ウォーキングと水泳どっちが痩せるか、続けるには自分に向いていること

みんな一度はしたことがあるダイエット

ダイエット方法上位のこの二つ

女性の方、男性の方どちらも一度はダイエットをしたことがある人多いのではないでしょうか。特に女性の方はちょっと太ったかな?と思うとダイエットをし始めると思います。

ダイエット方法の上位に入るのは水泳とウォーキングが入ると思います。この二つですが、どちらのほうが効果があるのでしょうか。ウォーキングは手軽に始められますが、水泳はなかなかはじめるのは大変だなあと私は思ったりします。

ウォーキングの効果

どのくらいすれば効果があるか

ウォーキングは一番気軽に始められますよね。ほぼ準備もいりませんからだれでも気軽に始められます。効果的にトレーニングしたかったらトレーニングウェアとシューズがあれば尚いいです。

ウォーキングといってもだらだら歩くだけでは全然だめです!ちゃんと早足でストロークを大きくして歩きましょう。30分間歩いた場合の消費カロリーは124キロカロリーです。これは食べ物に換算するとバナナ1本半くらいの量です。

もっと消費カロリーを増やしてトレーニングしたかったら坂道をあるくのがようでしょう。

水泳ってしんどそう

短時間で効果がありそう

水泳ってイメージ的にすごく体力消費しそうですよね。でも、場所がなかなかないですよね。気軽にやるにはハードルがなかなか高いなあって感じがします。

でもその分効果があると思います。水の中は体が軽く感じて運動しやすく、気分的にもきもちがよいです。
水泳と一言でいってもクロール、バタフライ、水中ウォーキング、平泳ぎなどいろいろな泳ぎ方があります。

この中の泳ぎ方で一番効果があるのはゆっくりとクロールをする方法です。クロールなら水泳初心者でもやりやすいのではないでしょうか。

クロールの消費カロリーは167キロカロリーです。食べ物に換算するとたらこおにぎり1個分です。

効果があるのは水泳ですが・・・

自分にあった方法が一番

消費カロリー的には水泳が効果的でしたが、お金がかかってばかりだと続けられません。ジムの月謝や水泳キャップ、水着など初期投資がかかります。

一方ウォーキングも水泳と比較すると膝や足腰に負担がかかります。体重が重たいとその分負担もおおきくなります。

以上あげたように、どちらも一長一短です。自分に合った方法を見つけ、長く続けて理想的な体系になりましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする