アイアン、パター、ユーティリティの使い方、アプローチの上達方法

上手になる為にはアイアンの選び方が重要

ゴルフクラブのアイアンをうまく選んで飛ばすには

ドライバーで飛ばした2打目以降、コースを攻めるのに欠かせないのがアイアンです。方向と飛距離の正確性が求められるアイアンショットで、アイアンには番号があります。

なかなか飛距離をだせなかったり目安がが分からず打てないという方も多いでしょう。このアイアンを克服する目安やコツがあるのです。

アイアンの役割

アイアンには数字が付いている理由

ゴルフクラブによって打ち方が違います。ドライバーなどと違いアイアンはを意識した打ち方をする必要になります。

アイアンはパー4、パー5の2打目や、パー3のティーショットなど、グリーンを狙う時に使うことが多いクラブです。

現在では5番、6番、7番、8番、9番、6本セットで販売されていることが一般的です。アイアンの番手は、数字が大きくなるほどクラブの長さが短く、ロフト角が大きい物が、飛ぶ距離が短くなります。

番手ごとにロフトが4度ずつ異なる設定が一般的で、10ヤード~15ヤードぐらいフルスイングの距離が変わり、ラウンドでは残り距離に応じて、できる限りフルスイングで打てる番手を選ぶのがポイントです。

ゴルフでの飛距離を目安のコツ

飛距離をつかむコツは9番アイアン

自分の飛距離を知る上で基本になるのは、9番アイアンの距離です。自分の飛距離がどのくらいかを知るには9番アイアンを使うのが基本です。

まず9番アイアンを打ってみて、その平均的な距離を計測しましょう。それが130ヤードだったとすると、9番アイアンの飛距離を2倍にし、この場合、260ヤードになりますが、これが「ドライバーの飛距離」に近づくはずです。

メーカーやスイングによってスピードがちがいますが、ドライバーの平均飛距離は男性なら230ヤード、女性なら175ヤードといわれています。

アイアンの場合は、平均飛距離は5番アイアンで男性160ヤード、女性110ヤードです。それ以外は番手によって10ヤード程度ずつ短くなります。

9番アイアンで男性115ヤード、女性70ヤードです。この飛距離を目安になりアイアンショットでは、飛ばしたい方向に正確に飛ばすことも大切になってくるわけです。

要するに、アイアンの数字は大きくなるほど距離が短くなります。あくまでも、飛距離の目安を確認するには9番アイアンです。これを基本に逆算するわけです。

パターは距離感が大事なわけ

パッティングは努力すれば必ず上達する

パターというのはドライバーやアイアンショットと違って、練習しなくても簡単にボールを打つことができます。

しかしボールとホールの距離感がつかめないと打数がかさんでいってしまいとんでもない数打っていた、なんてことも(笑)

パターは「距離感」がとても大事になってきます。このパッティングは才能より、どれだけ練習するかで全然ちがってきます。

パッティングはほかの練習と違って地味なので敬遠しがちですが、練習して上達することで1ラウンド10以上かわってくるのです。

パッティングの練習方法

パターをつかわない練習が一番

「ゴルフなのにパターをつかわないの?!」と驚かれましたか?でもこの方法はとっても大事なのです。まずは手でボールをカップの方向に転がしてみてどのくらいの力で打てばいいのか感覚をつかみましょう。

イメージとしてはごみをごみ箱に投げ入れるイメージです。自分で感覚をつかむしかないのです。

どれくらいの力で打つか感覚がつかめたら次はパターをもって練習しましょう。パターのふり幅でどのくらい転がるのかイメージをつかみましょう。

精一杯五感を働かせましょう

いろいろなコースで役立つ

五感でカップインするまでのコースどりや距離、打つ強さを感じましょう。たとえば打ったボールを一切見ないようにしましょう。

打った後はボールの行方がきになりますが、そこはぐっと我慢です。できれば目をつぶって打ったほうがよいです。

次に距離感をつかむために打った時の感覚でどのくらい進んだか感覚で覚えるようにしましょう。そうすることで打った時の感触で体が覚えるようになります。

このようにパターは五感をフル活用して練習していきます。打ったときの感覚と実際の誤差を詰めるようにできる限り練習していきましょう。

パッティングで自信を!!

プレッシャーは敵

何事もですが、ネガティブな方向に考えてしまうと結局失敗してしまいます。パターに自信がある人とない人二人いたら、自身がある人はパターを決められますが自信がない人は失敗してしまいます。

打つ前には「必ず入る!」と思って打つようにしましょう。その自信をつけるためにはやはり練習です。いままで書いた方法でパターを練習しましょう。

1ラウンド回って今までのラウンドの差でウキウキしてしまうかもしれませんよ♪

万能クラブの代表ユーティリティについて

ユーティリティは役立つもの

ユーティリティとは、「役立つもの」「有用性」といった意味がある言葉です。そのため、ゴルフクラブにおいても、ユーティリティは非常に役立つ場面の多いクラブになっています。

ゴルフクラブとしては、ウッドとアイアンの中間のクラブです。ヘッドの形状も、ウッド型のモノやアイアン型のモノがあります。日本では、ウッド型、アイアン型ともにユーティリティと呼びますが、アメリカではウッド型をハイブリッドと呼び、アイアン型をユーティリティと呼んでいます。

ゴルフクラブでユーティリティが重宝される訳

ユーティリティの飛距離について

ユーティリティの飛距離は、ウッドとアイアンの中間になります。ドライバーは250ヤード前後の飛距離を出すことができるクラブです。アイアンは、200ヤード以下の距離を刻んでいくクラブになっています。

ユーティリティの飛距離は、200ヤードから180ヤードくらいに設定されています。もちろん、ヘッドスピードによって異なりますが、アイアンよりも少し飛ぶイメージを持っていると良いでしょう。

以前であれば、1打目がドライバーで、その後はアイアンという流れでしたが、最近は、2打目をユーティリティが受け持つことが増えています。2打目の精度でスコアが大きく変わってくることから、ユーティリティの重要性がわかると思います。

初心者はユーティリティを身につけよう

ユーティリティは初心者向けのクラブ

ユーティリティは、初心者向けのクラブと言われています。初心者がユーティリティを使用するメリットを考えてみましょう。

ユーティリティは、ウッドに比べるとシャフトが短いため、扱いやすいクラブになっています。素振りをしてみると、振りやすい感じがわかると思います。その一方で、アイアンに比べるとシャフトが長いので、飛距離を出すことができます。

またソールの部分が広くなっているので、ダフりにくいと言えます。重心の位置も低いので、スイートスポットが広く、高い弾道でボールが曲がりにくいのです。

弾道自体も、低弾道で飛ぶため、風に強く、ランが期待できます。これらの点から、初心者は、まずユーティリティをしっかり打てるように練習すると良いでしょう。

ユーティリティを選ぶために

ユーティリティの選び方

ドライバーやアイアンを既に持っている方は、同じシリーズのモノを揃えている方も多いのではないでしょうか。そう言った方は、そのシリーズの使用感を気に入っているはずです。ですから、同じシリーズのユーティリティを選べば間違いないでしょう。

異なったシリーズのユーティリティを揃える場合は、重量に注目して選ぶと良いでしょう。アイアンの一番長い番手より少し軽いモノ、ウッドの一番短い番手より少し重いモノを基準にすればいいでしょう。

必ず、素振りをして、自分に合ったユーティリティを選ぶようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする