メイクアップアーティストはメイクのプロ、資格よりも実力、求人の現状

メイクアップアーティストに注目!!

メイクを仕事にしているプロ

メイクアップアーティストと聞いて思い浮かべるものは何でしょうか。

芸能人やモデルさんのメイクをするプロの人だったり、美容室でメイクを担当している人もそう呼んだりもします。

余談ですが通勤時の電車にもたまに、明らかにメイクボックスであろう真四角の黒いケースと大きい黒いかばんを持っている人を見かけます。

この人は仕事なのか学校に行くのかと考えたことが何度かあります。

話を戻しますと、メイクアップのアーティストなのですから、いわゆる“メイクのプロ”ということです。

ヘアメイクアップアーティストとはヘアセットからメイクまでする人のことですが、ここではメイクの専門であるメイクアップアーティストに焦点を当ててみましょう。

どうしたらなれるのか?

誰でもなれる?資格は必須ではない?

メイクアップアーティストの仕事は世界中いろいろな場所で必要とされています。

表舞台で目にすることが多いのは、モデルのファッションショーや芸能人のメイクでしょうか。

奇抜なファッションに身を包んだモデルに合った個性的なメイクを手掛けたり、画面に映る女優やタレントさんを少しでもきれいに見せるため、あれやこれやのメイク道具を駆使して仕事をしています。

実はメイクアップアーティストには資格が必要ではなく、言うなれば誰でも名乗ることができます。

つまりメイクが好きで、メイクに自信があってそれを仕事にしたいと思えば夢は叶う目前にあるかもしれません。

しかし、自分一人ではなく、相手がいて初めて成り立つ仕事なので必要とされなければ、当たり前ですが仕事はありません。

そこでメイクアップの専門学校で知識を学んで腕を磨き、メイクの資格たるものを取得することが仕事への近道となるでしょう。

他には通信講座で同じ資格を取得することもできますし、実際に働きながら腕を磨いていくという方法もあります。

しかし、これは資格をとるまでに時間がかかるかもしれないので、経験を積みたい、収入を得ながら勉強したい方には向いているかもしれません。

どのような仕事がある?

きれいに見せるだけではない

ファッションと同様、ヘアメイクだけでなく美容全般に関心を持っているかどうかが求められます。

常日頃、流行発信のアンテナを張り巡らし一早くメイクに取り入れるなど、情報収集や観察等も必要です。

美容師や資格を取得した場合、どんな内容の仕事依頼がくるのでしょうか。

モデルや女優、タレントなどのメイクは華やかなものでスポットライトも浴びやすい場所です。

しかし、私たちが普段関わる身近なところでは、ブライダルでの花嫁のヘアメイクを担当したり、百貨店などの化粧品売り場でメイクを施したりと活躍の場はいろいろなところで見受けられます。

中にはきれいにすることが目的ではなく、いかにリアルに本物に似せられるかのような特殊メイクを請け負う仕事もあります。

メイクが好きだからこそやりがいのある仕事になるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする