ジョギングとランニング、ウォーキング、水泳、消費カロリーの違いは

目次

ジョギングとランニング、似ているようで違う両者の違い

ジョギングとランニング、違っていてもダイエット効果は絶大

ジョギングとランニング、両方とも走るというイメージがありますが、その違いまで理解している人は少ないのではないでしょうか。

ジョギングとは、ランニングに比べるとゆっくり走る感じです。一般的に言われているのが、おしゃべりしながら走れる速度がジョギングと言われています。

それに対して、ランニングはスポーツのトレーニングとしての意味合いが強くなってきます。そのため、走る速度も息が弾むくらいと速くなります。

ダイエット目的なら、何が最適?

ウォーキング、ジョギング、ランニング比較

ジョギングやランニングをする人は、ダイエットが目的と言う人も少なくないと思います。そこで、今回は、ウォーキング、ジョギング、ランニングをダイエットという視点で見てみたいと思います。

ウォーキングは、1時間当たりの消費カロリーは176キロカロリー程度と言われています。ジョギング、ランニングと比べて低いものになっていますが、誰にでもできるというハードルの低さが魅力になっています。

ジョギングは、1時間当たりの消費カロリーは270キロカロリー程度と言われています。音楽を聴きながら、ゆっくり走るスタイルが人気となっています。

ランニングは、1時間当たりの消費カロリーは522キロカロリーと、ウォーキングやジョギングに比べて、抜群に高くなっています。しかし、普段トレーニングしていない人は1時間続けることが困難なため、ダイエットとしてはハードルが高いと言えます。

消費カロリーから見ると、ランニングが圧倒的ですが、1時間続けるのが難しいという問題があります。一方、ジョギングであれば、2時間でも続けることは難しくないので、ジョギングを2時間する方がダイエット効果が高いと言えるでしょう。

ジョギング、ランニングの初心者の人の注意点

ケガを予防するためには

ダイエット目的でジョギングやランニングを始める人は、普段、運動する習慣がない人が多いと思います。そのため、いきなり走り始めると、思わぬケガをする場合があります。

走っている間は、水分補給を欠かさないようにしましょう。水分は、お茶やジュースよりも、スポーツドリンクの方が良いです。足のけいれんを防ぐミネラルも含まれているので安心です。

最近は、糖分を気にして、薄めて飲む人もいるようですが、あまりおススメできません。

ケガを予防するためには、走る前にしっかりとストレッチをすることです。また、走り終わったあとも十分に時間をかけてストレッチをすることで、筋肉痛を予防する効果も期待できます。

ストレッチは、アキレス腱や膝、股関節など下半身中心に行いますが、上半身も肩や首をストレッチするようにしてください。

ジョギングやランニングをする人のオシャレコーデ

ジョギングやランニングをする人の服装について

ジョギングやランニングをする人は、動きやすい恰好で走ることをおススメします。

ウェアは、上下ともジャージなどの汗を吸収し、伸び縮みする素材の物が良いでしょう。

最近は、圧着のタイツを履くのが人気になっています。ケガの予防の効果もありますので、短パンにタイツを合わせることをおススメします。

スニーカーは、特にこだわってください。足のサイズに合ったもので、靴底がクッション性の高いものがおススメです。ランニング専用のシューズは、軽量で透湿性も高いので走っていて楽に感じると思います。

スマホや小銭入れなどは、ウェストバッグに入れて走りましょう。身体にフィットする小さなウェストバッグは、非常に重宝します。

ジョギングやランニングは、手軽に始めることができるダイエット対策として、人気になっています。ケガには十分に注意して欲しいと思います。

初心者、気恥ずかしい

なぜか外目が気になる

最近では健康思考の方が増えておりランニングはじめる人も増えてきているようです。

しかし、ランニングをはじめたいけど「走るのが恥ずかしい」という方も多いはず。

はじめは人前を走ることに慣れていため、どうしてもランニングをすることに恥ずかしさを感じる人が多いでしょうか。

家から離れた場所を走る時は問題ないものの、家の近所を走る時に特に恥ずかしさを感じる人が多いと調査でも出でいます。

なんとなく、分かる気がしますね。

はじめてのランニング

自分が勝手に思っている

やはりはじめてランニングをはじめた場合はどうしても恥ずかしさがあるものです。

ではなぜ恥ずかしいのか、人に見られるのが恥ずかしい理由が他にもあるのでしょうか!!

年齢が気になる

他のランナーの年齢が気になる方も多いでしょう。

例えば、自分の周りに走っているのが中学生ばかりなど早朝ランニングをしている環境でも、ちょっと走りづらいと感じる方が多いようです。

場所によってはランナーの年齢層が固まってしまっていることもありそれが原因で恥ずかしくて走れないという方も多くいます。

服装が気になる

ランニングのイメージといえば『半袖短パンでシュッとしたカッコいいスポーツウェア』を想像しますよね!!

しかし、なかなかカッコイイウェアがない場合は自宅にあるジャージで走る方も多いですよね!!

しかし、走っているうちに『このかっこでいいのかなぁ?』と思い始めて、そのような意識が働いていてくると、なんだか人の視線も気になってきます。

そうして、恥ずかしいという感情が増幅されていき、ランニングに負のイメージを抱いてしまうのです。
それらの要因が働き外で走る時の恥ずかしいと思う理由ではないのでしょうか!!

恥ずかしさ対策

対策のポイント

音楽を聞きながら走る

音楽を聞いて走るのも、集中力アップにつながり周りが気にならなくなるため対策の1つです。

ただし、音楽を聞いて走る場合は注意しましょう。音量を高くし聞くことにより周囲の音も遮られてしまい事故の危険性も高くなります。

時間帯や走るコースを変える

どうしても自宅の近所を走る場合ですと知り合いにあってしまう可能性があります。誰ともあわずに走りたいといった方は、走る時間帯や場所を変えてみるのも良いでしょう!!

人に会うのが嫌・視線がどうしても気になるというのなら、暗くなってからのランニングもおすすめですね!!

最後に

恥ずかしさを感じるポイントはいくつかあります。

意外にもまわりの人はそこまで気にしていないものです!!

実際にまわりで走っている人が初心者とはわかりませんしね!!

体に良いわけ

ウォーキングの効果

最近では健康の為運動をはじめている方も多いでしょう。

その中でも気軽にウォーキングをこれから始めてみようかと思っている方がきっと多いと思います。

ウォーキングならすぐ取り組めますが、ちょっとやそっと歩いただけじゃ、体重を減らしたり、体型をキープしたりできるほどの効果はないでしょう。

ということは、何を期待してウォーキングをするのか、その効果を紹介して見ます。

血流の改善

ウォーキングをすることにより体全身の血流が良くなり、冷え性や肩こりなどが改善される。

脂肪燃焼

ウォーキングは有酸素運動なのでエネルギー源が脂肪に変わり、身体についた皮下脂肪を燃焼し肥満対策にも効果的です。

ストレス解消

ウォーキングを行うことで自律神経の働きが整いまふ。脳内でエンドルフィンという「幸せホルモン」が分泌され、幸福感が増すことで日頃のストレス解消にもつながります。

生活習慣病の予防

ウォーキングによって内臓の動きも活発になり、血糖値やコレステロール値がコントロールされるため糖尿病や高脂血症などの生活習慣病を予防することができます。

どうですか。結構、期待できそうでしょう。

ウォーキングを始めることで様々な効果が得られます。まだまだこれ以外にも沢山の効果がウォーキングにはあるのです。

しかし、ウォーキングにはデメリットもあるのです!!

正しく歩く

ウォーキング中に水分を取る事を怠ったりすると、逆に脱水症になり体に危険を及ぼす恐れがあります。

始めたばかりは正しい姿勢である事を意識して、適度な休憩と水分補給は細目に行う事を心掛けてましょう。

筋トレ効果は無理

ウォーキングは血行を良くし、代謝を促す効果はありますが、筋肉をつける運動としては効果はあまりありません。

ウォーキングのみでバキバキの腹筋を作る事は、ちょっと難しいので筋肉をつけたい方は筋トレが必要ですね。

ウォーキングのやり方

毎日何分歩くといいか

ウォーキングは体に良いことはわかったけどいざ始めるとなるとどの様な準備してやどのようにはじめたら良いのかわからないかたもいるでしょう。

では、始めてウォーキングをやる場合ほどの様にしたら良いのでしょう。

少し速めに歩く

ウォーキングによって血流アップや脂肪燃焼などの効果をだすためには、普段歩いている速さよりもやや速く歩くことがポイントです。

歩く速さは個人差があるので一つの目安として時速7キロ前後を目標にウォーキングをすると新陳代謝が上がり脂肪燃焼に繋がります。

30分〜60分がめやす

脂肪燃焼効果が現れるのは歩きはじめてから20分以上ウォーキングを始めた頃からと言われています。

それまでは筋肉中のグリコーゲンや血中の糖質が分解されてエネルギー源となっているためあまり脂肪は使われていません。

そのため、短い時間ではウォーキング中の脂肪燃焼効果はあまりないんですね。

ウォーキングを持続する

持続するための秘訣

やはり健康の為、ダイエットの為にやったのは良いが持続して続けない事には意味がありませんよね!!

では、どの様にしたら続けてウォーキングをやる事が出来るのでしょう!!

まずは目標を日頃使っている手帳やカレンダーに書いて置くのも良いでしょう!!

◉運動不足を解消したい
◉健康を維持したい
◉ダイエットしてキレイになりたい
◉体力をつけたい

目標を書く事で、ダイエットに成功してキレイに見られている自分を想像するだけでテンションも上がり続けていけます。

例えば友達や会社の同僚、家族などに

「最近痩せたね!!」

「最近、キレイになったね!!」

など言われると嬉しくなりますよね!!

やはり、ウォーキングを継続して行う為にはモチベーションを上げる事が大切なのです。

ジョギングか水泳か、どっちがより痩せられるんだろう??

とにかく痩せる運動をしたい!!

ダイエットをしようと決めた時にあなたならまず何をするでしょうか。ジムへ通う、ランニングする、エクササイズ用品を買うなど様々な方法が思いつきますね。

その中で最も効率よく楽に痩せられるのはどの方法でしょう?とほとんどの人が考えるでしょう。では気軽に行えるジョギングと水泳の消費カロリーと続けやすさについて考えてみましょう。

ジョギングのダイエット効果

ジョギングをしようとしているあなた

ジョギングは1時間あたりの消費カロリーが高い運動ランキング第3位(男:605kcal 女:470kcal)とされています。ここで気になるのは1位と2位ですが、、、とりあえずジョギングについて見ていきましょう。

ジョギングの良さは何と言ってもその始めやすさにあります。誰でもやろうと思えばすぐにできる運動です。お金がかかることもありません。

長時間使う必要はなく、少しの時間で続けていけば効果が出ます。(もちろん個人差はありますが、、、)つまりお金も時間もかけず、手軽に行えるダイエット法としてジョギングは人気なのでしょう。

水泳のダイエット効果

水泳をしようとしているあなた

上記でジョギングが消費カロリーが高い運動ランキング第3位であるとわかったと思いますが、気になる第1位と第2位は、、、水泳(クロール、平泳ぎ)です!!!(男:1337kcal 女:1039kcal)

数字で比較するとジョギングを2時間やったとしても、1時間の水泳にかないません。数字だけ見るとなんて魅力的なダイエット法なんだと思うかもしれませんが、水泳を行う注意点についても見てみましょう。

まず、利用するプールまで通わなければなりません。また、料金が発生するかもしれません。そのような点では、ジョギングよりも障害になる、負担に感じる部分が多くあり、始めにくかったり、継続できない可能性が高くなると考えられます。

また、水中での運動は体への負荷が大きく、1時間時間があったとしたら、何分間泳いでいられるだろうか。そのような点も踏まえて水泳という1つの方法を選択しに入れるべきでしょう。

より痩せるのは、、、

自分にあった方を選ぼう!

消費カロリーの数字もどれだけ痩せることができるか考える上で大切ですが、続かなければ意味がありません。効率よく持続的なダイエットを行うために最適な方法を選択しましょう。

ウォーキングも水泳もダイエットは抜群

ダイエット方法上位のこの二つを外せないよね

女性の方、男性の方どちらも一度はダイエットをしたことがある人多いのではないでしょうか。特に女性の方はちょっと太ったかな?と思うとダイエットをし始めると思います。

ダイエット方法の上位に入るのは水泳とウォーキングが入ると思います。この二つですが、どちらのほうが効果があるのでしょうか。ウォーキングは手軽に始められますが、水泳はなかなかはじめるのは大変だなあと私は思ったりします。

ウォーキングの効果

どのくらいすれば効果があるか

ウォーキングは一番気軽に始められますよね。ほぼ準備もいりませんからだれでも気軽に始められます。効果的にトレーニングしたかったらトレーニングウェアとシューズがあれば尚いいです。

ウォーキングといってもだらだら歩くだけでは全然だめです!ちゃんと早足でストロークを大きくして歩きましょう。30分間歩いた場合の消費カロリーは124キロカロリーです。これは食べ物に換算するとバナナ1本半くらいの量です。

もっと消費カロリーを増やしてトレーニングしたかったら坂道をあるくのがようでしょう。

水泳ってしんどそう

短時間で効果がありそう

水泳ってイメージ的にすごく体力消費しそうですよね。でも、場所がなかなかないですよね。気軽にやるにはハードルがなかなか高いなあって感じがします。

でもその分効果があると思います。水の中は体が軽く感じて運動しやすく、気分的にもきもちがよいです。
水泳と一言でいってもクロール、バタフライ、水中ウォーキング、平泳ぎなどいろいろな泳ぎ方があります。

この中の泳ぎ方で一番効果があるのはゆっくりとクロールをする方法です。クロールなら水泳初心者でもやりやすいのではないでしょうか。

クロールの消費カロリーは167キロカロリーです。食べ物に換算するとたらこおにぎり1個分です。

効果があるのは水泳ですが・・・

自分にあった方法が一番

消費カロリー的には水泳が効果的でしたが、お金がかかってばかりだと続けられません。ジムの月謝や水泳キャップ、水着など初期投資がかかります。

一方ウォーキングも水泳と比較すると膝や足腰に負担がかかります。体重が重たいとその分負担もおおきくなります。

以上あげたように、どちらも一長一短です。自分に合った方法を見つけ、長く続けて理想的な体系になりましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする