クチナシの花の種類と色、クチナシの実の着色以外の上手な使い方とは

まずはクチナシの花の由来から

なぜ、クチナシと呼ばれるのかそのわけ

クチナシという独特な名前の由来は二つあると言われています。

「口無」であるという説

「口無」は、果実ができてもそれが弾けたり裂けたりすることが無い、というところから出ているそうです。

「口梨」であるという説

「口梨」はその果実のなっている様子が梨の実がなっているようだと言うところからだそうです。

クチナシには、ヤエクチナシやコクチナシなどのいくつかの品種があります。花は一重咲きや八重咲きがあり、園芸に多く使われるのは八重咲きのクチナシの方です。

香りが素晴らしいクチナシの魅力

初夏を代表する白花

クチナシは、初夏になると立派な白い花を咲かせます。春のジンチョウゲ、秋のキンモクセイと並んで、花の姿と香りをともに楽しめる花木の代表です。

クチナシの匂いは、夏が近いことを感じさせてくれます。名前の由来には種々の説があるようですが、実が熟しても裂開しないので口無し、といわれたというのが一般です。

また、庭木として花の姿や、香り、緑を楽しむだけではなくて、クチナシの果実は、染料や食品の着色料としても重宝されているのです。

クチナシのいろいろ

日本には3種類、世界にはもっとある

コクチナシ


花径4~5㎝の一重の花です。全体的に小型の品種です。別名、ヒメクチナシとも言います。クチナシの変種で、葉が細長く、花はやや小さめです。

暑さ・病気・日陰・公害・刈り込みにとても強く、生垣などで好みの大きさに育てることができます。切り花にもよく利用されています。

ヤエクチナシ


八重咲きで、クチナシにくらべて少し大きめです。19世紀にクチナシが欧米に渡って、そこで改良された品種とだといわれています。結実しないので、実は利用できません。

濃厚な香りを放つ香ち、枝がよく分枝して、株立状になります。切花などによく用いられます。樹高は2m位になります。

ミナリクチナシ

クチナシの矮性品種です。鉢植えで販売されることが多く、花は小輪一重、結実するので、実が利用できます。

タヒチアンガーデニア


原産地は太平洋のソシエテ諸島で、日本ではほぼ見ることはありません。ハワイ諸島などでは普通に見られます。

ガーデニア・ブリグハニィ

ハワイ諸島の固有種です。これも、ハワイに行かなければ見ることはありません。

ガーデニア・スカブレラ

オーストラリアのクイーンズランド北部のクチナシで、白い花がとても綺麗です。オーストラリアの公園に植栽されています。

黄花クチナシ

つややかな黄色の花をつけるクチナシです。

ガーデニア・ヴォルケンシィ

アフリカ南部原産のクチナシです。花の色が白から淡い黄色に変化します。実はとても大きくソフトボール大になります。

クチナシを上手に育てる方法

日陰では花が咲かないかもしれない

樹木としては日陰でも育ちます。しかし花を咲かせるためには、日当たりがよさが重要なカギを握るようです。

腐植質に富んだ、極端に乾燥しない土壌であれば、土質は選ぶことはありません。寒さにとても弱く、寒風のあたる場所は避けたほうがいいでしょう。

クチナシでは大型の品種でも樹高は1~2mほどです。したがって、狭い場所でも栽培することが可能です。

植え付け方法

植えつけの適期は4~6月、または9月です。根鉢の2~3倍の深さの穴に、元肥として腐葉土や堆肥、粒状肥料などを混ぜて植えつけます。

さらに、中性またはアルカリ性の土壌は、葉が黄化てしまうので、酸度未調整のピートモスを加えたらいいそうです。

その後、根を切らないように注意しながら、根鉢を1/3程度くずします。植えつけた、根鉢の周りに十分に水を注いでから、支柱で固定します。

鉢植えの場合は、細粒の赤玉土に腐葉土を3:1の割合で混ぜて、元肥として粒状肥料を加えます。

植え替えは2~3年に1回が目安だと考えたらいいでしょう。植えつけ時期は、庭植えと同じです。

クチナシの香り

甘い香りと白い花

クチナシと言えば、甘い香りと白い花です。そしてもちろん黄色い実もあります。しかし、八重咲きのクチナシは実はならないのです。そのかわり、香りは強いようです。

クチナシの木にはオオスカシバの幼虫がつくので、目立ちます。この虫は大きな芋虫になり、ハチドリのようにぶんぶん飛ぶ、中型の蛾になります。

石垣島では野生のクチナシが自生しています。本土の刈り込まれた小さなクチナシと違って、見上げるほど大きく育っているそうです。

クチナシの実って?

実は、利用価値の高いクチナシの実

クチナシは、日本を含む東アジアに広く分布しており、特に日本では西日本において多く自生しているそうです。

花の香りは強く、そばを通るだけで香ってきます。しかし、花が終わった後にできる実には香りはありません。

クチナシは日本料理では欠かすことができないそうです。和食の料理人はクチナシの実の色素にいろいろお世話になっているわけです。

クチナシの実は茶色の皮をかぶっていますが、中を割ると中身は黄色の果肉が入っています。

この色素は手についたら取れないくらいの濃い黄色で、日本料理では、この色素を液体にとかし素材を色付けします。花は香り高いのですが実は無臭です。

天然色素として重宝

安心して使える既存添加物です

クチナシの実は、砕くと黄色い果肉が出てきます。これを使うと、食品を黄色く染めることができるので、日本では料理に昔から重宝してきたわけです。

クチナシの実は、木に付いているときは茶色の皮を被っているので、わかりませんが、中身は黄色の果肉があります。

その黄色の果肉は、食品を着色するだけでなく、他にも、染物、薬用にも使われているそうです。

着色料としてのクチナシ

クチナシ色素で使える色はとても豊富で、代表的なものでも黄色・赤色・青色の3色があるそうです。

赤や青の場合、表記にはクチナシ、またはクチナシ色素と書かれていてすぐにそれとわかるでしょう。

黄色の場合もクチナシ、クチナシ色素の表記以外にカロチノイド、カロテノイドといった表記も用いられ流ようです。

有名な使われ方

栗きんとん

栗きんとんは、黄色くて美味しそうな色をしています。しかし、実はあの色は、クチナシの果肉で色付けしたものだそうです。

たくあん

クチナシの実はたくあんの色付けにも使われています。

漢方薬としてのクチナシの効果

豊富な栄養も

クチナシの実は、食品や生薬、漢方薬などにも使われます。また、大分県ではクチナシの実を使った、「黄飯」と呼ばれる郷土料理があるそうです。

さまざまな効能がある

クロセチン

クチナシの実には血流を良くする効能があります。肩こりを和らげたり、さらに目にも良いと言われています。

さらに、血圧降下作用や抗炎症作用、鎮痛なども期待できます。これは、黄色の色味の元になっている、クロセチンによるものです。

クロセチンには抗酸化力があります。したがって、体内で発生した活性酸素を減少させることができるそうです。活性酸素は、人体に有害な物質です。

ゲニポサイド

血圧降下、鎮痛作用などの効果が期待できます。

マンニット

甘味成分です。
クチナシには漢方薬としての効果もあります。

・鎮静作用
・止血効果
・消炎作用
・抗菌作用
・解熱作用
・精神安定作用
・疲労回復
・利尿作用
・ストレス緩和
・コレステロールを下げる
・高血圧の予防
・高脂血症の予防

こういった症状に効果があるといわれています。

少量をたまに口にする程度なら危険性もそれほど高くないクチナシですが、薬として飲み続ける時は医師に相談する必要があると言われています。

クチナシ色素の副作用

ラットによる研究では、クチナシのゲニポロイドを摂取しつづけると、下痢や腸の出血が見られたと発表されています。

しかし、これは、1日に摂取するクチナシ色素をはるかに越えた量を与え続けた結果ですから、実際にはそれほどの危険性が存在するとは考えにくいそうです。

クチナシ色素の使われ方

日本では昔からクチナシの色素で食品に色付けをしてきました。クチナシから取れる色素は3色もあるので、様々な色を作り出すことができるのです。

また、やさしい自然な黄色が日本人には好まれていて、昔から黄色系の食品の色付けには欠かせない自然の着色料だったのです。

また、インスタントの中華麺の黄色や抹茶系の緑色を綺麗に出すために焼き菓子などの色付けにも使われているそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする