側頭部にかけて、短時間のキリキリと突き刺すような激しい痛みが出る頭痛の事を言います。

痛みは1~2カ月間続き、必ず頭の片側が痛みます。40代男性に多く、夜中や早朝によく見られます。目が痛くて涙が出たり、吐くこともあります。その痛みは、救急車を呼ばないと動けないほどの痛みと言われています。

近年、スマホやパソコンを使う事が多くあり目のかすみやなどの症状が多くあります。使用時は長時間の使用は避け、こまめに休憩をしましょう。

万が一目やにや頭痛を伴う場合は自己判断せず専門医の受診が重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする