ジョギングとランニングどっちが痩せるか、ダイエット目的の場合は?

ジョギングとランニング、似ているようで違う両者の違いとは?

ジョギングとランニングの違い

ジョギングとランニング、両方とも走るというイメージがありますが、その違いまで理解している人は少ないのではないでしょうか。

ジョギングとは、ランニングに比べるとゆっくり走る感じです。一般的に言われているのが、おしゃべりしながら走れる速度がジョギングと言われています。

それに対して、ランニングはスポーツのトレーニングとしての意味合いが強くなってきます。そのため、走る速度も息が弾むくらいと速くなります。

ダイエット目的なら、何が最適?

ウォーキング、ジョギング、ランニング比較

ジョギングやランニングをする人は、ダイエットが目的と言う人も少なくないと思います。そこで、今回は、ウォーキング、ジョギング、ランニングをダイエットという視点で見てみたいと思います。

ウォーキングは、1時間当たりの消費カロリーは176キロカロリー程度と言われています。ジョギング、ランニングと比べて低いものになっていますが、誰にでもできるというハードルの低さが魅力になっています。

ジョギングは、1時間当たりの消費カロリーは270キロカロリー程度と言われています。音楽を聴きながら、ゆっくり走るスタイルが人気となっています。

ランニングは、1時間当たりの消費カロリーは522キロカロリーと、ウォーキングやジョギングに比べて、抜群に高くなっています。しかし、普段トレーニングしていない人は1時間続けることが困難なため、ダイエットとしてはハードルが高いと言えます。

消費カロリーから見ると、ランニングが圧倒的ですが、1時間続けるのが難しいという問題があります。一方、ジョギングであれば、2時間でも続けることは難しくないので、ジョギングを2時間する方がダイエット効果が高いと言えるでしょう。

ジョギング、ランニングの初心者の人の注意点

ケガを予防するためには

ダイエット目的でジョギングやランニングを始める人は、普段、運動する習慣がない人が多いと思います。そのため、いきなり走り始めると、思わぬケガをする場合があります。

走っている間は、水分補給を欠かさないようにしましょう。水分は、お茶やジュースよりも、スポーツドリンクの方が良いです。足のけいれんを防ぐミネラルも含まれているので安心です。

最近は、糖分を気にして、薄めて飲む人もいるようですが、あまりおススメできません。

ケガを予防するためには、走る前にしっかりとストレッチをすることです。また、走り終わったあとも十分に時間をかけてストレッチをすることで、筋肉痛を予防する効果も期待できます。

ストレッチは、アキレス腱や膝、股関節など下半身中心に行いますが、上半身も肩や首をストレッチするようにしてください。

ジョギングやランニングをする人のオシャレコーデ

ジョギングやランニングをする人の服装について

ジョギングやランニングをする人は、動きやすい恰好で走ることをおススメします。

ウェアは、上下ともジャージなどの汗を吸収し、伸び縮みする素材の物が良いでしょう。

最近は、圧着のタイツを履くのが人気になっています。ケガの予防の効果もありますので、短パンにタイツを合わせることをおススメします。

スニーカーは、特にこだわってください。足のサイズに合ったもので、靴底がクッション性の高いものがおススメです。ランニング専用のシューズは、軽量で透湿性も高いので走っていて楽に感じると思います。

スマホや小銭入れなどは、ウェストバッグに入れて走りましょう。身体にフィットする小さなウェストバッグは、非常に重宝します。

ジョギングやランニングは、手軽に始めることができるダイエット対策として、人気になっています。ケガには十分に注意して欲しいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする